人気ブログランキング |

女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」を観た。

e0147990_14323788.jpg

「スティーブン・スピルバーグ監督、メリル・ストリープ トム・ハンクスが初共演をした社会派ドラマ。

ベトナム戦争が泥沼化し、アメリカ国民の間に疑問や反戦の気運が高まっていた1971年、政府がひた隠す真実を明らかにすべく立ち上がった実在の人物たちを描いた。

71年、ベトナム戦争を分析・記録した国防省の最高機密文書=通称「ペンタゴン・ペーパーズ」の存在を、ニューヨーク・タイムズがスクープする。

ライバル紙でもあるワシントン・ポスト紙の発行人キャサリン・グラハムは、部下で編集主幹のベン・ブラッドリーらとともに、報道の自由を統制し、記事を差し止めようとする政府と戦うため、ニューヨーク・タイムズと時に争いながら連携し真実を世に出すため奮闘する。」


1. 観る前に、ウィキとかでちょっとこのへんのアメリカの歴史を下調べしておくと、観やすいです・・・笑


2. セリフが長いので、字幕を読むのがいつもより大変です。


3. 黒電話が新鮮に映ります。


4. ラストはやはり 盛り上げて→ハッピーエンド で終わります。ハリウッド映画だけに・・・


5. 総じて 大変面白かったです。


6. 主婦から一転して45歳でワシントンポストのトップになった女性を中心にうまく描いています。

  →政治ネタに女性を取り込む手法がさすが・・・





90点





zzz



by asaasa-archi | 2018-03-31 14:44 | 映画・TV

「ちはやふる 結び」を観た。

e0147990_15414877.jpg

「末次由紀のヒットコミックを原作にした青春ドラマの続編。全国大会での激闘から2年後を舞台にして、競技かるたに打ち込む高校生たちのさらなる戦いを活写する。監督の小泉徳宏、広瀬すず、野村周平、新田真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、森永悠希ら前作のスタッフ、キャストが結集。」



下の句 でパワーダウンしたが、今回の 結び では、最高の出来になった。


広瀬すず は やっぱり「華」があるねぇ・・・


はちきれんばかりの 若さがぶつかり合う って感じで観ていて清々しい。


思いのほか 良かった





90点





zzz



by asaasa-archi | 2018-03-20 15:47 | 映画・TV

「シェイプ・オブ・ウォーター」を観た。

e0147990_11072349.png


「ギレルモ・デル・トロ監督が、第74回ベネチア国際映画祭で金獅子賞に輝いたファンタジー。

米ソ冷戦下のアメリカを舞台に、声を出せない女性が不思議な生き物と心を通わせる。

サリー・ホーキンスが主演し、オクタヴィア・スペンサー、リチャード・ジェンキンス、マイケル・シャノンらが共演。


1962年、米ソ冷戦時代のアメリカで、政府の極秘研究所の清掃員として働く孤独なイライザは、同僚のゼルダと共に秘密の実験を目撃する。アマゾンで崇められていたという、人間ではない“彼”の特異な姿に心惹かれた彼女は、こっそり“彼”に会いにいくようになる。」



「水の形」という題名だけあって、水中の撮影が美しい。


声帯をなくした施設育ちの主人公 ゲイの売れない画家 黒人の仕事仲間 ソ連のスパイである研究者 

社会の底辺に生きるマイノリティな彼らが、ある生物に心惹かれることにより、そのバランスを崩しつつも 自らのアイデンティティの価値をみつけていくストーリーは見事


ファンタジーであるながらもエロティックな場面もありで、そこが逆に人間らしさをこの映画に加えている。


「アバター」とか かなり昔の映画であるが「エレファントマン」とかのマイノリティに正面から向き合う「まっすぐさ」に好感が持てた。


単純なストーリーであるが、とてもテンポよく、素晴らしい出来だった。





95点





zzz


by asaasa-archi | 2018-03-04 11:26 | 映画・TV