女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ちらし寿司

今年も去年に引き続き、ちらし寿司を作った。

e0147990_127144.jpg


今年は錦糸玉子は手作りした。
えんどう豆のかわりに、きゅうりにした。
さくらでんぶ を入れた。

あり合わせの材料で、強いて言えば、いくら が最も高価なものである。

1. 和食の基本は、だし と 砂糖(甘み)である。
2. 醤油にかんしては、薄く煮る か 濃く煮る か を使い分けることである。
3. 照りを出すために「みりん」を使うが、本格的煮つけには、どうも 使わないらしい・・
4. 味がしみこむのは、料理が冷めるときなので、濃く煮る場合には、長い時間冷ますことも必要なのである。

ちらし寿司の酢飯にまぜる 椎茸 油あげ にんじん などは、濃く煮る。
飾りつけの にんじんは グラッセ(濃い砂糖水で煮詰めること)だ。
レンコンは、あく抜き後、酢+砂糖 で煮詰める。

赤・緑・黄 など 色合いも和食には重要な要素である。 
[PR]
by asaasa-archi | 2011-02-28 12:20 | 30分クッキング

映画 ゲゲゲの女房 を観た。

率直な感想を言うと、マニアックに作りすぎていた感がある。

こういう素材は、もっと世俗的というか、ホームドラマ風につくるほうが、いいと思う。

宮藤くんと吹石さんの演技はソリャー上手かった。
あの貧乏具合がとっても懐かしく、日本人がたどってきた歴史をダブって、たまらなくいとおしい気持ちになる。

ワタシが子供の頃は、おやつに母はお米であられを作ってくれた。
ご飯は炊飯器で炊くと、その後 「おひつ」と言われた木製の入れ物にいれた。

あるとき、古い借家には、野良猫が住み着き、母が捕まえた。
母は今からこの猫を安倍川に捨てにいくからと言った。
生け捕りにした猫の入った袋を持たされたワタシは、母がこぐ自転車の後ろに乗った。
猫がバタバタと袋のなかで暴れ、怖くて仕方なかった。

こういう昭和の世界は確かにみごとに描かれていた。

ディティールは上手だった。

しかし、構成がちょっとゲージュツを意識しすぎて、リアルな貧乏と妖怪に焦点を当てすぎて、観ているほうが消化不良になった。
なぜかというと、TVドラマの印象が残っていて、観客が期待していたのはもう少し単純な昭和の貧乏と夫婦愛だからだ。

あと、貧乏から抜け出し、世に出て行く様も描いて欲しかった。

先人のサクセスストーリーは、今の世の希望でもあるからだ。
[PR]
by asaasa-archi | 2011-02-28 00:28 | 映画・TV

今日のガーデン プレミアムリフォームのおうち

インターロッキングを敷いてから、数ヶ月がたちました。

e0147990_16352691.jpg


アルコーヴの周りには、ご主人の手作りの焼杉のプランターがありました。
これから、何を植えられるのでしょーか。

お手製のベンチもありました。
ベッドを解体したときにでた柵を利用なさったとの事でした。

e0147990_1638653.jpg


もぐら撃退用の風車もありました。

e0147990_16384364.jpg


ポリバケツを半分しして作った、鉢もありました。

e0147990_16392981.jpg


鉢植も素敵なので、ご紹介します。

e0147990_16403793.jpg


e0147990_16405513.jpg


e0147990_1641619.jpg


e0147990_16411751.jpg


美しいガーデンは、手間隙かけて、出来上がっていきますね!

リニューアルしたHPをご覧ください。


プチリフォームのおうちは、プレミアムリフォームと改名しました~




ほほほ
[PR]
by asaasa-archi | 2011-02-26 16:42 | お仕事

簡単 お漬物

あ~1品足りないわー という時のために、簡単 お漬物を紹介します。

ビニール袋に洗って切ったキャベツ、保存しておいた冷凍柚、塩こんぶ 、塩少々 を入れて 揉みます=

e0147990_16134216.jpg


できあがりー

e0147990_16135872.jpg


塩でなくて、甘酢に変えて、1晩冷蔵庫で保存すれば、キャベツと柚の酢漬 になりますー
[PR]
by asaasa-archi | 2011-02-24 16:16 | 30分クッキング

a precious park

下小田の家(仮)の名前を決められたとの、メールが入りました。


「a precious park」 とある大切な公園   です。
この家のコンセプトは公園です。
家族がどこで何をしていても、お互いに気配を感じられる。
そして、光や風を感じられる。
建物自体の価値よりも、その空間を大切にしたいと考えています。


あまりに素晴らしい説明文だったので、全文を掲載しました。

この”precious”という単語はワタシの好きな言葉のひとつだ。
辞書を引いていただければわかるが、高価なとか貴重な または大切な大事なという意味の形容詞である。

類似した言葉に valuable がある。
同じように高価なという意味があるのだが、金銭的価値がある意味だ。

This watch isn't valuable, but is precious to me for sentimental reasons.  
つまりこの例文を見てもらえればわかるが、preciousは、金銭で評価できない価値 主観的な価値を表している。
意訳すると、自分にとって価値のある→大事な ということになる。
素晴らしいことばなのである。

家の名前に precious をもってこられちゃーもー大変だ~
こちとらも、心してかからねば ならぬナ~

このお客様は、英語にちょっとばかし詳しいとみたでござる!
[PR]
by asaasa-archi | 2011-02-23 17:26 | お仕事

ちょんまげぷりん

これは、シネギャラリーで観たが、DVDを借りて再度観てしまった。

錦戸亮くんと ともさかりえ の出演した おもしろい映画だ。

180年前から木島安兵衛という錦戸くん扮するお侍が、現代にタイムスリップしてしまうところから始まる。
もちろん自分のことは「拙者」といい、言葉の終わりには「ござる」をつける。
「拙者 木島 安兵衛と申す。直参でござる。」といった具合である。

ともさかりえ扮するシングルマザーの母子のところに居候し始めるのだが、現代の忙しい世の中と、じっくりとした所作の江戸時代の武士とのギャップを、とてもコミカルに描いていて、ほほえましい。
そして、現代人が忘れてしまった大切なものを、教えてくれる。

ともさかりえの演技はいい。
子役出身としては、いい女優になった。

探究心旺盛な安兵衛は、やがてシングルマザーの家の主夫となり、パティシエの修行を始めてしまう。
ばつぐんの腕前となってしまい、主夫ができなくなり、ふたりの生活に亀裂が入りだす。

子育てに終われ、生活することで手一杯の彼女にとって、家事育児に手を抜かない江戸時代の安兵衛には、教えられることがたくさんあり、次第に愛も芽生えてくる。
時間が猛スピードで流れるのに必死になってついていこうとする現代人に対して、江戸時代の人の優雅さが対比されていて、おもしろい。

おきまりの通り、最後は悲しい別れとなるのだが、おもしろ悲しいちょっとした映画である。
[PR]
by asaasa-archi | 2011-02-22 23:33 | 映画・TV

本日のおすすめ本とおすすめ料理

先日「直木賞」を受賞した 今一番タイムリーな作家 道尾秀介の「向日葵の咲かない夏」

e0147990_18121316.jpg


文章表現が写実的で豊かで深みがある。
どんどん読みたくなる作家だ。
いやぁ~さすがですね~直木賞作家だけはある。

先日ヒロのkagerouを立ち読みして、悲しくなった気分なおしには最適だ。
同じ受賞作でも、三ツ星レストランの料理と、学校の給食ほどの差があるなぁ~





で、学校給食並の見栄えだったが、本日「炊飯器でつくるキッシュ風ホットケーキ」をご紹介します。

e0147990_18203959.jpg

じゃがいも(少々チンしておく)、たまねぎ、ベーコン、とろけるチーズ、コーンです。

e0147990_18223728.jpg

これにホットケーキミックス+卵+水+塩コショウを投入し、炊飯器でフツウに炊く

e0147990_18234384.jpg

休日の朝食にぴったりのキッシュ風ブランチになる。
見栄えがいまいちですみません~が、おすすめの味になりました~
だまされたと思って、作ってみてくだせ=ませ=

リニューアルしたホームページをご覧ください。





ほほほ
[PR]
by asaasa-archi | 2011-02-16 18:27 | 読書

チョコ三昧(ざんまい)

みなさまに おつくりすると公言したにも関わらず、本日はマカロンは作らずじまいでした~

スーパーに行って粉砂糖と買おうとしたら、コーンスターチ入で NG
(え~とつまりですね~レシピによると、粉砂糖は添加物なしのもの と書いてありまして・・・)

添加物なしの粉砂糖がな~い~と独り言を言って、簡単に頓挫したのであった・・・

とりあえず、ココア入りホットケーキでも作ろうか~と思ったが、先日ホットケーキミックスの素を使い切ってしまい、食品庫をまさぐるとでてきたものは、賞味期限が2007年・・・いくら賞味期限なんて関係ないもんね!と言ったって、さすがに4年前つ~のもね~とあえなくこれも頓挫・・・

しゃーないからね、マロングラッセでも食べよーかー
となんと1ケ¥200のマロングラッセを3ケも食べてしまったのであった。

ワタシはMary'sのマロングラッセが大好きだ。
モロゾフとかは甘すぎてだめなのだ。
だから、静岡に行くとデパ地下でチョイチョイこんな高価なものでも買ってしまう。

e0147990_22231416.jpg


ウヒョーウメー~

そうだ、うまいついでに、ウイスキーボンボンがあったよな~

e0147990_22242228.jpg


誰が考えたかしらないが、チョコとブランデーで絶対にあう。
もちろんショットバーなんかでブランデーやウイスキー 飲みながらチョコをつまむ というのはよくある光景なのだが、合体させたところがすごい と思ってしまう。
しかも、どーやってブランデーを注入し、その孔はどうやってふさぐのかなぁ~と考えただけでも楽しい。

これもウメーといいながら、3ケも食べてしまったのだった。

市販のものはこんなに美味しいのに、なんであげる恋人もいないワタシがマカロンつくるのかと思ってしまったら不条理の壷にはまったのであった・・・

リニューアルしたホームページをご覧ください。




ふふふ 
[PR]
by asaasa-archi | 2011-02-13 22:37 | 生活

あしたのジョー を観た。

とにかく、山Pと伊勢谷くんの身体の美しさに圧倒された

試合場面では、カメラがスローで廻り、肉体から浮き出た筋肉やら血管が人間美まで上り詰めたような美しさを物語り、ギリシャ彫刻のように完璧な肉体をみせてくれた。
研ぎ澄まされた肉体と躍動感のある動きは、最高である。
文句なく うっとり した。

そして、バンタム級への減量を過酷にこなし計量する伊勢谷くんのギスギスになった身体は狂気さえも感じる。
二人がいかに、この映画のために過酷な減量とトレーニングを積んだかは一目瞭然であった。
試合シーンで迫力を見せる技もかなり上級で、見ごたえもあった。

まぁストーリーとしては、単純なものなのだが、脇をかためる香川照之の演技が光る。

時代が戦後まもないころで、ドヤ街という場所の再現にも細部に気を使っていたと思う。

とにかくけんかや試合のシーンが素晴らしい出来だ。
臨場感にあふれ迫力がある。
ワタシは山Pよりも、伊勢谷くんの存在感のほうが大きかったような気がした。
すごくイイ役者だ。

映画が終わったあと、後ろに座っていた30代後半くらいの男性2人組が「いや~完璧な実写だったね~」と嬉しそうに話していたのが印象的だった。
[PR]
by asaasa-archi | 2011-02-12 22:57 | 映画・TV

ジーンワルツを観た。

今日、昼に少し時間が空いたので、藤枝Biviに行った。
シネコンは、映画上映の回転が早くて、観たいと思ったらすぐ行かないと、いつのまにか終わっているか、夜遅い上映時間しかなくなっているのだ。

原作は読んでいないので、純粋に映画の感想を書くことにしよう。

ストーリーが「生まれることの賛美」に執ししているので、代理母に対する考察が希薄だった。
産婦人科医である主人公がガンで子宮を摘出する苦悩から、自分の母に代理母を頼むに至るまでの心の経緯がまるで描かれていないので、観るほうもよくわからないままにストーリーだけが展開してしまっていた。

医師の苦悩の描き方も表面をさらっているような感じで、深くつきつめるまでには至っていなかった。日本では認められていない代理母を描くのであれば、なんらかの問題提起をしてからでないと、観るほうの共感も得られにくい。
確かに「生まれること」はそれだけで美しく尊いものだが、そこから急に代理母容認とまでは一気にいかないからだ。

母から生まれた主人公の子供だが、最後まで誰が父かはあきらかになっていないのが、消化不良を起こす。
代理母を描くのであれば、その父親の存在も大きいと思うのだから、その父親の苦悩もいっしょに描いて欲しかった。

でも、マリアクリニックに来た4人の妊婦はよく描かれていた。
それぞれに違う境遇で、それぞれに悩みを抱えながら妊娠出産をする場面は圧巻であった。
ヒューマンドキュメントのような感じの焦点の当て方だった。

南果歩と大杉漣はさすが上手で、高齢出産のようすがありありとわかった。
菅野美穂もいい。

フツウに出産したものにはわからない現代の苦悩をテーマにしているので、ある種の社会への問題提起にはなったであろう。



リニューアルしたホームページをご覧ください。
[PR]
by asaasa-archi | 2011-02-10 17:15 | 映画・TV