人気ブログランキング |

女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

富と名誉について考える

日本人二人のノーベル化学賞受賞で日本中が歓喜の渦に巻き上がった。
喜ばしい限りである。

「資源のない日本だからこそ、科学を勉強することが大切」というようなことをおっしゃっていた。
まったくその通りである。
「若者よ、海外をめざせ」ともおっしゃっていた。
さすがの名言である。

彼らの名は後世までも残ることであろう。

このように名誉というものは、の大小には関わり無く、人々から尊敬を集めることができる。
人は社会に生きているので、社会から認められるということを多かれ少なかれ欲するものなのである。
但し、ノーベル賞ともなると、大きな賞賛で讃えられるがその人数は限りなく少ない。

対するというものは、今のグローバル社会であれば、ベンチャー起業の若者だって何十億、何百億というお金を何年かで稼ぎ出すこともできる。
一昔前では考えられなかったことである。

が、社会においての再配分もなされる。
つまり、税金という形で国家に流れ、福祉という形で庶民に配分される。
また、会社がつぶれたり、何かのトラブルで一気になくなることもある。
会社というものは、常に倒産したり、生まれたりしている。
流動性がある。

しかし、前述の名誉は再配分という機能はないし、流動性もない。
ある意味固定的である。
お金で買うこともできないし、勉強がちょっとばかしできただけでも手には入らない。

こう考えると、の格差よりも、名誉の格差もほうが圧倒的に大きく、固定的なのかもしれないと思うのである。
だから、を手に入れた人間は必ずといっていいほど、名誉を求める。
流動的なよりも、固定的な名誉のほうが、価値があるとわかってくるからだ。

私たち一般庶民には、ノーベル賞も、億というお金もさらさら縁はないが、もう少し小さい規模の「富と名誉」が身近にある。
庶民は庶民なりに、名誉を求めている。

名誉というものは、人々から尊敬されるということだ。
一昔前ならば、市会議員に立候補するとかという選択肢もあったが、政治家が地に落ちた今、名誉を求めて立候補する人はいない。
PTA会長?これも、尊敬ではない。
自治会長?これも違うだろう。

尊敬に値する人が身近でみつからないのか・・・

もちろん、個人的に親とか、介護職員さんとかではなく、ある程度多くの人々から尊敬される人という意味だ。

日本人は尊敬する人を失ったのか?

なんということだ・・・
by asaasa-archi | 2010-10-07 22:16 | 思うこと

しゃべる女

なんだろ~

不思議なことが・・

ワタシはママ友とお喋りしていた。
「ウチもさ~もう築13年になっちゃんたんで、そろそろ外壁塗り替えしよーと思ってるんだ。まぁ、仕事柄知り合いのペンキ屋さんがいるしねー」
と言っただけだった。

「あ~ウチも築10年だから、一緒に頼むワー

言っておくが、ワタシは専業の設計士だから、塗装工事は請け負わないし、ビジネスにはならない。

「あーじゃぁ言っとくわ!」

すごい、ワタシがペンキ屋さんならば、塗替工事を1棟、受注しましたーってとこだろう。。

次に、別のママ友と話しているときだった。

「あのさーワタシが外壁塗替工事やるって言ったら、○○ちゃんのお母さんがウチもって頼まれちゃったんだ~」

「え~実はウチも築17年で1回やったけど、やりたいって思ってたんだーウチも頼むよ。」

さらに、もう1棟 受注しましたー

繰り返し言っておくが、ワタシのビジネスとは関係ない。

で・でも、すごい!

ペンキ屋さん 曰く

「松浦さん~営業のバイトしない?」

「ぜ・ぜ・ぜ・絶対にし・ま・せ・ん!」

しゃべって 塗替工事を2棟 受注した女 それは、ワタシです。
by asaasa-archi | 2010-10-06 23:06 | 生活

めぐりあいたい・・・その後

「ひさかたのいえ」の奥様が、めぐりあったもの

e0147990_17422565.jpg


20世紀はじめイギリスで作られたアンティークタイルらしい。
なんて上品なデザインと色あいだろう・・
状態もすごくいい。

何十年という時を経て、いくつもの海を渡り、日本にやってきたこれらは「ひさかたのいえ」の壁に永住することになる。



e0147990_1749248.jpg


これは、シェークスピアの生家を描いた絵皿だ。
名も無い職人がつくったものであろうが、ほのぼのとしたヨーロッパの風景を万華鏡の覗き穴からこっそり見るような、わくわくとした子供の頃に味わったような感激がある。


ようこそ!

こんにちは!

ようやく、めぐりあったね・・・
by asaasa-archi | 2010-10-05 17:58 | お仕事

旅行土産の思い出

ワタシはここ何年かの間、何回かソウルに旅行に行っているが、歳のせいかあまり免税店でブランドを買うことはなくなった。

もちろん若い頃(30代くらいがピーク)には、ブランド品を見たり、買ったりするのが好きだった。
1年間がんばってお金を貯めて、ヴィトンやらグッチを買っていた。
すんごくミーハーなところだが、ワタシは普通の女の子だった。

一番最初に買ったブランドは、スペインの王室御用達 ロエベのバッグだった。
1ドルが¥220の頃、マドリッドで買った。

それはそれは柔らかい子牛の皮製で、しなやかにカーブを描く半円型のショルダーバッグは何年も愛用した。
その後は、いくつもルイヴィトンの丈夫なバッグを買ったが、ロエベの上品さにかなうものは、なかなか現れなかった。

先日、ソウルに行った際には、フロアスタンドを買い、国際郵便で届けてもらった。
送料込で¥35000くらいだったので、そう安いものではない。

e0147990_2210525.jpg

一番下のピンクの明かりは、一昨年買った小さな卓上スタンドです・・

これは和紙(ん~韓紙というのか)で、できている。
下部の鉢も紙製なので、すごく軽い。
素敵なので、行く度に、買ってしまうものだ。

韓国の民芸品で仁寺洞で主に売っている。
韓国は麻も素晴らしく、のれんも素敵なものが多い。

最近では、どこで買ったのか忘れてしまうブランドバッグよりも、それぞれの国の民芸品を探して、買うことが多くなった。
多分、歳をとったせいなだけで、若いときに、いろんなブランド品を買ったおかげで、こういうなんだか高尚っぽいお土産品を、買えるようになったというべきだろう。

ブランドバッグを見せあう友達や機会も少なくなった・・・
by asaasa-archi | 2010-10-02 22:20 | 韓国

墓場鬼太郎

e0147990_2312389.jpg


TVの放映が終了して、どうしても読みたくなってアマゾンで買ってしまった。

プロフィールを見ると、水木しげるはワタシの父と同年代だった。
そこから推察すると、長女は多分ワタシと同年代という感じになる。
もちろん、それが、何だということだが、彼が生きた背景が割りと身近に感じることができると思った。

これを読んでいると、納戸の奥にしまってある古い柳行李(やなぎごうり)をあけると、ナフタリンの匂いがプンとした、昭和の頃を思い出した。
それは、TVはもちろんモノクロで小さな箱のような形をしていて、母の鏡台にかけてあったような布でいつも覆われていて、テレビをみるときにはその前垂れのような布をあげていた そんな時代の話だ。

風呂はバランス釜で、入るときには、「ここを触ると大火傷をするから、絶対に触らないように」といわれた煙突もむき出しだった時代の話だ。

水木しげるの苦節時代はTVで放映されたため広く日本に知れ渡ったが、墓場鬼太郎を当時の貸本マンガで見た人は少ないであろう。
ゲゲゲの鬼太郎はワタシもよく知っているが、その原点を読めて納得した。

彼は本当に墓場やら、幽霊やら妖怪が好きだということがわかった。
ストーリーは多少 はしょった 感じはしたが、目玉オヤジがどうして目玉だけになったのかわかっただけでもすっきりした。

鬼太郎は孤児で生まれ、死んでいった幽霊族の父の目玉だけが、孤児となった鬼太郎を案ずるあまり、生命体となったのだ。
考えれば、なんとも涙ぐましい親の愛だろう。

鬼太郎を6歳まで育てたサラリーマンとその母を地獄おくりするとこなどは、昔らしくて いい。
偽善ぽくなくていい。
今のマンガのように、登場人物ひとりひとりの性格をきっちり描くことはなく、理不尽さや、不可解感をそのまま残すところは、なんだモノクロ世界で、いい。
by asaasa-archi | 2010-10-01 23:49 | 読書