女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:生活( 319 )

マンモグラフィーをやった

50歳になって、乳ガン検診のマンモグラフィーの無料券が贈られてきた。

で、本日やった。

リアルな話、お乳をギュっと板にはさみ、押し込んでレントゲンをとるやり方だ。
なんと男性レントゲン技師風な人とお乳を押し込む役割の女性看護師さんの二人係りだった。

オッパイを縦はさみと横はさみの両方から行うので計4枚撮ることになるのだ。

「はい、なるべくお乳を薄くした状態で撮る方がいいので、痛みを感じるかもしれませんが、そういう場合は言ってください。徐々に押さえつける感じになるんでね~」
薄く といった時そのレントゲン技師は親指と人指指で1cm程度のすきまを示した

お~この乳を1cmに伸ばすのか!

薄くってどのくらいだ~と思ったが、恐怖のあまり口が利けなかった。

きわめて事務的な口調でさらに彼は言った。

「では、始めますが、痛いときには言ってください。」

何回も痛いを連呼されると、さらに恐怖は増す・・・

万力という工具を皆さんご存知だろうか~
原理はまさしくソレである。

ウィーンという音を立ててマンモという名の万力はワタシの乳を伸ばしていった。
「はい!痛いですよ~」
レントゲン技師は言った。

「さ・さきに言うなよ!」

ウィーン・ウィーン
「はい!息を止めて!」

ガシャン・ガシャン
「はい!終わりました。」

ガンを見つけるには、このくらいやらないと、ダメなのであろー
[PR]
by asaasa-archi | 2010-07-06 17:45 | 生活

チンしてこんがり魚焼パック

すごく売れているらしい。

実はワタシもずっと気になっていた。
何度も買ってみようと思っていたが、未だ買ってはいない。
なぜかというと、値段が高いからだ。
1パック80円程度する。(使い捨て)

ワタシは新築してからキッチンの魚焼コンロを使っていない。
1回使うだけですごくよごれて、当然ではあるが、毎回洗うことになる。
これが思いのほか洗浄に手間がかかる。

もちろん焼き魚は調理するが、IHなので網は使えないので、小さいフライパンで焼く。
どうしても、洗浄の手間を考えると小さいフライパンのほうが、楽なのだ。
焼具合にも不満はない。

なのでレンジでチンできればすごくうれしいが、一家の主婦としては1パック80円では、魚1匹分に相当する値段なので、高すぎて買えない。
なんとか1回分が10円くらいになれば、買いたいと思っている。

独身貴族と違って主婦の金銭感覚は10円単位で考える。
つまり、スーパーマーケットにおいて値段の10円の差というものは、品物購買の取捨選択で重要な金額なのだ。

例えば洗剤やトイレットペーパーでも同種のものであれば、いつも買っているものより安いものがあれば、安いほうを買うし、鮭が1匹100円で鱈が90円なら、今晩のおかずは鱈になるであろう。
豆腐が1ケ50円で2ケなら90円というのならば、2ケ買って夕飯のメニューはマーボー豆腐にする。

こういうレベルなので、やっぱり「チンしてこんがり魚焼パック」は欲しいが、1回80円もするのであれば、買うことはない。

mysonが小さい頃はよく二人でスーパーマーケットに行った。
ワタシはその日に食べるものは、見切り品をよく買った。

ある日のこと、mysonに翌朝食べる納豆のお使いを頼んだ。
mysonが買ってきたのは、見切り品だった。

すごくびっくりした。
ワタシは決して見切り品を買って来いとは言わなかったからだ。
子供は親のやることは、よく見ている。

将来mysonが結婚してから、彼の妻に、せこい家庭で育ったと思われたら困ると思い、それからはmysonとスーパーマーケットに行くときには、見切り品は買わないようにした。

小さな小さなワタシの見栄だった。
[PR]
by asaasa-archi | 2010-06-27 22:30 | 生活

MRI検査はコワイ

「じゃぁ、これをしっかり読んでくださいね。」
市立病院の地下に誘導されたワタシは受付のおねーさんから こう言われた。

{MRI検査とは、強い磁場と電波を使い身体の内部構造を映し出す検査です・・・}

な・なんと、磁場や電波で内部構造がわかっちゃうってことなのか・・・
ちょ・ちょっと待ってくれ・・・
たかが、右膝ひねりなんだけど・・・
こ・こんな大げさな・・・

数日前に行った開業医から、「ん~骨には異常ありませんからね、じん帯と半月盤のようすみたいんで、一応、MRIやっときましょう~ね。じゃあ市立病院の紹介状書くんで、MRIやってきてね。」
言われるままに来てはみたが、そういえば、MRIがどんなものか、思い出したのだ。

数年前の人間ドッグで脳のMRIをやったことがあった。
カプセルみたいなとこに入って、工事中みたいな音がドカドカしてたな~
閉所が苦手なワタシは怖くて怖くてたまらなかった覚えがあったのだ。

「あの~カプセルって足だけ入ればいいんですかね~」
「あっ、そうですね、やるのは膝なんで、多分そうだと思いますよ。」微笑みながら彼女は言った。
「あの~一応聞いてきてもらえますかね。」
そうでなかったらやらないのか的まなざしで一瞬ワタシを見た彼女は、けげんな顔をした。

「すみません。閉所が苦手なんで・・・」
「お~大丈夫ですよ。」ワタシの懸念を打ち消すように彼女はおもいっきりの笑顔をしてみせた。

ますます、怖い・・・

ふと、説明書に目をやると
{検査室は強い磁場のため、金属などはひきつられて危険です・・・}

お~ひ・き・つ・ら・れ・る・・・・
ど、どんなんじゃ・・・

き・金属はないか・・よし、ピアスは取った、指輪はしてないぞ、ほ・ほかに忘れてはいないだろうか・・・
なにしろ、ひきつられてしまうからな。・。・。

{刺青の色素に金属が含まれていることがありますので、変色ややけどをする場合があります。}
い・刺青はなしだ~(当たり前だが・・・)
脳裏にヤクザがMRIに入って、アチチチとやけどする様が浮かんだ・・・

こ・こわい・・・

恐怖心がやっとおさまりウトウトとし始めたころ、MRIが終わった。

よ・よかった・・・
[PR]
by asaasa-archi | 2010-04-13 23:51 | 生活

かりんとう饅頭

その袋には「かりんとう饅頭」とかかれていた。
1つづつ和紙もどき袋に入れられたそれは、赤ん坊のこぶし大より少し小さめの綺麗な半円球だった。

皮というにはかなり硬く、口のそばに持っていくとまんまかりんとうの匂いがした。
それは香ばしい少し焦げたような黒糖が使われているのだろうか。
食欲をそそる甘い香りだった。

フツウの饅頭を食べるようにして噛み砕こうとしれもおおよそだめだった。
爬虫類のような硬い皮に覆われているような風だった。

再度口に含みいっきに歯をあてた。
ガリっという音とともに饅頭は二つになり、むっちりとさほど甘くないこし餡が現れた。

薄いがカリカリとしたその皮がまさしく「かりんとう」のようなのでこのように命名されたに違いない。

砂糖は控えているが、ねっとりとしたそのこし餡は風味があり、口のなかですぐに溶け出して饅頭特有の甘ったるさが後にのこらない。

そして最期にこげた黒糖の風味だけが口に残って、もうひとつついつい食べたくなる。

いやいや、やめておこう。

美味しいものは物足りない分量でちょうどいいのだ。
[PR]
by asaasa-archi | 2010-04-11 00:05 | 生活

スローなバギーにしてくれ

Want you ワタシの肩を抱きしめてくれ
行き急いだオンナの膝を哀れんで・・・

Want you 焦らずに、歩きたいね
マッチひとつすって、タバコに火をつけてくれ


替え歌なんか歌っている場合なのか!えっ!

杖歩行になって、徐々に治ってきている感覚はある。
玄関框はバッチリ降りられるようにはなった。

で、今日はゲオで借りていた韓ドラDVDを車を運転して朝早く返却に行こうと試みた。
久々に外へ出て、車に乗り込んだ。
アクセル→ブレーキの動作がやはりムリだった。
危険だと思い、断念した。

でも、もう仕事は始めている。
金曜日の夜 打ち合わせ
土曜日の午後 打ち合わせ
日曜日の午前中 打ち合わせ
と立て続けに3件の打ち合わせを行った。

皆、お客様がきてくれた。
さすがに手押し車だと見苦しいので、杖を少し使って歩いた。
化粧もバッチリした。
服も着替えた。

ロフトの梯子がなんとか登れて、昨夜はロフトに寝た。
夜はちょっとバーボンの水割りなんか飲んでみた。

あ~いいなぁ・・・
フツウの生活のありがたみを実感した。


スローな生活(歩行)もよかったがワタシは本来せっかちなのである。
家の中を用事で歩き回るときも、いつも段取りを考えながら複数の用事をすませるクセがついている。
掃除機がまだ掛けられないので、クイックルワイパーとコロコロを片手に床に座り込んで念入りに掃除するなんて、初めてだった。

いいじゃん!こういうのも
メチャキレイになったし・・・


それにしても外出できないというのは、そのストレス解消方法はもう食べること以外みつからない。
ばあさんがよく、「美味しいものが食べたい、食べたい。」と言っている気持ちがわかった。
ピザの宅配を頼んでみたが、イマイチだったし、出前もあまり好きではない。
が、かといってそう込み入ったものは作れない。

炊き込みごはんのいろんなバージョンを試すのが、趣味だが、今日はなにも食材がなかったので、にんじん1本分+シーチキン+めんつゆでやってみたが、思いのほか美味しかった・・・

さぁ!4月1日には、「ひさかたのいえ」の見積もりが4社から出揃う!
楽しみだ!

そして4月3日は「cozy home」の上棟である。

スローなバギーは乗り捨てて、かっ飛ばしていくからね!
[PR]
by asaasa-archi | 2010-03-29 00:35 | 生活

ぽしぶる

e0147990_11563452.jpg

[PR]
by asaasa-archi | 2010-03-27 11:57 | 生活

扉のオキテ

この1週間というもの、家の中を手押し車でうろうろし続けていて、今まで気づかなかったことがたくさんあったと思う。

扉についてはかなり考えさせられた。

暖房をつけているので、部屋の扉はいつも閉めている。
なので、部屋を出るときには扉を開け、そして閉める。
もちろん怪我などしていなければ手押し車など使わないので、まるで問題などはない。

引き戸は閉まるときに鎌がかかり、引き手をもたないとその鎌がおりずに扉はあかない。
これは、閉めたときの反動で引き戻しがないような構造なので、上級の扉である。
当然開き戸も取っ手(レバーハンドル式)も握って30°程度廻さないと開かないような構造である。

これが、手押し車のときには本当に不便なのである。
扉に近づくときには手押し車を90°横向きにしないと、引き手も取っ手も押し車が邪魔になって開ける事ができないのだ。

母の車椅子を押しているときにもこれは感じていた。

ん~じゃぁどんな扉がいいんだろう~か~(自動ドアな除くとして)

暇なので考えた・・・

やっぱどちらの方向にも開き、取っ手や引き手がないスイングドアがいいんだよなぁ・・・
ほらほら、西部劇にでてくるヤツですよ~
でも家中のドアがスイングドアだったら、やっぱ怪我がなおったときに まズいだろ~
人が通るたびにビュンビュンと何往復もされたら、落ち着かないし、あぶないよな~
高さ2m幅75cmのスイングドアがビュンビュンしている様は想像しただけでもやっぱ怖い・・・

つまり車イスや手押し車の先をチョンと押すだけで開くのはやっぱムリなのか・・・

お~思いついた

ちょっと近未来的なんだけど、ドアくらいの大きさの気体の層をそこにつくったらどうか。
それは、固体はそのまま簡単に通れるが、空気は通さないってヤツなんだ。
で、その気体になにかを混ぜて透明ではなくスモークのような曇り気体にすればいい~

お~すごいぞ!

やったな~

すごい発明だ~

いやいや、発明してないだろ~

扉のオキテは守りつつ、既成概念を打ち砕くような考えに到達したぞ~

誰か、理系の人々よ、これを現実にしてくれないか!
[PR]
by asaasa-archi | 2010-03-23 23:12 | 生活

モスバーガーをごちそうになった。

値段はなかなか高いので、ワタシの家族はなにかの行事とか、おみやげとか、特別気分がイイとかでないと、食べたためしがない。

日頃マクドナルドに慣れ親しんでいるmy sonなどは、もっぱら¥100バーガーを今日は5個食べたとか、7個食べたとか言ってる次元なのである。

だから、も~うほっぺたが落ちそ~なくらいソースがたっぷりとかかったジューシーなお肉に、さらにレタスやら厚きりのトマトなどをサンドして、フワフワのパンで挟み込んだモスバーガーは日本が生んだバーガーの王様なのである。

さらにとろけるチーズがたっぷりしてれば イタリア人でもないワタシでも、思わず
「オ~トレビアン~」
と心の中で叫んでしまう!

前置きが長くなったが、「島田の家(仮)」の奥様が「打ち合わせ方々モスランチをしましょ~」と言って買ってきてくれたのである。

で、いつもはそのままガッツいて食べるのだが、今日はお皿に乗せてナイフとフォークで食べてみた。
もともとモスはバーガーのなかのソースがたっぷりと入っていて、いつも最後はソースだけ包み紙に残ってしまい、ズ~ズ~とすする羽目になる。

お~それではお客様の前で大変失礼ではないか!
というよりも、恥ずかしいではないか!

「松浦さん!いつもバーガーはナイフとフォークで食べるのですか?」と聞かれてしまった。

「ほ~ほほほ!」
とお嬢様ぶりを見せたかったのであったが、それではあまりに現実とかけ離れすぎていると、気づき、
「いえいえ・・・あの~その~」とたじろぐワタシであった・・・

さすが、ワタシと知り合ってもう小一年もたつので、この奥様はワタシがいかに大食いであるかを知っていた・・・
「あっ!バーガーが3つありますけど・・・」

「はい、バーガー1コ+ポテト+チキンナゲットでは足りないと困ると思って、予備にもう1コ買ってきました!」

お・お~なんという心使い・・・

まったくもって、お客様はありがたいのである・・・
[PR]
by asaasa-archi | 2010-02-23 19:05 | 生活

ノッポさんの家さがし

「今朝、長男の大学決まったんで、お金振り込んできましたよ~入学金+半期分の学費80万円・・・」
とアルバイトのノッポさんが言った。
「オメデトー!これから、じゃんじゃんバカみたいにお金減るから・・・」
といっきに脅かしてしまった・・・

ごめん ついつい・・・

「で、アパート探さなくちゃならなくてね。」
「お~お~そうだったね!」と言いながら二人でインターネットを見始めた。
「埼玉県の割と田舎のほうに大学があるから、ちょっとは家賃安いと思うんだ~」
「そりゃ、なによりだよ。都心だったら、もう高くてたまんないし。」

お~安いよコレ!なんと4万円きってるし・・・
え~でも、4帖半ってちょっとせまい・・・
じゃぁこれは?
え~でも、ベタンダないし・・・

これは?
ちょっと大学から遠いし・・・
008.gif008.gif008.gif

ちょっとちょっとノッポさん~まず家賃の上限教えてよ~
う~ん、4万円までかな・・・

OK これなら、ベランダついてるし、バストイレ別だし
と私たちは何種類もの物件を見ていった。

う~ん松浦さん~やっぱ4万円は高いような気がしてきたよ~
え~でもさっき・・・

3万円中盤台で探したいよ~
OK!じゃぁ、ベランダなしはどう?
意外と洗濯って毎日やればそれほどたくさんでないから、窓からつるしてもいいと思うよ・・・

そ・そうですよね~

それに、大学に近いと友達の溜まり場になっちゃうから、かえって遠いほうがいい時もあるよ~

そ・そうですよね~

男子だから、バストイレいっしょでもいいんじゃないの?かえって快適だと、同棲しちゃうと困るよ~

そ・そうですよね~

お~あったよ!な・なんと29000円

こ・これにしなよ!!

わ・わかりました。長男に聞いてみます~

すっかりワタシは不動産屋のやり手ババァと化していた。
[PR]
by asaasa-archi | 2010-02-16 18:57 | 生活

(ゴロ)寝正月物語

今年のお正月はホントに ホケラー・・・019.gif019.gif019.gifとした、(ゴロ)寝正月だ。

TVの前のソファにmy sonとババとワタシの三人で陣取り(微妙に場所は決まっているのだが・・・)
31日の「絶対に笑ってはいけないホテル」から始まって
元日「実業団駅伝」「サスケ」
2日の「箱根駅伝往路」「高校サッカー」「ネプリーグ」
ゴロ寝のしすぎ+TVの観すぎで、疲れた~

でも、まだまだ明日も
「箱根駅伝往路」「高校サッカー」と続くのだ。

何も考えずにすごす正月もけっこう疲れるもんだ~

my sonは1日にもらった「お年玉」を一気にパチンコに投入し、無一文になったせいか、ずっと家にいることになったようだ!
ざま~みろ!金のありがたさを知れ!

銀行のキャッシュカードが4日がくるまで 使えない!と大騒ぎしていたが、「自業自得だぜ!」といってやった!
「アイスクリームが食べたいな~」とか、「寿司くいて~な~」と言っていたので、それぐらいは、買ってやった。

という訳で、あ~明日も(ゴロ)寝正月は続くのだ。

こうなると、平日に早く戻ってほしいと願うワタシであった・・・
[PR]
by asaasa-archi | 2010-01-02 23:14 | 生活