女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

「シェイプ・オブ・ウォーター」を観た。

e0147990_11072349.png


「ギレルモ・デル・トロ監督が、第74回ベネチア国際映画祭で金獅子賞に輝いたファンタジー。

米ソ冷戦下のアメリカを舞台に、声を出せない女性が不思議な生き物と心を通わせる。

サリー・ホーキンスが主演し、オクタヴィア・スペンサー、リチャード・ジェンキンス、マイケル・シャノンらが共演。


1962年、米ソ冷戦時代のアメリカで、政府の極秘研究所の清掃員として働く孤独なイライザは、同僚のゼルダと共に秘密の実験を目撃する。アマゾンで崇められていたという、人間ではない“彼”の特異な姿に心惹かれた彼女は、こっそり“彼”に会いにいくようになる。」



「水の形」という題名だけあって、水中の撮影が美しい。


声帯をなくした施設育ちの主人公 ゲイの売れない画家 黒人の仕事仲間 ソ連のスパイである研究者 

社会の底辺に生きるマイノリティな彼らが、ある生物に心惹かれることにより、そのバランスを崩しつつも 自らのアイデンティティの価値をみつけていくストーリーは見事


ファンタジーであるながらもエロティックな場面もありで、そこが逆に人間らしさをこの映画に加えている。


「アバター」とか かなり昔の映画であるが「エレファントマン」とかのマイノリティに正面から向き合う「まっすぐさ」に好感が持てた。


単純なストーリーであるが、とてもテンポよく、素晴らしい出来だった。





95点





zzz


[PR]
by asaasa-archi | 2018-03-04 11:26 | 映画・TV