人気ブログランキング |

女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

同級会

30年ぶりの高校同級会(7クラス合同)が静岡 浮月楼であった。
この時期の同級会は珍しくないが、ふと、なぜ今まで行わなかったのかと思ってしまった。

330名中160名の出席なのでかなり盛大だった。
もちろん名札がなければ思い出せない旧友ばかりだが、少なからず面影は残っている。
地域の名門校なので、社会で活躍している人も多い。
女医も何人かいた。

かっこいい~

ある程度高学歴だと女子も皆、綺麗だ。そのへんのおばさんみたいな人はいない。

ただ、男子はちょっと違う。
50歳だと見た目の差がかなりある。
まだまだイケテル~からおやじだ~まで、様々だ。

なぜだろう・・・

と思っているうちに 校歌斉唱となった。
円陣を二重にくみ、3番まで歌った。
昔と変わらず、女子のなかにひとり入ってくるチョイキモイ男子は必ずいる。
アイツ昔と変わらず、女子には人気ない!そいつのあだ名は「変態」だったよなぁ・・・

同じワルでも不良っぽいがトッポイ男子がいた。
そいつは何年か前に湘南でサーフィンで死んだ。
実は割りと好きだった・・・

サッカーのゴールキーパーだったワルガキ男子は相変わらずだ。
真っ黒に日焼けして、ヒカリもの系の背広を着ていた。
ダサイ・・・

まじめ系でイイ感じだった男子は昨日デトロイトから戻ったばかりだと言って、たっぷり太ったお腹を揺らした。
この子もちょっとイイと思っていた。
笑い顔が好きだ。

小児科医をついで医者になった男子は女房も医者だといって自慢した。
でも、それは許せた。なぜならそれ以外に彼に魅力は今も昔もないからだ。
ごめん・・・

それぞれの人生をかかえ、30年歩き続け、ふと振り返った友との再会は仕事のなんのしがらみもないピュアなノスタルジアそのものであることに違いない。

校歌は相変わらず質実剛健の校風そのものだった。
by asaasa-archi | 2009-08-16 01:42 | 思うこと