人気ブログランキング |

女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

雑誌の立ち読み

ついついしてしまうもの。雑誌の立ち読み。

買ってしまうと急に興味がなくなるような気がして、雑誌に関しては立ち読みが多くなる。
今日見たのは「40代の女性むけ雑誌」週刊誌ではなくて、ちょっと高級そうな月刊誌だ。

40代のたくさんの読者モデルが登場しているが、みなすごくスタイルバツグンで美人で、なおかつ職業はなく、みながみな主婦。
世田谷区在中 目黒区在中 と日本でも有数の高級住宅地にお住まい。

「ヒルズ族」ならぬ「西郷山公園族」「なんとかパーク族」・・・
なんじゃコレ!!
ランチといえども決して手を抜かず、代官山のなんとかカフェでいただきます・・・・??

こんな絵にかいたような有閑マダムってホントにいるのかなぁ?
ん~いるにはいるかも知れないなぁ・・・

昔に比べて40代でもホントみんなきれいだ。
私が子供のころは40代っていえば、おばさんの代名詞だった。
みな生きるのに必死で自分をきれいにすることなど後回しだった。

小さい頃、母は公園に行ってジュースを私がおねだりするときには、子供の分しか買わなかった。
決して自分の分は買わずに、お母さんにもちょっとちょうだい と言って二人で回しのみしたもんだった。
今時そんなことをするお母さんは少ないだろう。

いやいやいるかもしれない。

なにしろ格差社会とやらが、進行しているらしいから。

紙面をかざる奥様たちはあくまでも紙面上の虚構の世界を演出され、雑誌の取材がおわれば、行き場のない虚無感に苛まれているかもしれないし、それを立ち読みする子育てと生活に追われる主婦は、貧しいが幸せの家庭が待っているかもしれない。

女の幸せを測定できる均一のはかりなどは決してない。
by asaasa-archi | 2009-07-15 21:34 | 読書