女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

全日本大学駅伝

戦国駅伝などと言われているが、総距離が出雲よりも長く、箱根よりも短い伊勢路はかなり見ごたえがあった。

第一走者で柏原くんは相変わらずがんばっていた。
東洋大学は勢いがあるので、箱根もきっと良い成績を残せるであろう。

途中10時から、打ち合わせが入ったので、終わってTVをつけたらいつのまにか明治大学が一番になっていてびっくりした。

走るだけなのに、これほどTVに引き付けられるとは・・・
いやいや、走るだけではない。
駅伝の使命はたすきをつなぐことであるので、個人競技ではなく、団体戦なのだ。
団体戦であれば、様々なドラマが競技の裏側にある。
友情とか、大学の誇りとか、練習における心の葛藤とか人間味あふれる真摯な鍛錬がそこにある。

それにしても王者駒沢大学のシード落ちには驚いた。

戦国駅伝という名の通りである。

日大にはダニエルくんが卒業して、それなりに成績が残せるようになったら、留学生に頼らずに勝てることを目指してもらいたいと心底願うばかりだ。
[PR]
# by asaasa-archi | 2009-11-01 22:42 | スポーツ

風が強く吹いている を観た

若者が走る姿はなんて美しいのだろうか・・・

e0147990_16441399.jpg


あるときは紅葉の山を走り、あるときは朝もやのアスファルトを走り、あるときは夏の夜の高原を走る。

箱根駅伝は長距離選手にとって、最高のあこがれだ。
努力と感動の歴史が幾重にもかさなりあっている栄光の舞台である。

無名のものたち10人が箱根駅伝を目指し、予選会を通過し、本選に挑む物語だ。
作中で主人公のハイジが「短距離は才能の比重が大きいが、長距離は才能と努力の天秤で努力が重いスポーツだ。」と言っていた。

10人それぞれの個性も十分に表現されていたし、カケルやハイジたちの友情も細かく描写されていた。
「平遣都くん」の走りは本物の長距離選手さながらだ。
「小出恵介くん」ってあんなにカッコよかったんだ~

やたらにイケメンを揃えないところが、とってもリアルで、昔の貧乏学生っぽいところも共感できた。

予選会や本選のようすも本物さながらでびっくりした。

ていねいにつくってある。

本選のそれぞれ10人の走りをもう少し細かく撮ってほしかったが、2時間弱ではムリだったのだろう。

さわやかに感動した。

息子も今日、甲南大学とフィールドホッケーの試合に神戸に行ったが、正装の紺ブレの胸には、成城大学のエンブレムが輝き、since1929 の誇りがちょっぴり重たいであろう・・・

若者がスポーツに燃える姿は希望でまぶしく美しいものだ・・・
[PR]
# by asaasa-archi | 2009-10-31 16:37 | 映画・TV

資格のお話

業界では有名な話なのだが、建築士の資格というものは「足の裏の米粒」と言われている。

その心は「取っても食べられないが、取らないと気持ち悪い。」という。

ワタシは大学卒業後すぐに二級建築士を受験したが、なんの勉強のせずに受けたので落ちた。
「ヤバっ!勉強しないと受からない!」と思い、次の年に再度チャレンジして、合格を得た。

しばらくは、「イイワ~」って感じで遊んでいたが、26歳のときにそのときに付き合っていた彼氏に、「怠惰なヤツだ」と言われ、一級建築士の試験を奮起して受けてなんと、合格した。

さすがに「もう資格はイイワ~」と思っていたが、一級建築施工管理技士が一級建築士を持っていれば一次試験が免除だと知り、受けようかと思った。

が、このときワタシは、結婚し、子供が生まれてまもなくで、しかも仕事もフルタイムでいていたので、さすがに勉強するのが、キツかった。
なぜならば、勉強時間が子供が寝て、自分が寝るまでの1.2時間しかなく、おまけに仕事と家事でクタクタで疲れていた。

書いて覚えるのが一番有効だと言われているのは、書くスピードと脳が覚えるスピードが同じだからだそうだ。
でも、疲れていたので、とても書くことなどはできず、書くスピードで教科書をゆっくり声を出して読んで覚えようとした。

でも1回目は落ちた。

でもあきらめなかった。
2回目で受かった。

もうさすがに「イイワ~」と思っていたが、ワタシはそのころヒューマンアカデミーでインテリアコーディネーターの非常勤講師をしていて、他の先生に「インテリアの講師がコーディネーターの資格がないのはどうかと思う。」と言われて、「それも一里ある」と思い、受験した。

運よく受かった。
でもほんとうにしんどかった。もう二度と資格試験はやらないと思った。

資格の勉強をするのは、歳をとればとるほど大変である。

学生ではないから、仕事もし、女性なら、家事や子育てもあるのに、そこから勉強時間を捻出するのは、本当に大変だからだ。

ワタシは講師をしていたときによく生徒にこう言っていた。
「最初ははりきって3時間勉強していても、長期戦なので、段々2時間になり、1時間になりそのうちに毎日勉強しなくなってくる場合が多いのです。
これでは、不合格へのルートになってしまいます。
だから、最初の1ヶ月は1時間、次の1ヶ月は2時間 次は3時間というふうに勉強時間を増やしていけたら、もう合格は目の前です。」

人間というものは、情け無いもので、持続することが一番しんどいことなのだ。
毎日同じサイクルで生活するのも大変なことなのだ。
なぜならば、煩悩があるからだ。


ワタシはもう資格をとることはないだろう。
これ以上いらないからだ。
というよりも、脳の老化でムリだからだ。

不条理・不平等があふれている、この世の中で唯一こういう勉強だけは、平等である。
努力したものは必ず報われるからだ。

不合格は単純に勉強不足なわけで、わかりやすい。

ユーキャンのCMのように、努力をしてみようと思っている方!
それと引き換えに得るものは、資格だけではなく、自分への自信やら自負もある。
誰でもが取れる資格だと誰も褒めてくれなかったとしても、それ以外に得たもののほうに実は価値がある。

あまり、誇れるりっぱな人生を歩んできたわけではないが、こんなブログに書き記すほどのことでもないが、努力と引き換えに手にいれたこれらの資格は、なにもないワタシの人生での数少ないトロフィーなのである。
[PR]
# by asaasa-archi | 2009-10-31 00:46 | 昔の話

沈まぬ太陽を観た

なにしろ今日は水曜日でレディースディらしい。
つまり女の人であれば、千円で映画がBiBiで観れると決まっているらしい。

{沈まぬ太陽} 観たいっしょ?」
「ん~観たくないって感じじゃないけど、今は{風が強く吹いている}の方が期待大なんですけどね~」
「え~それは封切がまだじゃん!」
「そう、今週末!」
「じゃぁ、今日は{沈まぬ太陽}観ようよ~」
「え~それ、長いじゃん!」
「だから、お得感あるじゃん!それに今日は千円だし」

ってなわけで、観てきた。

正直に言うと、物語が壮大すぎて、映画で表現するのはちょいと難しいんじゃないかって思った。
すごくがんばっている感はアリアリで、それなりにいい作品ではあるが、やはり未消化になっていた。
こういう長い小説を映像で表現するには、かいつまんで+デフォルメしないと、まとまりがつかない。

主人公のイデオロギー人生をベースにおきつつ、御巣鷹山事件をメインにもってきて、なおかつJALの企業体質をも暴きださなければならず、どう考えても3時間半ではムリだろ~

だから、焦点がいまいち定まらず、感動がおこってこない。
ひとつひとつ丁寧につくってあるし、役者の顔ぶれもすごいから、千円であれば十分楽しめたのではあるが、

一言で映画の感想を述べよと言われると、印象に残っているものが少なく、社内の権力闘争が壮絶という感じだろうか・・・

山崎豊子の小説はTVの連続ドラマのほうがあっているのではないだろうか・・・
「不毛地帯」のように・・・

やっぱりワタシは「風が強く吹いている」を早く観たいかなぁ・・・ 
[PR]
# by asaasa-archi | 2009-10-28 23:27 | 映画・TV

ごみ屋敷とオッパッピー

みなさんも観たであろうか。
オッパッピーこと小島よしおがTV番組で、有名なごみ屋敷の片付けをやってあげたのを・・・

うっうううううう~感動し~た

ごみ屋敷の報道は最近よくTVでやっているが、大抵のレポーターは

「うっ!すごい悪臭です。
なんとごみが門まであふれ出していますね~、
あっ住人の方がやってきました。
お話を聞いてみましょう。
どうして、こんなごみがあるんですか?
近所の迷惑は考えませんか?
あっどこに行くんですか?
逃げるんですか?
あ~行っちゃいましたね~」

もう矢継ぎ早にマイクを向ける。

そんな聞き方では誰でも逃げるだろ~が・・・

でも、オッパッピーは違っていた。

「おかあさん~ボク片付けてあげようか~」
と優しく言う。
そして、3日をかけてそのごみ屋敷のゴミをサンミュージックの若手芸人数人といっしょになって片付け、なんと最終日にはあの「マツイ棒」の松居和代まで駆り出して、その家をピカピカにしてあげたのだ。

誰でもが、「私有財産なんで、どうにもできないんですよ~」と、臭いものに蓋をしてきた。

ワタシたちだってTVのむこうから、あ~誰かなんとかしてあげればいいのにね~と無関心を装ってきた。

住人の方の心は病んでいる。(その理由まではわからないが)
そんなことはインタビューしなくたって、ごみ屋敷を見れば誰だって推測できるはずだ。

対人関係が無いに等しいくらいになっている。

心の闇を解きほぐす人を待っているのだ。

オッパッピーはTV番組といえどもそれをやってのけた。

すごいじゃないか!オッパピー!

拍手を送る、いやいやエールも送る、いやいや拝んでもいいくらいだ!
ついでに、ウィンクでも投げキッスでもOKだ!


ワタシはこのとき、童話の「北風と太陽」をなぜか思い出してしまった。
[PR]
# by asaasa-archi | 2009-10-21 23:36 | 映画・TV

少女漫画回想録

ワタシは小学生時代は小学生向文庫というたぐいはほとんど読んだ記憶がない。
もっぱら、少女漫画を読みふけっていた。

なぜなら、カビ臭い小学校の図書館にある本といえば、「ファーブル昆虫記」とか「アルセーヌ・ルパン」とか古臭く、つまらなく、呈装もきたなくて、全く興味をひくものがなかった。

それに比べ、街の小さな駄菓子屋さんでも売っている、新品の少女漫画は毎週その店頭に並び、きらきらと光輝いてみえたからだ。

友達が月間マーガレットを買い、ワタシは週刊少女フレンドを買い、廻し読みをした。

e0147990_11132568.jpg
わたなべまさこのガラスの城は当時の少女の心を釘づけにしていた。
確か、ヒロインは「心優しいマリサ」と「意地悪なイサドラ」だった。
マリサは本当は伯爵家の娘でイサドラは貧乏な家の娘だったが、孤児院で育った二人の前に現れた伯爵はイサドラを本当の娘と勘違いして、イサドラを引き取り、マリサは召使として雇われる。
もうこれで十分な仕打ちをマリサにしたのにもかかわらず、イサドラは次々とマリサをいじめるのだ。
こういう展開は女の子は大好きだ。
もう、わくわくする。

e0147990_1120226.jpg
浦賀千賀子のアタックNo.1も好きだった。
バレーボールの少女版スポコン漫画のはしりであろう。
きびしい監督に鍛えられ、意地悪な友達をも、手なずけ、けがにも負けず、大会で勝ちすすんでいく、シンプルストーリーだ。








e0147990_1124134.jpg
金字塔に輝くのは、もちろん池田理代子のベルサイユのばら と写真はないが、オルフェウスの窓だ。
世界史にもある程度のっとったこのストーリーは壮大で、しかも男装の麗人が共にキーパーソンとなっている。
この頃の少女にとって、暑苦しい父親や、鼻水をだした男子しか周りにいない現実から逃避するには、男装の麗人はものすごく魅力的なのだ。
気になるのはオルフェウスの窓は確かまだ未完である。

e0147990_11294358.jpg
萩尾望都のポーの一族は当時の少女漫画では異色のSF系だった。
SFが苦手な女子にも、彼女の作風は容易に受け入れられた。




e0147990_1131575.jpg
時代は大分経ってからだが、大和和紀のあさきゆめみしは学生時代によく読んだ。
なぜならば、古典を読むのが苦手なものは、これを読め!と先生が言ったからだ。
源氏物語は苦手ではなかったが、これを読み出すとすぐ眠くなったので、ワタシは漫画でカンベンしてもらった記憶がある。





やがて、中学生になると、静岡市の大きな本屋さんにも一人で行けるようになり、次第に漫画から、一般小説に読むものも移行していった。
文芸書は読むべき価値が高く、漫画が低いとは、まったく思わない。
それぞれに、人々の心をつかみ、感動させたり、癒したりするからだ。

最近はネットで再版が容易に手に入るようになったが、少し前までは、古本屋さんでこういう漫画を偶然みつけると、昔の旧友に会ったような感情がわきあがり、それを手にとって、何度も何度も触って、いとおしんだものだった。
[PR]
# by asaasa-archi | 2009-10-20 11:48 | 読書

フォトレンジャー・ビデオレンジャー

学校の運動会によく出没するもの
フォトレンジャー・ビデオレンジャーだ。

自分の子供の写真やビデオを撮るのを至上目的とする、運動会における突撃隊のことである。

一番の嫌われる理由は一般の親の見学者と共存できないことである。

つまり、その目的と手段があまりにも撮影至上主義に陥り、本来の運動会の趣旨を一向に理解していないためである。

去年の息子の運動会のことである。
中学生の生徒のたしかダンスか体操の種目だったかと思う。
本部席の隣に保護者用のイスが用意されていて、そこでほとんどの親が談笑しながら、見学していた。

数人の母親レンジャーたちがダンスが始まるや否やおもむろにビデオを手に、生徒の中に突撃していった。
そして、三々五々に自分の子供の横にピッタリとはりつき、ビデオ撮影を始めたのだ。

その撮影はダンスが終わるまで続けられた。
誰もがあきれはてた。

本部役員だったワタシは本部席で思わず静かに暴言をはいてしまった。

バカ親!!

100m競争のときもレンジャーたちは奮い立つ。
ゴール地点に陣取って、形相といったら、恐ろしい。

そりゃあ私たち一般の親だって、自分の子供の年に一度の晴れ舞台に心躍る。

「あと、何番目かしら。」
とか
「今度、○○くんの番よ!」
とか、もうスタートを心待ちにし、ピストルがなった瞬間から、我をも忘れ応援する。
白線を越え、「ガンバレ、ガンバレ」と手などを叩き、声援に余念がない。
運動会というのはこういうものだ。

その時だ。
「ビデオ撮影の邪魔だ!」と言う声が響く。
後ろを振り返ると、恐ろしい形相の彼らがいた。

古くは「ちびまるこちゃん」にでてくるまるちゃんの友達のお父さんも写真が趣味で子供の写真をたくさん撮っている。
その存在の歴史は古い。
気持ちもわからないではない。

子供を愛する気持ちから出発してはいるが、もうそれは、運動会本来の目的や意義から逸脱しかかっている。

ワタシたちは、電車内でどうどうと化粧を始める女の子たちを見る目と同じような目で見ていることを彼らは知っているのであろうか・・・
[PR]
# by asaasa-archi | 2009-10-19 10:05 | 生活

白い鯛焼きのお話

「今日は、松浦さんにおみやげです。」と言って、「高岡の家(仮)」の奥様が持ってきてくれたもの

初体験の白い鯛焼き

今さらながら、というか、おそっ!というか・・・
割と、遅いんですよ! お初もの系が・・・ワタシは・・・
なにしろ生キャラメルだって、つい最近食べたばかりですからね。

そりゃあTVでは観てましたよ。
でも悲しいかな、TVでは味までは、わかりません。
それにTVのレポーターって「美味しい」としか言いませんからねぇ021.gif

「お~これが、あの噂の白い鯛焼きですか~ありがとうございます。」

中身のあんことかクリームはフツーの鯛焼きと同じなんですが、
白い皮の食感としては、白玉+大福の皮を足して2で割ったようなモチモチな感じです。

こげたというかちゃんと焼いた感じがしないのはなぜだろう?

なんか半焼けというか、いや!ホントに焼いてあるのだろうか?

でも、焼かなければあの魚型はできないよなぁ?

でも、このグニャ~モチ~とした感触はなんなんだろう?

わからない!

なぞだ!

ん~よくわからない食べ物だ~

ちょっとオーブントースターで焼いちゃおうかなぁ~

貰っておいて、タイヘン図々しいが、欲を言えばフツーの鯛焼きでもよかったような・・・

やっぱこのままじゃ、はっきり言ってイマイチだ~

どうしよう、上手な寸評ができない・・・025.gif
[PR]
# by asaasa-archi | 2009-10-18 15:40 | 生活

凍える口

金鶴泳(きんかくえい)の「凍える口」を最初に読んだのは、たしか中学生だったような気がする。

鮮烈な印象のこの小説は彼のデビュー作である。

在日朝鮮人であることよりも吃音者(いわゆる どもり)の苦悩を執拗に綴ったこの小説はいささか中学生には衝撃が大きかったので、その後の潜在下にとどまり、吃音ということよりも在日朝鮮人に対する興味のほうがあとあとまでも印象に残っていたのである。
だから、題名よりも、朝鮮名のほうを覚えていた。

実は、昨日図書館で偶然にも彼の小説集のハードカバーを見つけ、すぐさま借り、再度読み終えた。
短い小説なので、すぐに読めるのだ。

冒頭から延々と続く吃音者の苦悩と感傷の部分があることにより、マニアック感が否めない。

彼の実力ならば、こういう部分を行間に押しとどめても、この感情は表現できたのではないかと思ったが、もうひとひねり考えれば、あえて、彼はそれをしないことにより、小説における自己実現をしたかったのかとも思った。

主人公の名前は「崔圭植」という。
私小説なので、これは彼自身である。
友人の磯貝くんはついに、生きる意味を探し当てられずに文中で自殺する。
主人公よりもはるかに重い吃音者だった。
彼の自殺は吃音が原因ではなく、幼少期の家庭環境に多くを起因するのだが、それを助長したのはやはり吃音だったのであろう。

自分自身ではどうにもならない社会的要因と、身体的要因の二つを持ち、書くことでその苦悩を和らげようとした主人公のはかりしれない「どん底」には、共産主義でしか人生を語れない政治人間や、なんの苦しみも持たず生きている幸せで温和な人たちが登場し、ますます彼を苛立たせる。

何度読んでも適切な感想文は書けない

これも読者の苦悩である。

ただただ、平坦な感情しか持たない人間にならないためには、こういう小説を読んだりすることはとても大切なことなのである。

吃音者でもなく、在日でもない人間が、その苦悩は理解できなくても、少なくとも「理解できない苦悩」を知ることは必要であろうと思うのである。

その小説には「大儀」や「慣習的思考」の無意味さが満ち溢れていた。
[PR]
# by asaasa-archi | 2009-10-17 12:42 | 読書

「千両シャンパン」 祝・上棟でござる

「お仕事的建築の話でも、してみるか・・・」ではないのでござる。

で、コレ!

e0147990_9365268.jpg


こんど、「Skip F Method House」が上棟します。

その当日の「祝い酒」 まぁ舶来語でいうと「Celebratory drink」なんですが、なにしろ、家の名前をEnglishにしちゃった手前、「日本酒というのも、変じゃない?」ってことで、今回はシャンパンにしてみました。

実は、このブランドはワタシが大好きでして、バブルの頃はレストランでもオーダーしてました。
(泡つながりってことで・・・)
でも今は定価の3倍もとられるレストランなんかではとうてい飲めませんから、もっぱら、年数回の家飲みです。

で、じゃぁ、ラッピングもしてみるか の ノリで、コンセプトは和洋折衷  「千両シャンパン」~なんて安易なネーミング!

毎年買っている「熊手」ですが、たくさん貯まって、なんか部屋が熊手博物館みたいになっちゃたんで、一部解体させていただきましたので、すみません、「出がらし的ご利益」かもしれません~

ボトルのラッピングは難易度が高いですね~

実は、ブログが祝1周年を迎えました040.gif040.gif

ひとえに皆様の訪問でささえられて、まことにありがとうございます。053.gif

コメント欄はないのですが、お知り合いの方から、
「my son」がぶっちゃけトークで特におもしろいよ~
とか
最近の選挙ネタ、時事ネタも、主婦にもわかりやすくていい感じ~とか、
必ず毎日読んでます~とか ありがたいお言葉をいただいています。

ワタシは「速写」とか「速記」とか「速描」みたいな感じでこのブログを15分以内で書き上げることを目標にしています。「速文」とでもいうかんじですかねぇ。
なので、誤字脱字が多くすみません。
書きながら、頭で構成していく手法をこの趣味のブログを書きながら訓練中です。
(おっ!今日はもう20分経過してしまいました007.gif
毎日、がんばります~

ではでは、これからも、よろしくお願いします~
[PR]
# by asaasa-archi | 2009-10-16 10:03 | お仕事

出雲駅伝の憂鬱

ワタシは大学駅伝を観るのが、大好きだ。

でもいつも思うことがある。

アフリカ系学生の出場についてだ。

なんかこれって、
武士が刀で真剣勝負しているところに、草むらからピストルを撃ってくるような・・・
というか、
駅まで徒歩で歩いていたら、横を自転車ですり抜けられるような・・
ん~
ほうきで部屋を掃除してたら、横から掃除機でブイブイやられちゃってるような・・・
うまく言えないけど、ちょっとこれって違わない?的な感じがする。

だから、日大のダニエルくんが勝利のテープをきってもちっとも感動しなかった。

高校で好成績をもつ選手は必ず、色々な大学から推薦のオファーがくるので、必然的に有名大学は有利になるのは、わかる。
無名大学であれば、アフリカ系選手をいれて好成績を残し、名を上げたい気持ちもあろうかと思うが、天下の日大で二人も留学生を出場させて、勝って、うれしいか?と思ってしまう。

何年か前の箱根駅伝の第一走者がほとんどアフリカ人留学生で、これって、どこの国でやってるのか?と思った人もおおいのではないだろうか?
なので、それ以来箱根駅伝で第一走者から留学生は消えた。

圧倒的にアフリカ人と東洋人の身体能力には差がある。

だから、勝負にアフリカ人留学生が勝ってもちっとも感動しないのだ。
日本人じゃないからだめだと言っている訳ではない。

駅伝がおもしろいのは、選手が青春のすべてを練習にささげ、賢明に努力し、母校のたすきをつなげるから、多くの感動を呼ぶのだ。

勝敗に縛られてそんなこともわからなくなってしまったのか!

東洋大学1年(当時)の柏原竜二くんが今年の正月に箱根を陥落させた感動はまだみなの心に焼き付いている。
高校時代無名選手だった彼の才能を見抜き、成長させた東洋大の監督は素晴らしい。
なので、今年 東洋大学は人気があがり、入試で昨年よりはるかに多くの学生が出願したらしい。

一般民衆を甘くみないでもらいたい。

私たちは何に価値があり、何が賞賛に値すべきかを、忘れてはいないのだ。
[PR]
# by asaasa-archi | 2009-10-12 17:20 | スポーツ

カイジ 人生逆転ゲームを観た

ホリエモンが何気におもしろい とブログで言ってたので、封切日に観てみた。

ホントに手に汗握るゲームの連続で2時間があっという間に終わった。
コンセプトはものすごくシンプルだ。
ゲームがストーリーの主流となっているので、必然的に「勝つこと」を目的に物語は進む。

人生の負け組、勝ち組とオーバーラップさせて、なおかつ脇を固める俳優陣に実力派をそろえているので、内容としては、かなり見ごたえがある。

ハリウッド映画のようにすごいカーチェイスやら、派手なCGはないが、本質がゲームなので、内面的な人の気持ちの葛藤の描き方に迫力がある。

全財産をかけていどむ競馬を観戦しているような気持ちになってくる。
なので観終わった後は多少の疲労感を感じた。

生き馬の目を抜くようにしてのし上がってきたホリエモンには、過去の自分の軌跡をみているようで、たまらない快感なのであろうと思った。

実際に「勝ち組」と呼ばれる人々がはたして、こんなギャンブル的生き方をしているのかどうかは、わからないが、「現実の試練に打ち勝つためにどれだけ努力しているのか」、と映画の中のせりふで問われると、少々ビクッとするのかもしれない。

昔は「勧善懲悪」の世界を映画は描いてきたが、この映画では勝ちを勧め、負けを戒める「歓勝懲負」の世界を見事に描ききっていた。

ひとつの教訓ではあるが、「この考えたかが人生のすべてだと思うのはとても危険なこと」であることも同時に読み取れたことは、おもしろい。
[PR]
# by asaasa-archi | 2009-10-10 14:39 | 映画・TV

ヌードの品格

ワタシは寝る前2時間くらいにすることがある。

それは、ブログに雑文を書くことと、身近なもののクロッキー(速描)である。
「クロッキー」と「スケッチ」はどう違うかなどと聞かれると困ってしまうが、芸術系人間はフランス語が大好きだから、多分同じ意味なら、フランス語のクロッキーを使ってしまうんだろう・・・

で、コンテなどを使ったら、お風呂にはいった後の手が汚れてしまっていやなんで、クレヨンでエンピツ型になっていて、紙をクルクル破るヤツを使っている。

昨夜、ヘルメス(石膏像)をクロッキーしていてふと、思い出したことがある。

美大の1年生だったころ、男性裸体をデッサンしたことがある。

彼が始めてアトリエに入ってきて、女子学生たちはのけぞった。
チャチャと服を脱ぎ、ちょっとした布を腰にまいて、彼はモデル台にあがった。
短く角刈にした頭髪にはそりこみがはいっていた。

そして、その腰布をサッと近くのイスに投げ捨て、ポーズをとった。
学生全員のコンテを持った手が数秒間とまった。
ゴクッと唾を飲む音があちこちから聞こえた。

そう高くない身長であったが、なんと均整のとれた美しい肉体だった。
控えめに盛り上がった筋肉は静かに人間の美を主張し、その機能を連想させた。
ギリシア人ではなく、まさしく日本人の身体の原点だと思った。


下半身の凹凸というかフォルム自体も「エロチシズム」よりも肉体の神秘すら感じるような感動があった。
ふっくらとした薄い脂肪に覆われた女性の裸体にはない、強さや激しさがあった。
うっすらと日焼けした肌から無味無臭の色気がただよってくる。

20分ポーズ+10分休憩を4回繰り返したが、彼はいっさい喋ることはなかった。

なおさら、その肉体にかくされた人間性が気になってくるが、デッサンするときには、あまり気持ちをこめないほうがうまくいくという鉄則どうりに、淡々と描き込んだ。

2時間後にアトリエを去っていった彼には二度と会うことはなかったが、そのヌードの品格に誰もが吸い寄せられたのはまちがいない。

審美眼を磨くには、美しいものを美しいと思う純粋な心も不可欠なのである。

なので、一見無駄とも思われるクロッキーをだらだらと描きつづけることにもミジンコほどの意味はあると思っている。
[PR]
# by asaasa-archi | 2009-10-09 12:25 | 昔の話

衣換えと収納

台風の影響もあり、肌寒くなった陽気に背中をおされ、今日やっと、クロゼットにはいっていた夏服と、小屋裏収納にしまってあった冬服を交換した。

主婦の方ならおわかりになると思うが、これは結構タイヘンな仕事である。
ワタシは二人分だが、これが、家族四人分とかいったら、考えただけでも頭が痛くなるほどである。

大体の方がそうであると思うが、服をひとつ買ったら、ひとつ捨てるかといったら、それはない。
芸能人でもないかぎり、一日にそう何回も衣装換えはしない。
衣類の必要数は大人になればさほど変化しないということだ。
なのに、買って捨てなければ絶対数は増え続けるということになる。


そして、オトコとオンナの服の買い方はちょっと違う。

ウチの息子がそうだったが、高くても気に入った服しか買わないし、高いから1年に何回も買ったりしない。
でもワタシは違う。何枚も欲しい。同じ服を毎日着たくないので、安いものをたくさん買ってしまう。
「イロチ買い」もよくやる。

使わなくても「カワイイ」という価値観でよくモノを買う。

言い訳はこのくらいにするが、ということで、洋服は延々と増殖を繰り返す。

設計のヒヤリングでワタシは結構しつこく、しかもずうずうしくプライベートなことに立ち入って話をするが、洋服の数については、なかなか見せていただいたり、しつこく聞くことはできない。
なぜなら、ワタシが逆の立場だったら、困るからだ。

「タンス中身の入れ替え」をしなくてすむようにクロゼットをたくさん欲しいとよく言われるが、ここについては、問題は収納量ではなく、ご本人の意識レベルにある。
設計にすり替えられているが、実は違うところに問題がある。

バッグも女性はたくさんある。
靴もある。
使わないが、捨てないそれらはところせましと、居住空間を侵してくる。

「あ~ホント、ウチってしまうとこないんですよ~」

それと、読書好きな方!本はたくさん飾ってないですか?
一部を除き、何回も読む本なんてそうあるもんじゃないですよね!
ワタシも読書好きなんで飾りたい気持ちはよくわかります。

若い頃には本を買うお金もそうなくて、読む本がなくなり、聖書や辞書まで読んでいたことはあるが、ワタシは10年前の引越しですべての本を捨てたが、そう困らなかった。
なぜなら、読書好きであれば、次々と読みたい本が現れて、それを買ったり借りたりすればすむことだからだ。

そして、読書の軌跡は本で残す必要はなく、頭に残せばいいからだ。

でも、捨てて後悔しているものもある。

子供のものだ。

ランドセル
成績表
コンクールで高成績だった習字
七五三で着た小さくてかわいいスーツと靴
すぐやめちゃったサッカーで使ったシューズ
小学校で使った教科書やノート

何度でも手にとって慈しみ、思い出したいものばかりだった。

人それぞれ愛しているものが違うので、やっぱり設計士といえども理解できない、「思い出の品置き場」の存在はやはり否定できないのである。

だから、新築されるときにはよい機会なので、よ~く考えて取捨選択をお願いしま~す
[PR]
# by asaasa-archi | 2009-10-07 19:35 | お仕事

Shijan

静岡駅アスティにある韓国食堂の名前です。

久しぶりにShijanのチゲを食べたくなり、仕事の帰りに寄りました。
e0147990_17532822.jpg

相変わらずヘタな写真ですみません~

タットリタンという料理をチゲ(韓国なべ)にしたもので、実はあまり期待してなかんたんですが、以外な味でした。
キムチなど唐辛子を調味料に使うとどれでも同じような味になるかと思いきや・・・

具材の、じゃがいも、さつまいもなどが甘く「下ゆで」してあってほんのり甘い芋のほくほく感とちょっぴり辛いトウガラシ系の辛さがベストマッチ!

ナイス!です。

小雨が降ってちょっぴり秋の気配が感じられた今日にはぴったりのランチメニューでした。

それにしても、Shijanはいつも混んでいますね。
BGMにはもちろん韓国歌謡曲がながれ、韓ドラファンのおばさまにはたまりません。
日本人の舌にも合うように、辛さも控えめで・・・

デザートにはぜひ「ゆず茶」をオーダーしてください。
茶といっても、ゆずジャムをお湯にとかしただけのしろものですが、辛い料理の後には最高です。

本日はほのぼのランチのレポートでした。
[PR]
# by asaasa-archi | 2009-10-06 18:11 | 韓国

ザ・マジックアワーと建築

この映画は5回も観た。
劇場で、DVDで、そして今夜TVで・・

映画の要素は監督の総指揮、俳優、脚本、カメラだと思う。
この四点が揃ってはじめて「おもしろい」映画ができる。

カメラというのは、もちろんアングルなのだが、その風景、舞台セットも含まれる。

監督は全体を大きく大胆に表現する広角的視野から、次第にディティールに及ぶズームの視野までを考慮しなければならない。

三谷こうきの映画の場合は脚本もおもしろく、最後まで展開の意外性がある。
かといって、どんでん返し的脚本ではなく、あ~こういう展開があったんだ~という理論的なそれである。

風景はいつも舞台のような作られた張りぼてを一貫して貫いている。
なので、かなりディティールにこだわらざるをえなくなっている。
これは、自然の風景を撮るものよりも、細かい計算が必要になってくる。

つまり自然の風景であれば、必ずスクリーンに映し出されると思った以上の計算外の美しさがでる。
これが自然のなせるワザである。
舞台セットではこういうものはない。だから緻密な舞台セットが必要となるのだ。


「おくりびと」や「剣岳」は自然の雄大さを存分に映し出している。
だから、俳優の演技もそれをそこなわないようなある意味控えめの演技になる。

舞台セットのみのこういう映画では、完全に俳優の完璧な演技の脚色がはえる。

もちろんそれぞれにおもしろみの分野は違う。

彼はそういう分野で卓越している。

そう考えてくると、建築でもあてはまる理論であると思えてくる。

雄大な自然の中の建物と都市部の密集地に建つ小住宅とでは、演出が違うのである。
前者は「おくりびと」や「剣岳」的手法で、後者は三谷こうき的手法である。


そういうふうに考えていくと、設計士は映画監督と同じ力量を求められている。

なんかカッコイイじゃないか。

建築=演出とは必ずしもならないが、こういうのもひとつの見方であることは間違いない。
[PR]
# by asaasa-archi | 2009-10-04 00:33 | 映画・TV

夫婦別姓は親子別姓

二人の女性大臣がTVに映り、「夫婦別姓実現に向けておぅ!」的映像が流れた。

夫婦別姓ということは子供はどちらかの親と別姓ということである。

ワタシは夫婦が別姓という現実は割りとイメージしても違和感はないが、親子別姓については、どう考えてもイメージできないのである。

父親と同じ姓を選べば、韓国などと同じ状況(以前説明したが)になり、はりきって別姓を選んだ妻の気持ちとしては、肩透かしのような感覚になり、なによりも10月10日おなかで育て、生みの苦しみを味わってそれで別姓だとしたら、承服しかねるような気がするし、かといって母親と同じ姓というのも、今の日本で受け入れられるか疑問である。

つまり、ある意味別姓を選ぶ人たちは古くからある、「家」よりも「個」を尊重したいという立場をとるのであるが、その問題が子供に言及するに及べば、やはり、血縁は無視できない感情がわいてくるだろう。

夫婦の関係は個を大切にするが、子供との関係は個ではなくなるのが、人間として正常な気持ちであることは、理解できるが、やはり矛盾する。

ここが一番の難所であろう。

かといって兄弟姉妹が別々の姓というのも、矛盾の象徴としか思えない。

妥協案として通称を使用することは反対である。

結婚で夫の姓を選んだならば、「嫁」という立場は受入なければならないし、妻の家に婿養子に入ったならば、生涯息子ではなく「婿」なのである。

これがいやならば、事実婚を選べばよい。

なにかを得るには何かを捨てる覚悟が必要だからだ。
何十年の婚姻生活を送るのに、結婚はしたいが、「嫁」とは呼ばれたくないという気持ちではなにより長続きしないであろう。

そういう意味においては、夫婦別姓を選んだ夫婦は親子別姓も受け入れなければならないという事になる。

こんな究極の選択をせまるような制度を利用する人がたくさんいるのだろうか?

もちろん選ぶ自由も選ばない自由もあるのが自由社会の象徴であるが・・・
でも今は原始社会ではないのである。
好き勝手にはできない「くくり」というものは実はとても法治国家としては大切なことでもある。

なにかこの問題は疑問が残るのである。
[PR]
# by asaasa-archi | 2009-10-01 18:04 | 政治

土地探しは戦い

ワタシは専業の設計事務所なので、土地探しに最初からかかわることは、あまりない。

でも、今回はちょっと違っていた。

HPから訪問の若い奥様と出会い、様々なお話をして、彼女の自邸新築の熱意に打たれた。
ものすごく勉強されていた。

最初にいただいた、奥様が書かれた「おうち計画」を見た時に驚いた。
もう多分頭のなかがパンパン状態なんだろうかとも思えるほどの内容だった。
驚いたとともに実は感動した。

お仕事も持ち、結婚されて、お子様の育児もがんばっていて、まるで若い時の自分をみているようだった。
あの頃のワタシは肩に力がはいり、コチコチだったが、彼女は自然体で、

ワタシよりもちょっとカッコイイ。

おごることなく、優しい。
幸せな家庭生活だということが、すぐわかった。

土地探しの戦いをされていた。
いつもなら、「早くイイ土地がみつかることをお祈りしています。」だったが、彼女に「助太刀(すけだち)」したくなった。

実は、そんなに力はないんですけど・・・007.gifというか、助太刀ならず共倒れかもしれませんが・・・007.gif

現実的には情報を集めることしかできない・・・

実はちょっと今私たちは落ち込んでいる。
相手は魔物だからだ。

でも私と彼女には共通点がある。
水嶋ヒロとか岡田準一とか、濃系男子のファンということだ。

戦いに疲れたら、ヒロの話でもしよ~う!

ホント、ヒロのはにかんだ笑顔は癒されるワ~
[PR]
# by asaasa-archi | 2009-09-30 18:47 | お仕事

ヒロの時計み~つけた!

カレンダーも買って、「ドロップ」も観た。「メイちゃんの執事」も全部録画した。
なのに、勝手に結婚してしまったヒロをワタシはちょっと封印していた。

ずいぶん勝手な言い草だけど、ファンだからしょうがない。

でも久々に「スマスマ」に出るってことで、昨夜はもう9時にはお風呂に入ってスタンバイした。

ワタシはずっと番組中にしていたヒロの時計が気になっていた。005.gif
なんの時計だろう~053.gif
Made in どこ?だろう~053.gif
BRのロゴだけがわかったが、あとは不明

で、息子にメールした。
「スマスマ」でヒロがしてた時計 調べて~」
「OK、調べとくよ!」
お~さすが、my son 優しいね~
でも一応、ヤフーの知恵袋に投稿しとこっと!

一夜明けて・・・

はやっ!!もう回答がでていた。
なんと質問の投稿をしてから1時間半後でした~

ヤフーの勝ち! 

「ベル&ロス」 made in Frenchでした。

それにしても、ヤフーの知恵袋載せてから一夜で回答なんて、さすが全国レベルは違う。
こう思うとネットの網ってすごいなぁ
昔はせいぜい友達に「ねぇねぇ知ってる?」とか個別にしか聞けなかった
今はひとつボールを投げると、それが無数に全国に広がっていき、すぐに返球されてくる。

お・おそるべし~

でも、ヒロくん!ちょっとちょっと!高い時計してるわね~
10回払いでもムリムリですね~007.gif007.gif

買おうとしてたんカイ!
[PR]
# by asaasa-archi | 2009-09-29 16:01 | my son

夫婦別姓について

民主党に政権がかわり様々なことが、変化してきている。

何年も前から夫婦別姓について、国会で話しあわれてきたが、いずれも法案としては否決されてきた。

ワタシは「リベラル」が政治的中道左派として訳されるのならば、リベラルではない。
大多数の国民が支持するであろう中道右派のイデオロギーを持っている。
なので、それを念頭において聞いてほしいと思う。


この問題は今を生きている人間の勝手な都合で話をしてはいけないことが大前提にある。
名前は記号と言われれば話はものすごく単純になるので、それもやめる。

ワタシの場合は離婚によって2回姓がかわった経験がある。結婚時と離婚時だ。
仕事をしていたり、免許をもっていたりすると実際のところものすごく不便だ。
一級建築士免許もご多分にもれず、姓が変わるたびに、申請して新しい免許証を交付してもらわなければならない。
なによりも会社勤めなどをしていれば、結婚も離婚もすぐに周囲に知れ渡る。
呼び名が変わるからだ。
これは、あきらかに男性と違う不利益である。

ただ、この問題よりもはるかに嫌だったのは、離婚時に子供の姓が変わることによる子供の不利益だった。

百歩譲って考えるとまだ大人はイイ。
お互いの自由意志で結婚時も離婚時も姓を決めているからだ。
子供に不利益になるのは本当に困ると思うのだ。

これは夫婦別姓を選択できることになっても同じことが起こる。
子供の姓の選択は親がするからだ。
なので一見夫婦別姓とは違う問題なのかとおもわれがちであるが、そうではない。

つまり、今の法律が離婚することをまったく視野にいれないでできていることが問題なのだと思う。

男性社会がつくった法律は「ほれほれ離婚するとこんな不利益があるんだよ。だから、何があっても子供のためにオンナが我慢して、一生添い遂げろよ。」と言っている。

韓国などは、ルーツを大切にしているので、子供の姓は父親の姓のまま一生変わらない。
つまり、家族で父と子は同じ姓で母のみがちがう。

つい最近まで家長制度が存在していたのだ。

ただ国民全員がそうであるので、これ自体はそう問題はないのだが、離婚した母親とそれについた子どもが母親が新しく再婚した場合に悲劇がおこる。
父親と子供の姓が違うからだ。
そして、新しい父と母に設けられた異父兄弟とも姓が違うことになる。
複雑な家族であることが、一目瞭然となるからだ。
ただ最近になって、家長制度が法律から消え、子供の姓が変えられるようになったようだ。

法律は国民のためにあるもので、政治のためにあるものではない。

一人っ子が増えた今一人っ子どうしの結婚ではやはり姓の問題が浮上する。
お互いの家族が姓の取り合いをすることになったら、当人同士は結婚というもの自体の意義がわからなくなってしまうだろう。

武士社会からずっとつづいてきた父系制度を変えることは、簡単なことではない。
その歴史からすれば、女性が参政権を持った(人権を持った)のはつい最近といえる。

だからこの問題は実はもっと長い時間をかけて話し合う問題だと思う。
単純に今の世の中にあわないからとか、離婚時に女性が手続きでめんどくさいとかそういう次元ではない、もっと深いところから見つめなおさないといけない問題であると思う。

ここだけは民主党の方も慎重になってほしい。

でも、決して今のままでいいと思っている訳ではない。

PS:最近結構ヘビーなお話づくしですみません。
   でも、最近のはやりの「コレクション系」ブログはあえてしないようにしています。
   1点もので勝負したいと思っているので・・・へへへ
[PR]
# by asaasa-archi | 2009-09-27 22:23 | 政治

めざせ建築家!

何年か前に東京でばったり大学のクラスメイトに出くわした。
彼女は武蔵美建築科を卒業した後、筑波大学の映像系の大学院に進学したことを思い出した。

「久しぶり~」的あいさつの後、名詞交換をして驚いた。
名前の前に「芸術家」と記されていた!
お~自分紹介の名詞に、な・なんと 芸術家と書く人はすご~く珍しい。
相変わらず「ダラっ」とした喋り方だったが、映像的アートとどこかの大学の講師もしていると言っていた。

「へ~一応建築、まだやってんだ~」
「はい、一応・まだ・ネ!」
建築科を卒業してんだから、フツーやってるだろ!まだでも一応でも、と思ったが、微笑んで答えた。

「で・職業は芸術家なんだぁ~」と切り返すと
「ふふふ、これは、そうありたいという理想・・」

ばかばかしくなったので、ここで別れた。

息子の同級生で3人くらい建築科に進学した。
ひとりは芝浦工業大、もうひとりは日大、もうひとりは忘れた。
20人のクラスで3人という数はけっこう多いと思った。

で、もうひとり両親とも税理士という I くん が息子のところに突然やってきてこういったそうだ。
「オレも理系なら、建築やりたかったゼ」
息子と建築はまったく関係ないが、私が建築事務所をやっているのはクラス中周知の事実だったからだ。

ワタシの恩師の「ジャコメッティーが好きな彫刻家の岐部先生」もワタシにこう言ったことがある。
「彫刻やってなかったら、建築やりたかった。」

やりたいなら、やればいいのに、「やりたかった」 という言葉には、なんか違和感を感じるときがある。

つまり、なんとなくカッコイイ感じなんだけど、現実的にはちょっとね~みたいなものなのか、う~んやりたい職業の1番じゃあないけど2番ってトコカナみたいなものなのか・・・
まぁどちらにしても、やってないことに変わりはない。

職業と理想が違うことはあきらかである。

みな、地を這うようにして生き、血の汗を流しながら仕事をしている。

息子の3人のクラスメイトよ!よくぞ建築科を目指してくれた。

がんばれ!

そして、絶対に、名詞の職業欄に理想を書くような大人にはなってほしくないと、オバサンは思っている。
[PR]
# by asaasa-archi | 2009-09-26 13:04 | my son

美しくないもの・・・食物編

美しくないもの、奇妙なものは自然界にはたくさん存在するが、人が作ったり、加工したりするものには以外とそれは少ないことに気づく。
その以外と少ないなかから、本日は食物編・・・
それもジャムだ!

e0147990_14282824.jpg


むかって左が 
「エロ紫ジャム(巨峰のジャム)」  
右が
「キモ緑ジャム(ゴールドキウイジャム)」
だ。

それにしても、巨峰のジャムのこの毒々しいクロ紫の色はホントエロい!
そしてキウイジャムのなんとグロテスクでまるで嘔吐物かと見間違えるほどのドロつきは、お~たまりませんね~
まさに醜悪!

ところが、味といえば、最高に高級感にあふれている。
巨峰は一房まるごと、キウイは8コ分贅沢につかっている。(もちろんスーパーの見切品で十分だ)
砂糖は大さじ2杯しか入っていないが、果実そのものがもつ糖分でゴッツク甘いのだ。
巨峰ジャムは小豆を煮ているかと思うほどの甘~い香りが漂ってくる。
そしてキウイジャムははるかニュージーランドの美しい自然が口のなかで広がって、思わず「すっぱうまい!」と叫ぶことであろう~

ジャムつくりにレシピなどという、たいそうなものはない。
ただ、細かく切ってまたはちぎって砂糖をほんの少し入れて煮るだけだ。
なので、ワタシはいつも、ぶり大根やサトイモの煮っ転がしをつくるときに一緒に調理する。

マーマレードだけは、ちょっと注意していただきたいことがある。
皮と身の間の白いとこは、確実に除いていただきたい ということだけだ。
これがあると、なぜかカワイイジャムにはならず、ごついジャムになってしまうのだ。

ということで、本日の美しくないものは「ジャム」でした~037.gif037.gif

PS:最近の日課になった「ブログ執筆?」もうトマラナイんです~文章があふれ出て、洪水のようです。
   じゃんじゃんあふれて、こういう雑文なら10分で書けちゃって(ヘヘヘ自慢?)
   毎日3回分くらい書きたい~書きたくて、書きたくてトマラナイ~
[PR]
# by asaasa-archi | 2009-09-24 14:57 | 30分クッキング

美しくないもの・・・

建築工事全般で大概のものは美しいと思う。

鉄骨やRCの基礎配筋などは本当に整然としていて、美しい。
基礎完了時の出来型検査の時、はたまた木造建て方直後の林立する柱郡たち・・・

建築の美である

でもこれだけはいつも、美しくないというか、奇妙というか、みにくいものがある。
地盤改良で柱状改良のときだ。
工事中はゴリゴリグイグイ穴掘っちゃってくださいよ!
みたいな感じだし、終了後にできる50くらいのまあるい杭の柱頭が、地面に現れたときの感じはハッキリ言ってコワイ!
注)あくまでも美的感性からのみの感想ですが・・・

e0147990_16211836.jpg


そんなこんなで本日は「SKIP F METHOD HOUSE」の地盤改良初日でした。

「シルバーウイーク(最近この文言を知ったのですが)最後の日ですが、水曜日が駐車場的にイイんですよ。」というゼネコンの監督さんの希望で本日からとなりました。

地鎮祭も先日行って、さすがゼネコンさんの地鎮祭は盛大ですね~
社長、常務、社員の方8名と大人数でした。
神主さんも出雲大社分院の由緒正しき方のようで・・・
お~ご利益も多いかと・・・存じます~

はたと思ったんですが、次のお客様は仏式で地鎮祭を行うとのこと・・・

初体験じゃ~
[PR]
# by asaasa-archi | 2009-09-23 16:36 | お仕事

クレヨンしんちゃん

クレヨンしんちゃんの作者の方がお亡くなりになったニュースがTVから流れてきた。

子育てを経験された方なら思い当たる節があるかと思うが、ワタシも思い出すことがある。

しんちゃんは幼稚園から帰宅する時は「ただいま」ではなく、「おかえり」と言う。
母親のことを名前で呼び捨てにする。
どれも子供の躾にとっては、本当に困ることだ。
PTAなどからギャーギャーと苦情がきたそうだ。

うちの息子も幼稚園から「おかえり」と言って帰宅するのを聞いて、困り果てた覚えがあるのだ。
友達の息子も母親を名前で呼んだりするようになったと、怒っていた。

私たちの子供の頃に永井豪の「ハレンチ学園」という漫画がはやって当時もPTA団体が戦々恐々としたらしい。
いつの時代も同じようなことを繰り返す。

「おかえり」と言って帰っていた息子がいつのまにか「ただいま」というようになり、「ハレンチ学園」の影響で口先だけでエッチなことを言っていた男子も中学校になると次第に女子の前ではおとなしくなっていった。

物事の分別がついてきたからだ。

若い母親はまじめに育児をしようとすればするほど、子供を健全だと思われる環境で純粋培養したがるものだ。
これはしごく当たり前のことで責められる話ではない。
ところが現実はそんな環境などは存在しないし、仮に一時期存在したとしてもずっと続くものではないことに気づく。
あ~なんでワタシンチばっかりこうなのよ~と嘆いたりもするが、次第にみながそうだとわかってくる。
そしてこれが、世の中なのだと気づくのだ。

これが、まさしく子育てをすることによって母親が成長するさまなのである。
男性と違って、家庭にはいるとなかなか社会で揉まれることが少ない女性にとって、大事な過程なのである。


でも、そううまいこと絵に描いたようには成長できないかもしれないが、安心してほしい。

そういうことも含めて子供はぐんぐん物事の分別がついてくる。

だから、変なことを言ったり、親を親とも思わないような言動をするクレヨンしんちゃんであるが、廻りから排除する必要などなく、逆に自然にまかせておいたほうが、子供の成長には役立つのだと思うのである。
[PR]
# by asaasa-archi | 2009-09-22 18:38 | my son

壊せ!壊せ!

壊せ!という題名だが、解体工事のお話ではない。

プランのエスキス(下書きのこと:建築家はいじましくも外国語をよく使う)をしているとき、思考の立ち往生をすることがある。
こういう時に必ず思い出す言葉がある。

「壊せ!壊せ!」

学生時代、当時の坂本一成教授に言われた言葉である。

武蔵美の1年生最初にやることは、授業で1m立方のコンクリートの塊をひとり1コ与えられて、実物大の手の握りこぶしを彫り上げることだ。
手の握りこぶしはどんなに大きい人でもせいぜい15cmである。
つまり、この授業で学ぶことは、コンクリートの塊をのみと金槌で根気よく2ヶ月以上かけて砕くことなのである。

あの大学のおもしろいところは、造ることではなく、壊すことから始まるのだ。

当時はさっぱり意図がわからなかった。
でも今はよくわかる。
大学の建築科に入学する学生はけっこう創作意欲が旺盛で鼻息が荒い。
これは、建築に限らずデザイン科も同じだ。
この荒い鼻息をイッキに打ち砕く意図がある。

おもしろいじゃないか!

造形家にとって造ることは容易であるが、造りはじめて壁にぶちあたった時に必ず必要なことは、壊すことを知ることなのである。
それも中途半端な修正ではなく、根本から根こそぎ壊す破壊である。
やはり邪魔なものは、惰性や慣性である。

それと対峙するものもある。
人間関係である。
壊れた友情や愛情はもとには戻らない。
だから、壊れそうになっても、そっとそっと修復を繰り返したほうがよい。

人間は内に向かっては破壊と創作を繰り返し、外に向かっては、寛容、凡庸を発するものなのかと思うと、つくづく生きることの姿勢の迷宮に迷い込むのである。
[PR]
# by asaasa-archi | 2009-09-20 19:18 | お仕事

肩こり体操はじめ!!

肩こりで悩んでいる皆様に~

肩こり体操 は・じ・め!

e0147990_2334399.jpg

[PR]
# by asaasa-archi | 2009-09-15 23:04 | 生活

バラッドを観た

任侠ヘルパーの草ナギくんがシャープで強い演技をしていたので、その気で観たら、ん~割とフツウだった。

又兵衛がおじさんっぽくて、ちょっとがっかりした。
008.gif008.gif
もう少し刃(やいば)のような研ぎ澄まされた武士なのかと思っていたからだ。

バックツーザフーチャーもどきのタイムスリップで、そこも未消化な台本だったし、もう少し、又兵衛と凛姫の恋愛を中心に描いたほうがより、シンプルで映画として盛り上がったような気がした。

大澤たかおと草ナギくんの決闘シーンは迫力があったが、やはり時代を考えると、最後に決闘に勝った又兵衛が大澤たかおの首を刎ねないのは不自然だ。

そしてラスト、ゴルゴ13のようなスナイパーがつかうライフルもどきで遠距離から又兵衛が一撃で撃ち殺されるのも、すご~く不自然だ。
火縄銃であんなことできるわけはない。

茶番劇だ。

辛口になったが、これがワタシの素直な批評だ。

お金を払って劇場に行き観ているので、もっと感動したかった。
[PR]
# by asaasa-archi | 2009-09-14 23:28 | 映画・TV

9.11

昨夜のニコラス・ケイジの金曜ロードショーを観ていたら思い出したことがある。

9.11事件のほんの少し前にニューヨークを友達と旅行した。
たびたび海外旅行をするわけではないので、すごく奇遇なことだ。

エンパイヤーステートビルを見学して最上階で売っていたNY写真のカレンダーを買ったが当然ツインタワーが写っていた。
そのくらい名所になっているところだ。
帰国してその事件があってからはたびたびその写真を見ていた。

東京も刺激的な街だが、その3倍くらいのスピードで動いている街だという印象があった。
もちろんNYを訪れたのはその1回きりである。

当時は有名なジュリアーニ市長になって、NYの治安もよくなり、ブロードウェイでミュージカルを観た後、夜間でも大通りでは女性のひとり歩きも平気だったので歩いてホテルまで帰った覚えがある。
(NYでは夜間はほとんどタクシーはつかまらない)

1日かけてメトロポリタン美術館を観たが、ルーブルにまさるとも劣らないすごい収蔵量だ。
ルーブルや大英博物館は略奪の歴史を物語るが、メトロポリタンは金銭的な反映の象徴だろう。
なかでもエジプトの部屋はすごく面白かったのを覚えている。
(これで世界三大美術館で見ていないのはエルミタージュのみとなったが、まだそれは叶っていない。)

このあとアメリカはアフガンとの深い闇の戦争にはいっていくことになるのだが、アメリカの人々の悲しみは慮(おもんばか)っても大きいが、ワタシはやはり戦争には確固たる意思をもって No! と言う。

人類の歴史を紐解けば戦争の歴史であるのは間違いないのだが、それでもNo!と言い続ける国がないといけない。
映画でもアメリカの人々の勇敢さが描かれていたではないか。

憎しみを憎しみで報復することは、結局は世界を滅ぼすことになるということを、唯一の被爆国である日本人がまっさきに世界にむけて言い続ける使命があると思うのである。
[PR]
# by asaasa-archi | 2009-09-13 00:15 | 旅行

レンタルDVD

実は今日すごくショックな「はがき」が届いた。

お知らせ
先日あなた様が返却ボックスへ返却された商品が返却期限をすぎていました。
つきましてはご来店のうえ延長金のご精算をお願いいたします。
うんぬん・・・


とまぁこんな文面でした。

1週間¥100で借りたDVDの延長金は1日¥240・・・トホホ・・・
日曜日に借りたとばっかり思っていたのに借りたのは土曜日だったようです・・・

こういうことは結構しっかり覚えているつもりが、あ~あNGです。

で何を借りたかというと、妻夫木くんと池脇千鶴ちゃんの割とマイナー映画で
「ジョゼと虎と魚たち」って題名でした。
千鶴ちゃんがしっかりとおっぱいだして、またそれがカワイイこと~(決してポルノチックな映画ではありません)

これを観て思い出した映画があった。
「もう頬杖はつかない」 
という桃井かおりの出世作

これとなんかカラーが似ていて、日本映画独特のリアリティーなんだなぁ・・・韓国映画には絶対ない。

ボブの髪をなびかせて、長めのフレアースカートでウェッジソールの靴をはきさっそうと早稲田大学を歩く若かりし日の桃井かおりにあこがれた。
確かワタシが大学2年のときだった。

悩める女子大生が男子学生の妻夫木クンに代わったような感じだ。

とそんなこんなでけっこう楽しめたから、まぁ最初から¥340だったと思えばいいか~

劇場にいけば、ドライバー割引でも¥1000するからネ!

はやく「バラッド」観にいこうっと!
[PR]
# by asaasa-archi | 2009-09-09 22:05 | 映画・TV

「高校生クイズ」を観た

毎年観ているもののTV番組のひとつに昨日放送された「ハモネプリーグ」と今日放送された「高校生クイズ」がある。

どちらも、純粋な感動がある。
それは、完成されたハーモニーや知識力の裏に隠された日々の努力が垣間見られるからだ。
共に、個人戦ではなく団体戦だ。

セリクやオリンピックなどの体力の戦いももちろん感動するし、画面上ですごくわかりやすい。
だが、高校生クイズなどはあるレベルを越すと、その努力がわかりにくくなる。
でも思いうかべてほしい。
よくTV番組のクイズなんかを真剣に観て答えようとすると、あ~ホントはわかってるのに・・ここまででてきてるのになぁ~と咽喉のあたりを指したりすることが、必ずあるはずだ。
知っている知識の半分でも答えられればいいほうなのが、クイズである。
だから、出題されて正解できたその3倍以上の知識はあるのだと思うのだ。

受験勉強もあるだろうに、親はハラハラなんだと思う。
ワタシだったら
「こんなことやっている間に単語のひとつでも覚えなさい!」
と怒るか、
「すごい余裕だけど、必ず東大には受かるんでしょうね!」
とか、絶対言ってしまうこと間違いなしだ~

だから、親もできた親だと思う。
イイ意味での、「子が子なら、親も親」ってとこだろう。

IQ150とかすごい子もいるみたいだけど、多分家では普通の子供なんだと思う。

その証拠に負ければくやしがり、勝てば喜ぶという自然な感情がよく現れていたからだ。

そして、勝ったときでも、敗者に対して礼儀をつくす言葉はやはり、努力を積み上げてきたものだけが、言える黄金の言葉であろう。

努力している時は苦しいが、その苦しさの向こう側にたどり着けた感動はそういうものにしか与えられない特権である
[PR]
# by asaasa-archi | 2009-09-04 23:59 | 映画・TV