女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「楔ーKUSABIー」 着々と工事が進行しています。

二世帯住宅ですが、外観はまったくそれを連想させない感じが良いですね。

玄関扉がふたつありますから、連想させないってわけはないかもしれません・・・汗

こにまえは
e0147990_11334351.jpg

現在は

e0147990_11335398.jpg

内部もリビングが勾配天井&梁あらわし で 空間が広々感じます。

e0147990_11335824.jpg







お楽しみに・・・






ZZZ

[PR]
by asaasa-archi | 2016-09-27 11:36 | お仕事

BROOKLYN STYLE  もうすぐ完成です。VOL.2


リビングの壁に自転車が飾られました。

e0147990_11500058.jpg


バッファロースカルも飾りました。

e0147990_11512859.jpg
吹抜のからの あかり 

e0147990_11522830.jpg



キッチンも雰囲気がありますね。
e0147990_11531637.jpg

今回は木製ブラインドが活躍しています。

e0147990_11540577.jpg

e0147990_11542126.jpg

e0147990_11543753.jpg

寝室のカーテンは 斬新なデザイン


e0147990_11552854.jpg

奥様のお部屋はダブルシェードです。

e0147990_11555864.jpg


あとは外構工事の完成を待つばかりです。

お楽しみに・・・







ZZZ














[PR]
by asaasa-archi | 2016-09-24 11:57 | お仕事

「怒り」を観た。

e0147990_14154953.jpg




私はこういう群像劇が好きだ。

最近では、人間の本質をえぐるような映画→吉田修一&李相日 →「悪人」となるが、まさにそのコンビだ。

面白いのは脚本

三人の得体のしれない若者がでてくるが、ひとりは殺人事件の逃亡した犯人で、あとのふたりは全く別の人物なのだが、あたかも なにかでつながっているような錯覚を覚えるようなつくりになっている。

東京 沖縄 千葉 と三か所で舞台を繰り返しながら、信じる心 と 疑う心の葛藤を上手に描いている。

最後にやっと犯人が誰かがわかるが、誰が犯人であるかはそう重要なことではなく、その逃亡劇を巻き込んだ人間模様が、奥深い。

最高の映画

95点






zzz



[PR]
by asaasa-archi | 2016-09-17 14:29 | 映画・TV

BROOKLYN STYLE もうすぐ完成です。

本日はクリーニングです。
本当にもうすぐ完成します。
その前に少しだけ お見せします。

e0147990_13294585.jpg


e0147990_13311042.jpg

e0147990_13321871.jpg

e0147990_13375835.jpg


e0147990_13333055.jpg

e0147990_13364174.jpg

楽しみですね。





Zzz

[PR]
by asaasa-archi | 2016-09-14 13:28 | お仕事

BROOKLYN STYLE  工事中ですが・・・

BROOKLYN STYLE  のおうち 工事中ですが、ちょこっと内部をご紹介します。


リビングの壁にアンティークタイルが貼れました。

e0147990_09274356.jpg


夜はこんなふう・・・
e0147990_09275272.jpg


階段の蹴込にクロスを貼りました。


e0147990_09274882.jpg



独立壁にもタイル

e0147990_09274827.jpg


キッチン廻りはモザイクタイル


e0147990_09274861.jpg



コンセントは業務用の金属プレートにしてみました。

e0147990_09274336.jpg


玄関には 白いタイル


e0147990_09274339.jpg



夜はこうなります。


e0147990_09274833.jpg



ダイニングの壁には 自転車を掛ける スペースをつくりました。




e0147990_09275287.jpg



照明器具はこんな感じ


e0147990_09274326.jpg


e0147990_09274317.jpg




e0147990_09273786.jpg



二階の寝室は勾配天井で広々しています。



e0147990_09274856.jpg

夜は・・・


e0147990_09274836.jpg



e0147990_09452858.jpg


寝室奥の ウォークインクロゼットです。




バッファローの頭部(レプリカです)飾ります・・・


e0147990_09274802.jpg



e0147990_09275274.jpg



楽しくなりそうですね。


完成をお楽しみに・・・・・










zzz


[PR]
by asaasa-archi | 2016-09-12 09:50 | お仕事

「リリーのすべて」を観た。(DVD)

e0147990_09184407.jpg

『「英国王のスピーチ」でアカデミー賞を受賞したトム・フーパー監督と、「博士と彼女のセオリー」でアカデミー賞の主演男優賞を手にしたエディ・レッドメインが、世界で初めて性別適合手術を受けたリリー・エルベの実話を描いたドラマ。

1926年、デンマーク。風景画家のアイナー・ベルナーは、肖像画家の妻ゲルダに頼まれて女性モデルの代役を務めたことをきっかけに、自身の内側に潜む女性の存在を意識する。それ以来「リリー」という名の女性として過ごす時間が増えていくアイナーは、心と身体が一致しない現実に葛藤する。』


まずは、絵が美しい。

1920年代のコペンハーゲン、パリなどの風景がとりたてて美しく、この映画を引き立てている。

それに加えて、画家である夫妻の描く風景画、肖像画も芸術的で、目を見張るものがある。

夫妻の住むアパートメントの一室、夫妻の着る衣服、すべてが計算された美しさをもっている。


ストーリーについてはジェンダーを精神的な病気としてとらえる時代背景をバックに、妻の苦悩、夫の苦悩 それぞれが上手に描かれているが、個人的には理解しえない部分もたくさんあった。


しかし、ゲイではなく、男として産まれたが精神的には女性だったという夫を持った妻側の立場から考えると、男女の愛情を乗り越えて、人間的な愛情へと変化していく感情は、わかる気がした。


様々な角度から視点を変えることにより、掘り下げる価値のある映画だ。







zzz




[PR]
by asaasa-archi | 2016-09-10 09:38 | 映画・TV

本日 上棟でした❗

仮称 二世帯住宅のおうち 本日 上棟しました❗
そして おうちの正式名称が決まりました。
楔-KUSABI-
素敵なお名前です。
晴天なり
e0147990_19160644.jpg

e0147990_19163172.jpg

お赤飯が大好きな私は うれしい限りです("⌒∇⌒")

e0147990_19173564.jpg

こんな うれしいお土産物がついていました。
これを気に 商売繁盛をお祈りします。

e0147990_19190229.jpg

おめでとうございます❕





Zzz

[PR]
by asaasa-archi | 2016-09-01 19:14 | お仕事