女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

「黄金のアデーレ 名画の帰還」(DVD)を観た。

e0147990_950304.jpg


劇場で見逃した映画だったので、レンタル開始を待ってすぐに観た。

「ナチスに奪われた世界的に有名なグスタフ・クリムトの名画を取り戻すため、オーストリア政府を相手に返還訴訟を起こした女性の実話を基に描いた人間ドラマ

この物語は二つの軸をなしていて、ひとつは画家クリムトが1907年に完成させた「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅰ」にまつわる家族の歴史。
もうひとつは、老人になったアデーレの姪マリアと新米弁護士のランディが一緒に このクリムトの絵の相続権をめぐる法廷闘争。
このふたつが、上手に編みこまれ、過去から現在へと流れる時間軸とLAからウィーンへと至る地理軸をなす構成。」



まずは、名作。

失われた悲しい過去の一端を取り戻したいと思う老女の気持ちの機微が丁寧に描かれていて、彼女がなぜここまでしてこの絵を取り戻したかったのかが、手に取るようにわかった。

理不尽に奪われた家族や財産を思うと、人生の最期にするべきことは何か と思ったのであろう。

美しいウィーンの街並みからパンして、セピア色の映像の過去が表れてくる構成で、それが自然にめぐってわかりやすく作られている

法廷闘争は かなり単純化して描かれているが、長い年月を要したことから想像すると、大変な辛苦があったと思う。

音楽もオーストリアづくしで、楽しめる。

二回連続して観てしまった。

「あなたを抱きしめる日まで」のジュディ・デンチとスティーヴ・クーガンのコンビを彷彿させるが、題材の違いからか明るいタッチになっている。


98点

e0147990_10174689.jpg

あらためてクリムトの画集を見てしまう。


zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2016-05-30 10:19 | 映画・TV

ブレイクタイム ロシアのお土産3

トレチャコフ美術館のミュージアムショップで買った 「大人の塗り絵」

e0147990_14404573.jpg


中を見ると ビックリポン
e0147990_14411514.jpg


細かいですよね~

次は ミュージアムペンシルです。
白いのはエルミタージュ  カラフルなのがトレチャコフです。
これは、意外と使えます。
e0147990_1445524.jpg





zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2016-05-16 14:45 | 旅行

ロシア旅行12

6日目  いよいよ最終日です。

モスクワ川
e0147990_13301817.jpg


モスクワ大学です。まるで、宮殿・・・上層階は教授の居室のようです。
e0147990_13312564.jpg


その向かい側が展望台になっています。
冬季オリンピックのスキージャンプ台
e0147990_13335131.jpg

e0147990_1334552.jpg


そして、赤の広場へとやってきました。(クレムリンの横です)

聖ワシーリー寺院 カザン・ハン国への戦勝を記念してイワン雷帝が建造しました。
ネギ坊主の鮮やかな色彩が面白いですね
e0147990_1335281.jpg


e0147990_13381584.jpg

e0147990_13383526.jpg

e0147990_13385263.jpg

e0147990_13395753.jpg


数日前 戦勝記念日で、ここに満杯のひとだかりで お祝いしてました。TVでみました。

つづいて グム百貨店
e0147990_1341398.jpg


旧西側ヨーロッパのデパートとは比べ物にならないくらい小規模ですが、(プラダなんて閉まってたし)モスクワで一番の百貨店です。

これで、今回の旅行は終わりです。

旧共産圏への旅行は 昨年のチェコ・プラハに続き2度目ですが、一般の建物など修繕が行き届いていないという貧しさはありますが、資本主義に毒されていない清廉さがあります。

ロシア人は、とにかく色がまっしろで、髪は金髪、目はブルー 美しすぎて、私たちはつくづく黄色人種なんだなぁ・・・と思い知らされてしまいます・・汗

そして、中国人パワーは全開で、すごい数の旅行者がいます。

今回は団体旅行、添乗員付き、全食事付というコースでしたが、次回ロシアを訪れる機会があるとすれば、是非、個人旅行で来たいと思います。(現地の美味しいものが食べられなかったので)




zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2016-05-15 13:58 | 旅行

ロシア旅行11

モスクワの町はクレムリンを中心に放射状に広がっています。
モスクワ川は蛇行しながら中心部を流れています。

さぁ、いよいよクレムリンです。

衛兵?さんが、美しすぎる・・・
e0147990_10562825.jpg


クレムリンは城塞を意味していて、12世紀に建設されました。
城塞の長さは2235m 総面積は28万㎡です。東京ドーム何個分でしょうか?笑
e0147990_1194439.jpg


橋を渡ってトロツカイヤ塔を観ながら入ります。
e0147990_1058852.jpg


兵器庫 ここは非公開です。
e0147990_1123527.jpg


クレムリン大会宮殿 現在はコンサートホール
e0147990_11234072.jpg


こんなに広いです。
e0147990_11263610.jpg


ウスペンスキー大聖堂 ロシア正教の府教会として歴代皇帝の戴冠式が行われた場所
e0147990_11383960.jpg


イワン大帝の鐘楼 16世紀始建てられた八角形の美しい鐘楼
e0147990_1138214.jpg


アルハンゲリスキー大聖堂  1506年建造 ロシア建築とルネッサンス様式の混合
e0147990_11325853.jpg


ブラゴヴェシェンスキー大聖堂 1489年建造 イワン雷帝の私的な寺院
e0147990_11345468.jpg


大クレムリン宮殿  ニコライ1世が建てた宮殿 内部非公開
e0147990_11362329.jpg


グラノヴィアータ宮殿 15世紀後半 イワン大帝の迎賓館
e0147990_11395669.jpg


おおお!!士官学校の生徒さんの隊列が・・・
e0147990_1141918.jpg

e0147990_11412796.jpg


大砲の皇帝 1586年鋳造された大砲 口径89cm 重さ40t 実際に使用されたことはない
e0147990_114301.jpg

e0147990_11431157.jpg


武器庫 ダイアモンド庫の見学をしましたが、内部写真は撮影不可だったので、写真はありませんが、
武器庫は武器ではなく、歴代皇帝の収集した王冠、宝石、馬車、衣服などの博物館でした。
ダイアモンド庫は、厳重警備で まじの ダイアモンドコレクションでした。スゲー




zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2016-05-15 11:49 | 旅行

ロシア旅行10

5日目 モスクワ
本日は ロシア美術をあつめた トレチャコフ美術館に向かいます。
モスクワの豪商バーベル・トレチャコフが1856年からロシアの画家の作品を収集し始めました。

まずはモスクワの町並み
e0147990_10355073.jpg

e0147990_1036112.jpg

e0147990_10361256.jpg


トレチャコフ美術館前
e0147990_10364660.jpg

e0147990_10379100.jpg

e0147990_10371783.jpg


内部はわりとレトロ感が漂っています。
e0147990_10375717.jpg

e0147990_103857.jpg


絵画よりも彫刻が素敵かも・・・
e0147990_10383159.jpg

e0147990_10384159.jpg

e0147990_10385679.jpg

e0147990_10391187.jpg

e0147990_1039233.jpg


イコン画がたくさんありました。
e0147990_10395110.jpg

e0147990_1040863.jpg

e0147990_10402680.jpg

e0147990_10404541.jpg





zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2016-05-15 10:46 | 旅行

ブライクタイム ロシアのお土産2

e0147990_15543258.jpg
マグネット付のマトリョーシカカレンダーです\(^-^)/
e0147990_15550943.jpg
冷蔵庫に貼れます❗
可愛いすぎる\(^-^)/




Zz

[PR]
by asaasa-archi | 2016-05-14 15:53 | 旅行

ブレイクタイム ロシアのお土産1

e0147990_15304057.jpg
今から、キャビアの大人食い しまーす❗
e0147990_15313802.jpg
キャハハハ
e0147990_15320654.jpg
え~とですね❗
お味は、イクラ系のロシア版と思ってくださいませ。
日本人には やはり御飯にかけて食べるのが一番ですかね❗
オホホホ❗
e0147990_15360661.jpg




Zz

[PR]
by asaasa-archi | 2016-05-14 15:29 | 旅行

ロシア旅行9

4日目 昨夜遅くモスクワについた私たちはそのままホテルにチェックインし、朝から世界遺産 セルギエフ・ポサードへ向かいました。

モスクワから北に70km トロイツェ・セルギエフ(聖セルギー三位一体)大修道院を中心としてロシア正教の聖地として栄えた街です。
1345年から始まりました。
現在は300人の修道士が暮らしているます。(何人もみかけました)

e0147990_14403731.jpg

ここが門で、中には広場を囲んでいくつかの建物があります。
e0147990_14413274.jpg

e0147990_1441448.jpg

e0147990_14415744.jpg

e0147990_1442394.jpg

e0147990_144251100.jpg

e0147990_144357.jpg

e0147990_14431654.jpg

e0147990_14432983.jpg

e0147990_14445847.jpg

e0147990_14451267.jpg

e0147990_14452828.jpg


内部にはイコン画が
e0147990_14461875.jpg

e0147990_1446526.jpg

e0147990_1447529.jpg

e0147990_14472127.jpg


色鮮やかで、おとぎの国のように写真では見えますが、熱心な信者さんだらけの荘厳な場所で、女性は頭をストールで覆うようで、私ももっていたストールを頭に巻いて、礼儀を尽くしました。

ランチは内部にあるレストラン
e0147990_14504882.jpg

e0147990_1451428.jpg

e0147990_1451183.jpg

ビールはあまり美味しくありませんね。(シャンパンやワインはメチャ安くて美味しいのですが)
e0147990_14513379.jpg


帰りのバスから美しい風景が見えました。
e0147990_1454147.jpg


e0147990_14541415.jpg


モスクワに入って
e0147990_14542832.jpg

e0147990_14543977.jpg


本日の観光はここのみで、比較的楽だなぁと思ったら 7000歩でした。

いつも夕ご飯の時間が早いのです 5時ころ・・・汗
e0147990_14571076.jpg

e0147990_14572069.jpg



つづく



zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2016-05-14 14:58 | 旅行

ロシア旅行8

ペテルゴフからサンクトペテルブルグに戻り、早めのディナーです。

ポークグリルとか言ってましたが、要するに豚肉のソテーですよね・・・笑
e0147990_1483068.jpg

e0147990_148466.jpg


いまから陸路モスクワに向かいます。
サプサン号です。
新幹線のような快適な乗り物です。 時速200km モスクワまで4時間の旅路です。
e0147990_1493726.jpg

e0147990_1495378.jpg

e0147990_1410391.jpg

e0147990_14101294.jpg


サンクトの駅 ヨーロッパのそれと同じで、改札はなしです。
e0147990_14124579.jpg

e0147990_1413026.jpg


別の列車も泊まっています。
e0147990_14134110.jpg

e0147990_14151482.jpg


サプサン号が入ってきました。
e0147990_14154410.jpg

e0147990_14155923.jpg


あっという間に4時間がすぎました。車内販売もありましたが、食事をすませたばかりの私たちはなにも買いませんでした。

夜のモスクワ
e0147990_14172757.jpg


今の時期のロシアは日の出が4時半頃で日の入が20時半頃で すごく昼が長いのです。
到着は23時でしたから、もうすっかり夜のとばりはおりていました。
楽しい鉄道の旅でした。



zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2016-05-14 14:20 | 旅行

ロシア旅行7

エカテリーナ女帝の夏の宮殿をあとにした私たちは ランチの場所に
e0147990_10452063.jpg

店の前にはこんな電話ボックスが
e0147990_10455036.jpg

ランチはハンバーグとイモでした・・・笑
e0147990_10462244.jpg


次に向かったのは ペテルゴフのピョートル大帝夏の宮殿の庭園です。噴水が有名です。
海を愛したピョートル大帝はフィンランド湾を望むこの地に、パリのベルサイユ宮殿をモデルに
離宮をつくりました。

e0147990_10482628.jpg

e0147990_10492631.jpg

e0147990_10493896.jpg

e0147990_10495164.jpg


夏が短いこの地方では、噴水で夏を楽しむ習慣があるようですね。
e0147990_10503871.jpg

e0147990_10505077.jpg

e0147990_1051453.jpg


フィンランドとの戦争に勝利した証に 魚はフィンランド軍を表しているそうです。
e0147990_1056753.jpg


e0147990_10565641.jpg

e0147990_1057868.jpg


フィンランド湾 対岸にはサンクトの風景が広がっています。
e0147990_10574545.jpg

e0147990_1058143.jpg





つづく


zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2016-05-14 10:58 | 旅行