女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

街のパン屋さん

行きつけの美容院の筋向いに、新しいパン屋さんができていた。

美容師さんが、お勧めのパンを買いに・・・

e0147990_15491629.jpg


美味しそうですね~

ご夫婦で仲良くやってらっしゃるようで・・・

e0147990_15495732.jpg


e0147990_1550787.jpg


ちなみに、カレーパンは、さっぱりしていました。

お勧めの卵サンドもさっぱりで、都会の味でした~






zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2016-01-21 15:51 | 生活

オープン棚は使いにくいよね。

ホワイトのオープン棚があったけど、使いにくくて、中に入れる収納ポックスを探していました。

カラーボックスの大きさならば収納かごでもボッスクでもたくさんあったけど、そうでないサイズのものはほとんどない。

で、やっと見つけました。

IKEAのボックス

e0147990_1705191.jpg


通販で三つ買いました。

e0147990_1711440.jpg


バッチリね。

e0147990_1732024.jpg


とっても、片付きました。





zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2016-01-18 17:05 | 生活

ブリッジ オブ スパイ を観た


2時間半という長さだったが、それを感じさせることなく、飽きさせることなく終始 息をのむ展開だった。
社会派のストーリーなのに、感動がじわじわと押し寄せてくる。
傑作だ。

e0147990_15222277.jpg


スティーブン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演
1950~60年代の米ソ冷戦下で起こった実話を描いたサスペンスドラマ。
保険の分野で着実にキャリアを積み重ねてきた弁護士ジェームズ・ドノバンは、ソ連のスパイとしてFBIに逮捕されたルドルフ・アベルの弁護を依頼される。
敵国の人間を弁護することに周囲から非難を浴びせられても、弁護士としての職務を果たそうとするドノバン死刑が確実と思われたアベルは、ドノバンの弁護で懲役30年となり、裁判は終わるが、それから5年後、ソ連を偵察飛行中だったアメリカ人パイロットのフランシス・ゲイリー・パワーズが、ソ連に捕らえられる事態が発生。
両国はアベルとパワーズの交換を画策し、ドノバンはその交渉役という大役を任じられる。



脚本もすばらしい。
東西冷戦の真っただ中 ソ連のスパイの弁護を引き受ける場面と、数年後ソ連につかまったアメリカ人パイロットとの捕虜交換の場面の二部構成なのだが、どちらも丁寧に描かれていて、安定感があるつくり。

1960年当時の東西ドイツの風景、ニューヨークの風景もリアルだし、古き良きアメリカ魂というものも理解できた。

俳優も名優揃い。

久しぶりに 良い映画を観れた。

98点








zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2016-01-17 15:34 | 映画・TV

謹賀新年

e0147990_11325864.jpg

明けましておめでとうございます。
旧年中はお世話になりました。
本年もよろしくお願いいたします。
さまざまな事をなして、これからは、今までできなかった事を存分に楽しみたいと思っています。
仕事第一、健康に気をつけ、人との関わりを大切に、益々精進致します。

平成28年 元旦




Zz

[PR]
by asaasa-archi | 2016-01-01 11:32 | 生活