女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

大阪ハムレット を観た。

TVの深夜放送を録画しておいた。

DVDで借りようかと思っていた「大阪ハムレット」
松阪慶子が、大阪の庶民のおばちゃんを上手に演じている。

松阪慶子の夫が急死し、三人の息子が残されたが、すぐに亡き夫の弟がやってきて、同居し始めるという、ストーリーだ。



なんでハムレットという題名なのかというと、亡き父の弟が母親の夫となる という部分が同じというのと、シェークスピアのハムレットが悩みに悩むという 部分が共通しているのかなぁ・・と思った。

この三人の息子がみな素直で、かわいい。
悩める青春時代をそれぞれに、明るく生きている。

頭のいい長男は、恋に、次男は同居する叔父と母親の結婚に、三男は女装し始め・・

日常生活には必ず存在する、悩みや不条理を、まっとうに受け止め、なおかつ明るくそれなりに乗り越えようとする健気さがある。

母親が妊娠することによって、家族とは何かを考え始める息子たちも好感が持てる。

女の子ならこうはいかないだろうが、少年から青年へと成長する過程の男の子だからこそ、こういうふうな展開になったと思う。

お奨めの映画である。
[PR]
by asaasa-archi | 2012-08-31 18:21 | 映画・TV

旅と建築

今度の広島旅行にあたって、どういう観光名所があるのか全然わかってないなぁ・・と思い、書店に寄り、「たび本」を立ち読みした。

全国各地にわかれて何十冊もある。

広島・尾道というふうに、くくられていた「たび本」をめくってきた。

大半が広島市の原爆ドーム、宮島、おこのみ村で、福山・尾道などはちょこっとだった。
従姉の家は福山市なので、今回は広島市には行かない予定である。
(かなり遠いらしい)

鞆の浦には行ってみるつもりだ。
あとは、福山中央図書館

もちろん本を読みたいのではなく、興味は建築だ。

e0147990_21382094.jpg


ガラスとレンガの外装で2棟のようにみせている。

e0147990_21385459.jpg


昭和的なレトロともいえない中途半端な古臭さなんだが、それを現代風にアレンジしたデザインなのだ。
ともすると、ダサイ と言われてしまうような、難しいギリギリの美しさなのだ。
今ハヤリの シャープな感じはない。

でも、是非是非 見たい。

写真で見るのと、実際で見るのは、やはり違う。

思いのほか良かった 場合と 写真のほうが良かった 場合がある。
カメラマンの技術やセンスが原因ではあるが、観る側の思い込みもあったりする。

代表的なものが、札幌の時計台。
ロンドンのBIG BENの日本版と思い、大きいものを想像していたが、思いのほか小さいのだ。
(これは誰しもそういうね)

このように、やはり見なければわからない。

楽しみだ。

昔は建築をやっている仲間とよく、いろんなところを見に行ったが、最近はほとんど仕事に追われできないでいる。

建築男子は、簡単なことを難解に言うという特色がある。
こっけいなくらいに。
まぁ、でも仕方ない。
そういうふうに大学の教授が語るからね。

手書きスケッチ → エスキース
正面 → ファサード

別に、日本語でよくない?


クリックしてね。

にほんブログ村

ホームページもみてね。

e0147990_21562454.jpg

[PR]
by asaasa-archi | 2012-08-22 21:56 | 旅行

夫婦については語れないが・・・

ワタシは残念なことに、5年で夫婦をやめてしまったので、夫婦のなにか についてはわからない。
つまり、夫婦については、多くは語れないのだ。

離婚したのは、不貞があったわけでもなく、DVがあったわけでもなく、金銭のトラブルがあったわけでもない。
ただ、生きる道が違っていただけ と 今は位置づけている。

だから一般論としてだが、夫が働き、妻が専業主婦もしくは兼業主婦という従来のありかたが、少しづつ変化しているのではないか と思うときがある。

企業戦士でバリバリとバブル期に働いてきた男性が、リストラの憂き目にあい、失職するということも今は珍しい話ではない。
兼業主婦として地道に働いてきた妻のお給料が、そのピンチにものすごく役に立っている という場合だってある。
優秀な夫は、家事も卒なくこなし、主夫となって、また一家をささえている こともある。

失速した日本経済はこういう現象を生み出し、また新たなる夫婦像ができつつあると思うのである。

夫や妻が、逆転だと思うことなく、働けるほうが働き、やれるほうが家事をやる というのを世間も認め、

社会で働きお金を稼ぐ>家事をする

という優劣の法則の観念を排除できたら、日本の夫婦像も新たな一歩を踏み出せるのではないかと思う。
そうしたら、人として縛られる概念がひとつ減る。
楽になれると思うのだ。

既成概念を排除することは容易なことではないが、今までの歴史を顧みれば、既成概念を排除できた先には、必ず時代にマッチした概念が生まれている。

人間は素晴らしい順応性を持っている。

リタイアした夫婦にだって当てはまる。

男性のほうが合理的に考えられる一面もあるから、家事も男性にまかせれば、画期的にやりやすくなるかもしれない。
だって、今は電化製品がある程度はやってくれる。

洗濯は洗濯機
乾燥は乾燥機
食器洗いは食洗機
掃除はルンバ

料理だけは、創意工夫が必要なので、これは腕を磨いていただく。
男子の料理は、別段珍しいことではない。

父がやっていれば、息子だってやる。

じゃぁ、妻は新しく何をするべきか?

バリバリと外で働いてみよう。
別に特殊な仕事をしなくたっていい。
自分に合う仕事なら、やりやすいだろう。

それに、家事は夫にまかせているのだから、仕事だけやればいいのだ。
こんなに楽なことはない。
家に帰れば暖かい夕食ができている。
最高だ。

こういうご夫婦がどんどんでてくれば、日本も変わる。

考えただけでも楽しいじゃないか!

料理上手な男性だったら、ちょっとイイなぁ・・と思うときがある。
会うたびに、新作料理を披露してくれる中年男性なんて、メチャかっこいい。
日本のどこかに いるのでしょうか・・・
夢ははてしない・・・

クリックしてください。

にほんブログ村


ホームページをご覧ください。

e0147990_0313113.jpg

[PR]
by asaasa-archi | 2012-08-21 00:34 | 思うこと

ワタシという人間

自営業になってから、ワタシはいつも仕事(建築)のことを考えている。

四六時中だ。

もちろん休日もだ。

街を歩いていても、TVを見ていてもだ。

悲しくなるほどだ。

多分自営業の方は多かれ少なかれそんなふうだと思う。

その合間に、子供のことを考えたり、母親のことを考えたり、今日の夕ご飯何にしようか と考えたりしている感じなのである。

まったく、単調だ。

もちろん仕事自体は単調ではなく、楽しく、苦しく、面白く、せつない。

夫がいないので、自由に時間を使えるが、男性の方は、妻の世間話に付き合ったり、愚痴を聞いたり、機嫌をとったりと、さぞかし大変なのではないかと、お察しするのである。
なぜか、オトコのせつない気持ちがわかったりする。

中年サラリーマンのおじさんの気持ちがわかってしまうのである。

奥様に
「仕事と家庭とどっちが大切なのよ!」
と聞かれたら、
「もちろん家庭にきまってるじゃないか。愛してるよ。」
とか言わなければいけないし、

「ちっとも子供の教育に関わってくれないのよね!」
と怒られたら、
「すみません。キミあってのボクだよ。」
とか言わなければいけない。

大変だ。

つくづく女子でよかった。

突拍子もない話だが、もし、ワタシがオトコで、妻をめとるならば、

お金をつかわない体質で、なおかつ夫がお金を使っても文句を言わず、

仕事には理解をしめし、専業主婦であるが、自分の手伝いをしてくれて

料理は上手

自分からどこかに遊びに連れてってなどとは言わず、
ここに遊びに行こう と言ったら、素直にそうね と言ってくれる。

実家は遠く、兄弟の付き合いもない。
自分の親には、そこそこ、うまく付き合ってくれる。

こういう妻が最高だ。

で・でも、100% 女性から非難を受ける発言だ。

いやいや、人間なんて、自分勝手にできているのだから、言いたいことを言わせたらこういうふうになるものだ。

あくまでも、仮定の話で、あくまでも、理想の話ですから・・・

まてよ、ワタシはまずオンナだから、仮定も理想もない よね。

もとい。

夫にするのならば、上記の条件を満たした男性だ。と言い換えます。


クリックお願いします。

にほんブログ村

ホームページも見てください。

e0147990_2342462.jpg

[PR]
by asaasa-archi | 2012-08-19 23:44 | お仕事

ピッツァ

今日は、お客様とショールームに行きました!

で、ランチはピッツァです(*⌒▽⌒*)
e0147990_191858100.jpg


ゴンゴゾーラチーズなど4種類のチーズが乗ったピッツァです。

蜂蜜が、かかっていて、すごく新鮮な味です!
[PR]
by asaasa-archi | 2012-08-18 19:21 | お仕事

夏野菜の夕御飯

今日は、無人販売で野菜をたくさん買ったので、夏野菜の献立にしました(^-^)


e0147990_18424558.jpg



左上から、冬瓜と豚コマ肉の薄甘煮
さっぱりと薄味にして、少し冷めたほうが、食べやすいです。

右上は大根おろしの花かつお掛
キリリと辛い味は、暑さ負けを吹き飛ばしますね~

左下はキュウリとワカメの甘酢あえ
酸っぱいものは、夏の定番です(*⌒▽⌒*)


右下は南瓜と玉ねぎのマヨネーズサラダ
です!
マヨネーズは、夏バテには、とてもいいですね!


クリックしてね。

にほんブログ村

ホームページも見てね。

e0147990_20591468.jpg

[PR]
by asaasa-archi | 2012-08-17 18:52 | 30分クッキング

おひとりの昼食

今日は、ひさびさに終日お休みです!

で、お昼ご飯は、サンドイッチを作りました(*⌒▽⌒*)
e0147990_16512341.jpg


昨日はイタ飯屋さんでランチしました(^-^)

サラダ
e0147990_16555660.jpg


メインディッシュのピザは撮るのを忘れてしまいました!
e0147990_16574418.jpg


thank you for your click

にほんブログ村
[PR]
by asaasa-archi | 2012-08-11 16:57 | 生活

隣の芝生は間違いなく青い!!

バーゲンの時にしか行かないが、行きつけのブティック(伊勢丹内)のおねえさんに先日言われた。

「えーやっぱなんか、お仕事は「士」がつくと思ってましたぁー
建築士なんですね!」

「はい、そうなんですよ、別に隠すこともないですが、あらためてお知らせすることでもないのですが・・」

ブティックのおねえさんはお仕事上のトークなので、弱冠 お口が上手なのである。

「うわぁぁカッコイイですね。」

「はい!そう思うでしょ!でも、全然かっこよくないんですよね。」

「え!どこがですか?」

「はい、ワタシは毎日家の一室で、ずうっとパソコンに向かって図面を書く毎日です。なので、髪はボサボサ、化粧は出かけるときにしかしないし、夏はムームーを着て、独り言をブツブツ言いながら、仕事をしてるのですね。」

「うわーホントですか?漫画家みたいですね!」

「おぅーそうです、その通りです。」

と相槌を打ったが、よくよく考えると漫画家の知り合いもいないので、ほんとうに漫画家さんがそうなのかはわからないと思い返した。

「へぇー毎週なんかのパーティーに出かけている感じだと思ってました。」

まったく、どこからパーティーが降って沸くのか・・・
結婚披露宴のパーティーでさえも、もう何年も行ってない。

確かにお勤めしているときには、毎日パンプスをはいて、シャツにジャケットを羽織り、若い女子社員のまけじとダイエットに励み、週末はかっこいいバーみたいなとこに寄っていた。
が、それはもう10年以上も前のことだ。

そういえば、同年代でしっかり働いているママ友はやはりみなりが綺麗だ。

お勤め帰りにスーパーで買い物しているのを見かけるが、ヴィトンかエルメスかロエベのバッグを片手に、ふわりと巻いた長い髪をなびかせている。

ヒールの靴をはき、背筋はしゃんと伸びている。

ところがワタシはどうだ。

ムームーにレギンス、巾着にペタンコのサンダル履き。
ノーメイクで、髪は黒いゴムでしばって、ばたばたと忙しくお刺身なんかをかごに入れている。

なんという違い!

夜だって、深夜までも仕事にいそしんでいる。
水割りをちびちびと飲むあたりは、オヤジギャルならぬ、オヤジ化したただのおばさんだ。

先日、思いがけなく、前夫の兄嫁に街でばったり会った。

二言三言、話をしたが、「とうとう再婚しなかったんだね。」と言われたが、

いやいや、ワタシ的には、まだ、オンナやめてないんで、これからとうこともあるんで・・・

と言葉にはしなかったが、心のなかでは、密かにつぶやいたのだった。

が、やっぱオンナやめたみたいに思われたに違いない ね。

だって、オヤジ化したおばさん だもの。


クリックしてね。

にほんブログ村


ホームページもみてね。

e0147990_0244100.jpg

[PR]
by asaasa-archi | 2012-08-09 00:05 | お仕事

便利なカード

もう何年も前に、知り合いがもっているのを見て、作ってしまったカードがある。

JRのエクスプレスカードだ。

クレジット機能付のカードで、パソコンや携帯電話から、JR新幹線の予約とか取り消し変更ができるというものだ。
だから、しょっちゅう全国各地を飛び回るビジネスマンにはとぉっても便利なカードなのだ。

まったく全国も飛び回らないし、旅行だって、ほとんど行かないワタシには、はっきりいって無用の長物なのだ。
だから、なんでつくったのか、いまでも不明だ。

年会費は千円かかっているので、やめようとも毎年思っているが、いやいやそのうちに、旅行とかバンバン行くようになるかもしれないし。。なんて思い返して、未だに持ち続けている。

たった1回 東京に行くときに使った。

でも、静岡からだと、1時間で東京に着くし、何本も便があるので、予約どころか、指定席の必要もない。
行きたいときに家をでて、乗れる便に乗ればいい。

それにmysonは小田急線沿線なので、彼のアパートに行くときには、小田原から小田急に乗るほうが便利だし安いので、東京駅にさえ最近は行かない。

でも、いよいよ使うときがきた。

今度、広島に旅行に行くことにした。
正確に言うと、広島に嫁いだ従姉の家にぷらっと遊びに行くのだ。

しかも4泊5日という豪華日程だ。

ばぁぁぁーん
と夏休みをとって休暇をすごすことにした。
しかも宿泊代は ただ だし、食事もこっそりいただいちゃうつもりでいる。

アハハハハ

いい考えだ。

で、さっそく新幹線の予約をこのエクスプレスカードでパソコンから行なうことにした。
さすがに、広島という、はるか「西の果て」に行くのに、ぷらっとはできない。 

まぁ「西の果て」とはいささかオーバーだが、静岡からだと、京都大阪すぎると、みな同じように「西の果て的」感覚になる。

なんとか、1時間くらいかかって、パソコンから予約できた。

おーすごい便利だね。

しかも付属のもう1枚のEXカードを改札の機械にかざすだけで、キャッシュレスらしい。

なんだかちゃんとできるだろうか・・・
あまりにも近未来的で心配になる。

でもでも、これからは、バンバン旅行とか行っちゃうつもりだもんね。

冬にはジャカルタに行こうと思っている。
(前述したが、ママ友がダンナの赴任に同行している)

mysonが大学を卒業したら、遊ぼうかと思っていたが、いつになるかわからんので、前倒しして、遊ぶことにした。

だって、ワタシは一人で息子を大学までだした(いやいやだす予定)し、家も建ったし、母も最期まで看取るつもりだ。

借金もない。(貯金もないが)

やるべきことは、全部やった。

それに、早くしないとワタシ還暦になっちゃうモン!!


クリックしてね。
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


ホームページも見てね。

e0147990_2311060.jpg

[PR]
by asaasa-archi | 2012-08-06 23:04 | 生活

DVD 宇宙で一番ワガママな星・大木家のたのしい旅行を観た

相変わらず、土日は打ち合わせで忙しい。

なので、頭が混乱しないように、1件の打ち合わせが終わると、DVDを観てリフレッシュしている。

本日は2本続けて観てしまった。

「宇宙で一番ワガママな星」

カップヌードルの会社が懸賞で一般人5名を宇宙旅行に招待するという企画に応募して、その5人が宇宙に行くという近未来のお話だ。

行く前の訓練で、ロシアの某所での2週間がおもしろい。
閉鎖された場所でくりひろげられるへんてこな訓練や、5人の今までの暮らしをリセットしたいという気持ちと宇宙旅行がつながった発想がとてもよい。

おもしろいので、是非観ていただきたいので、ネタバレはしないでおく。
5人の性格描写がていねいに描かれていて、久々に良かったと思えた。



次は

大木家のたのしい旅行 だ。

これは新婚夫婦がひょんなことから地獄への1泊2日の旅行に出かけるというお話だ。

真面目に地獄の旅行が描かれている。
それはもう、想像をこえた突拍子もない場所なのだが、コメディ要素が多々あって、あっという間に観れる。

竹之内豊がいい芝居をしている。
そして、新婚にして倦怠期の夫婦が、愛に気づくというほっかほかのエンドが待っている。
これも観て欲しい。





クリックしてね。
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


ホームページも観てね

e0147990_2336582.jpg

[PR]
by asaasa-archi | 2012-08-04 23:36 | 映画・TV