女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

才能が生まれる場所

ワタシの母にとってmysonは、初孫であり、たったひとりの孫であり、ウチの跡継ぎ男子であったので、それはもう、大事に育てていたし、躾もきびしかったし、勉強面でも、教育ババ全開であったと思うのだ。

それは、ワタシがmysonに対して抱く期待よりもはるかに大きかったように思う。

なぜならばmysonが小さい頃はワタシ自身が人生に対して自分中心思考の真っ最中で、子供の教育に対する上昇志向よりも自分自身への上昇志向のほうが、だんとつ高かったからなのである。
30代前半のワタシは、建築士としての仕事を登りつめ死ぬまでに完結させたいという、強い思いがあった。

mysonが幼稚園に入り、年中さんくらいになると、母はピアノを習わせよう と言い出した。
なぜなのか今思うと、ワタシがはるか昔使っていたピアノがリビングにあった という理由だけだったのかもしれない。
おとなしいmysonはyesでもなく、noでもなく ピアノの先生が毎週家に来てくれることになった。

楽器という習い事はフツウの習い事と違って、練習しなければまったく意味をなさない。
そのときだけやればイイというものではないのだ。

母に促されて、ワタシは朝の出勤前のクソ忙しい時間に、mysonにピアノのレッスンを見守る役目になった。
ソナチネの前段階の練習曲だったので、ワタシもそのくらいはなんとか、練習をつけられたのだが、mysonは別に好きでやっているワケでもなかったので、上手になっていくわけもなかった。

ただ、毎年1回発表会があるので、その時期がくると、ワタシと先生は必死こいて mysonに練習をさせた。

mysonはおとなしく、好きでもなく、嫌いでもないといったふうに淡々とピアノをひいているばかりであった。

最初の発表会の時のことである。

舞台の左袖からでてきて、ピアノな前で止まり、お辞儀をし、そして演奏にはいるという、ごくごく単純な動作であった。
当然mysonよりも小さい子供も、いたので、ワタシと母は客席で、もううまく弾けるのかはらはらドキドキしながら、順番を待っていた。

mysonの番がやってきた。
舞台の左袖からでてきた彼はピアノの前で止まり、客席に向かってお辞儀をすべきところ、くるりと向きを変えて、ピアノに向かってお辞儀をし、演奏を始めたのであった。

一瞬 客席にどよめきが起こった。

ワタシと母は、心臓がとまり、身体はコチコチに固まってしまった
前の席の父兄が、「あの子、困った子だねぇ~お辞儀の仕方も知らないなんて・・」とつぶやいた。
その親が後ろの席にいることも知らずに・・・

その一言でまた、ワタシと母は、顔から火がでて、顔面が真っ赤になった。

親の心 子知らずで、演奏を終えたmysonは再度ピアノにむかってお辞儀をし、舞台の右袖に帰っていった。
また客席にどよめきが起こり、いつしか笑いになった。

初めてのピアノの発表会で笑いものになったmysonの話である。

生まれた才能は演奏技術ではなく、天然のバカキャラだったのである。

親としては、泣くに泣けない情けない話なのである。



ホームページをご覧ください。

e0147990_1319178.jpg




↓クリックをお願いします。順位が下がりました・・涙
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-09-30 13:25 | my son

美人の条件

昨夜 深夜に国分太一くんの司会で、様々な国の外国人と「ニッポン」についてゆる~いトークをする番組をTVでやっていた。

NHKがやるような、真面目な番組ではないので・・・

そこで 美人とは というお題で 日本、ブラジル、アフリカ、ロシア(多分)の国の人たちにアンケートを行った結果を発表していた。

日本は「北川景子」とか「仲間幸恵」とかで、髪が長い色白が人気

ブラジルでは 体型のほうが大事で ギター型 つまり ウエストが締り、バストとピップがバン!という女性だった。

ロシアはシャラポア。

で、アフリカのごこの国だったか忘れたが、とにかく 尻デカ が美人だった。
私たちが考えるような尻デカとはスケールが違い、ただ太っているだけともみれる体型の美人が一番人気だった。
尻パットが入ったガードルがごく一般的に売られているらしいから本当のことだ。

こちとら どんだけ尻が小さくなるかで、ギューギューのガードルをお出かけの際にはいたりするが、彼らにとっては愚の骨頂らしいのだ。
尻デカは 女性に対する褒め言葉だというから、すごいもんだ。

そういえば、以前韓国に旅行して38°線ツアーに参加したときに、脱北者の女性が同乗したが、北朝鮮では、太っていることが美人の条件だと言っていた。
かの国では、ダイエットという言葉は存在しないとも言っていた。(これ 自慢か?)

かつて日本でも平安時代の美人の条件は 細い切れ長の目とおたふく顔だった。
平安絵巻の十二単をまとった高貴な女性の顔は みなそうだ。

明治時代になって西洋文化が入ってくると美人の条件はガラリとかわった。
ぱっちりとした目と厚い官能的な唇、長い足がもてはやされるようになっていったのだ。

そして小顔

mysonは目はぱっちりしていたが、顔が人よりもでかいと思っていたらしく(ワタシからみればまるでわからないが) 高校時代には毎晩 ドンキで買ってきた小顔マスクをして寝ていた。

夏のある日
「あんた そんなもんつけて寝ていて 顔 蒸れない?」
と聴くと
「お~ブツブツができてきたから、夏はやめる」
と言っていた。

お顔の手入れも余念がなかった。
ワタシが使っているコットンは安物でものがわるい といい 自分で高級コットンを用意して、化粧水をパンパンはたいていた。

足のすねに毛が生えているのを気にして、ガムテープみたいなのでバリっ!って剥がす脱毛をして、痛すぎたのか、よく涙目になっていた。

大人になったら、髭を永久脱毛したい と言ったので、このときには、真剣に怒った。

ばかも休み休み言え と・・・

男の子でさえも、このくらい美容に気を使う時代なので、さぞかし若い女の子はすごいことであろう~

話がそれたが、世の中に男と女がいるかぎり、みな美男美女に近づきたくて努力をおしまない。

すごく 健全なことだ。


ホームページをご覧ください。

e0147990_1771794.jpg



↓みなさま~クリックをお願いします
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-09-29 17:11 | 思うこと

かわいすぎる こどもコーナー

昨日 お客様の家に行ったら、和室の一角に「こどもコーナー」ができていた。

カワイイ~

ちっちゃい机&椅子とブックラック 

e0147990_9141217.jpg


この和室、LDKとつながっていて、今は2歳のお嬢様の遊び場になっている模様。

こんなところで、毎日遊べれば、すごく 幸せなことまちがいない。

お庭のパーゴラの前には、専用のブランコも滑り台も設置されていた。

光が燦々と降り注ぐ素敵なおうちと 幸せがあふれている家族

ワタシの仕事は幸せ家族計画のヘルパーさんに似ている。

のびのびと、素敵なお嬢様に、なってくださいナ。




ホームページをご覧ください。

e0147990_919294.jpg
 


↓クリックで応援してください。
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-09-28 09:24 | お仕事

かゆいところに手が届く

若い頃は、自分の身体のどこにでも 手が届いた。
背中でも、おしりでも、足のつま先でも、どこでもだ。

が、年々 手が届かない場所が出現してくるようになった。
特に背中
時々背中がかゆくてしかたがないときってある。

かゆーい
そして、ちょっとでも掻き始めると、さらにかゆくなってくるから不思議だ。

でも、ワタシんちには、長いものって結構たくさんある。
今でこそ図面はパソコンで描いているが、手書きだったころの道具がたくさん残っているからだ。


e0147990_1238223.jpg



右から 三角スケール(L=30cm)
これは木製であるので、背中に優しい。
それに断面形状が三角形なので、さまざまな方向から背中を刺激して、なんとも心地よい。
ただ、ものすごいかゆみには、少々もの足りないときがある。

右から二番目 ステンレス定規(L=30cm)
なにしろステンレスで角が尖っている。
背中がかゆいときに、優しく掻いていると段々と余計にかゆくなっているものだ。
そういうときには、これに限る。
痛いくらいに、掻くことが可能である。
M系の人にお奨めなツールである。
ただし、扱いには要注意である。
背中に傷ができることもある。

右から三番目 45cm定規
長くて、巾もあるので、操作性に優れている。
硬くなって手が届きにくいところでも なんせ45cmもあるので、ばっちりなのである。
角で刺激してもよいし、線で刺激するもよい。

一番左が 正統派の孫の手である。
ばあさんがデイサービスから敬老の日にもらってきたものである。
だからそれほど高価なつくりにはなっていない。
手先のギザギザの部分がちゃんと研磨されていないので、かなり刺激がある。
ただし持ち手がふくろうになっているので、持ちにくくブラの間に入れにくい。

このようにかゆみの程度によっても、様々なツールで対応できるようになっている。

信じられないだろうが、こういう仕事をしていると、定規で背中をかくって 特別なことではない。
「え~うそ~信じられない~」と言っているそこの女子!
誰も見ていなかったら、アンタもやっているでしょ!!


ホームページをご覧ください。

e0147990_12501831.jpg



↓クリックしてちょー
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-09-27 12:57 | 生活

シリコンスチーマーにわくわく!!

今はやりの シリコンスチーマーを先日の旅行の際に成城CORTYで購入した。


e0147990_14472952.jpg



色もカワイイ VIVIDなものが多くて 迷いましたヨ


お値段は多分¥2000 程度だったような・・


形もいろんな種類がありました~


e0147990_14473920.jpg



なんだか、お料理が楽しくなりそーですぅ。


さっそく本日はヴァーニャカウダーでも やりましょか!!





ホームページをご覧ください。

e0147990_144936.jpg





↓クリックを忘れるべからず~
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


ZZZ
[PR]
by asaasa-archi | 2011-09-26 14:53 | 30分クッキング

お仕事と敬語

母は三箇所のデイサービスの施設に毎日交互に通っている。

それぞれ担当の相談員の方がいらっしゃって、連絡事項などはその方とお話できるようになっている。
みなさまとても、親切で良い方ばかりなのだが、そのうちのおひとり(30代男性)の方の言葉使いが、ものすごく綺麗なのである

母のことは名前に「さま」をつけて呼ぶし、電話の最後には「かしこまりました」と言う。
「さん」つけで呼ばれることも多いし、「かしこまりました」 よりは 「わかりました」 のほうが多く使われるので、最初は あまりにも綺麗な敬語を使われるので、こちらがかしこまってしまったほどだった。

高級デパートとか高級ホテルにでも行かない限りこういう綺麗な敬語をきくことはあまりない生活を送っている。

ワタシもお客様商売なので、ご夫婦の方には「ご主人様」「奥様」と呼びかけるし、「了解しました」などという俗っぽい返事はしないで「承知いたしました」とか「承りました」とか、答えるように心がけているし、お客さまが、自宅に打ち合わせに訪問される際には、必ず駐車場までお出迎えにいくし、お見送りもする。

社会人としても基本であると思っているからだ。

が、最初からこういう礼儀を身に着けていたわけではない。
もともと新卒で入った会社では、設計部門にいたので対外的に電話を取る事もなかったので、こういう接客言葉の研修などは受けたことがなかった。
それ以後も社外からかかってきた電話をとることもなかったので、恥ずかしくも敬語をまともに話せない大人になっていた。

仕事と敬語の深い関係はかかせない。

子供が学校にあがり、教師と話すことが多くなると、敬語をまともに使えないと、やはりまずい。
家庭に上流下流があるとすれば、経済的なことではなく、言葉使いで区別されるからだ。

たとえ貧乏でも、言葉使いが美しく、食事の仕方が綺麗ならば、上流なのである。
お金なんて、これからいくらでも稼げるが、小さいときから身についた躾はなかなか直せない。

これは正しい世間の基準で、ワタシも、mysonが結婚したいというお嬢さんをつれてきたら、言葉使いと、箸の使い方をまず、見てしまうと思うのだ。

大正生まれの母は なんでも「お」をつけた
「おにんじん」「お野菜」「お机」などで、ワタシはそれに反抗し、ばかみたいに「お」をつけることはしなかった。
山の手の奥様ではなかったので、父に対して敬語を使うことはなかったが、父のことは他人には「主人」と呼んだ。

まるでご主人様と召使のようで、ワタシはそういう呼び方があまり好きではなかったので、結婚していた頃は「夫」と他人には言った。
が、まだまだこの頃 夫の呼び方を「夫」と呼ぶ妻は少なく、みなから奇異の目でみられたが、専業主婦ではなく、職業婦人(この呼び方も古っ!)であるという自負の表れだったのかもしれない。
もちろん結婚指輪も会社にはしていかなかった。

今考えるとそうとう 頑なな態度だったのかもしれない。

若かった。

言葉使いには、こういう意思の表れという意味もある。
わざとぞんざいな言葉を使って 意思を伝えたいときもあるからだ。

が、家のなかで喧嘩してぶちきれたときは、きたない言葉使いのほうがいいときもある。
だって、綺麗な言葉使いでは、やはり喧嘩したときには迫力にかけるからである。
だまってしまうよりは、ぶちまけたほうが、あとくされも少ないし・・

いつも美しい言葉を使うなんてことは、現代ではなかなか難しいので、ムリをしなくてもよいが、仕事とか、学校とか、ここぞという大事なときには、やはり綺麗な言葉で話せたら、素敵なことだと思うのだ。

相手に対して敬語を上手に使うということは、相手だけでなく、自分の格をあげることにもなる。


ホームページをご覧ください。

e0147990_22204727.jpg



↓クリックしてくださいませ~
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


zzz






 
[PR]
by asaasa-archi | 2011-09-25 22:24 | お仕事

うさぎドロップ を観た。

芦田愛菜ちゃんは、相変わらずキュートだし、松山ケンイチの芝居も上手だ。
脇の役者も全て、ベテラン揃いで、いうことはない。

が、いかんせん ストーリーとか設定が現実離れしているのだ。

松山ケンイチが母方のおじいさんの葬式にいくと、そのじいさんの隠し子だという愛菜ちゃんがいる。
不思議な雰囲気を持つ子供で いとおしくなる。
だからといって、独身の松山ケンイチが引き取ることになるというのは、かなり無理がある。


松山ケンイチの母役の風吹ジュンは
「子育てがどれだけ大変だと思ってるの!私は全てを犠牲にしてきた!」
と諭し、
養護施設関係者役の高畑敦子は
「子供はうそもつくし、いつもいい子ではいない。それだからといって途中で放り出すこともできないんだから!」
と 諌め、
大半が反対するなか、彼と愛菜ちゃんは ままごとのような生活を始めるのだった。

以下ねたばれ あり です。

気になるのは母親の存在なのだが、これまた、最悪の母!
おじいさんが生きているころには、愛菜ちゃんとその母と三人で住んでいたのだが、漫画家の卵で、仕事のさまたげになるのではと、生まれたときから、自分のことをお手伝いさんだと言い聞かせていた。

もちろん子供をひきとって育てる気などもうとうないし、愛菜ちゃんが行方不明になったときでも、漫画に没頭しているような女だった。

なんでこんな最悪の母なのだ と心底怒り心頭する。

で、香理菜演じるシングルマザーが登場する。
これまた母親とは正反対の、母性あふれるイイオンナで、松山ケンイチと恋におちる という話だ。

安直だろ!

こんなんだから、展開に驚きやら感動はない。
ただただ 愛菜ちゃんが かわいいだけだ。

これなら「マルモのおきて」の阿部サダヲのほうが、人間ぽくて ずっと好感がもてる。


ホームページをご覧ください。

e0147990_2214781.jpg




↓クリックのおめぐみを・・・
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村



zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-09-24 22:16 | 映画・TV

秋の気配

今日はすっかり暑さがなくなって、心地よい気温。

いよいよ秋はもうそこまで

暑さ寒さも彼岸まで とは 昔の人はよくいったもんだ。

本日は、秋をご堪能くださいませ。





次は、故郷を離れて暮らしている方 涙なしでは聴けませんね・・・





ホームページをご覧ください。

e0147990_23444741.jpg




↓クリックで応援してくださいね。
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-09-23 23:46 | 生活

まいにち 富士山

myson訪問旅行の最終日は、日比谷で映画を見て、銀座をブラぶらしたので、帰路は東京駅から新幹線ひかりにのった。

東京駅は毎度のことながら、人の波でごった返していたが、東北応援shopに立ち寄り、うに+いくら+かにのせ駅弁を買った。
なんと¥1600もしたが、まぁ、こんなときでもなければ、こういう豪華駅弁は食べられないだろうと思った。

指定券を買っておいたので、さっそく座席につくと、隣の3人席は関西方面からのおばさま集団が帰路につく感じだった。
「ねーねー添乗員さん!富士山は何時ころ見える?」と大きな声で聞いていた。
添乗員も、「そうですねー熱海を過ぎて少したってからなんで、○○時ころでしょうか~」とアバウトに答えていた。

ワタシは通勤していたときには、国道一号線でも、国道150号線でも、安倍川の橋を渡るときには、大きな富士山を毎日見ていた。
だから、富士山とか特別な存在ではなく、ごくごく日常の風景だったのである。
だから、新幹線に乗るときでも、別に富士山を意識したことはなかったのである。

関西弁のおばさまたちが 富士山熱が横浜をすぎたあたりから加速しだして、もーワタシは気になってしかたなかった。

「右側から見えるっていってたけど、右側はみんなカーテンしめちゃってるから、もー」
とか 言った。
思わず、ワタシはカーテンをさりげなく 開けた。

あまりにもおばさまたちが キャーキャー言っているので、熱海から横にすわったおじさまも、窓をじっと見つめ出した。

ワタシは右側の窓側の席だったので、みんなの視線をずっと感じつつ、耐え切れず、早く富士山 見えてくれないかな~と心待ちにするようになった。

富士の製紙工場群が現れると、いっきに富士山が顔をだした。

でかっ!!

こんなに間近に見えたなんて、今まで気づかなかった・・

いったん姿を隠すと、また現れた。

やっぱ、でかっ!!

おばさまたちは、まるでヨンさまを見るかのごとく、キャーキャー騒いでいる。

ばんざい を叫び出すことはなく、手を合わせて拝むこともなかったおばさまたちだが、ワタシが静岡で降りるまで、富士山の話題は尽きなかった。

やっぱ富士山の威力はすごいゾ!!
世界遺産の登録申請をすることになったようだが、そんなものしなくたって、十分日本人にとっては、限りなくご神体に近い存在なのである。

そーいえば、富士山 っていう 小学唱歌 よく 歌ったなぁ・・・


ホームページをご覧ください。

e0147990_0193257.jpg



↓クリックして応援してね!
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-09-23 00:23 | 旅行

不思議の国のうさぎ WISE・WISE tools

東京ミッドタウン ガレリアの WISE・WISE tools で買ったもの

不思議の国のうさぎ

e0147990_15584448.jpg


ひとめで 気に入った商品だった。
本日宅配便にて 届いた。

木製で 雰囲気のある逸品。

もうひとつは、陶器の花器

e0147990_1559320.jpg


エキゾティックな形と質感が なんとも言えず 異国情緒がある。

旅のお土産には、最高のものを買うにかぎる。


ホームページをご覧ください。



e0147990_16183968.jpg



↓クリックして応援してください。
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-09-20 11:39 | my son