女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

指圧のおばさん2011

何年か前にも、ブログで書いたことのある 指圧のおばさんの話。

高校時代からの肩こりは、こういう仕事になってから、益々悪化の一途をたどり、毎月この「指圧のおばさん」のお世話になっている。

おばさんは多分60代だと思う。
太っていて、無口である。

すんごいレトロな(いわゆるオンボロ)自宅でやっている。
並大抵のレトロではない。
なんたってサッシは木製で、ちょっこっとでも風がふけば、ガタガタと音をたてて揺れ、すきま風というにはあまりにも大量の風が家に吹き込む。

40年くらい前の家でも、アルミサッシを使っていたから、この家は多分それ以上の年月がたっている。

でも、おばさんの指圧は天下一品なのである。
90分で5千円だから、安い。
しかも、ぐいぐいと、その太い指がツボにはまって、うぅぅぅぅ~といううなり声が自然にでてしまう。

全身指圧だから、頭のてっぺんから足の先まで、至れり尽くせりなのだ。
おばさんが、「もう、アタシ歳だから、廃業するワー」とか言われたら、多分ワタシは途方にくれる。

mysonが生まれたくらいから通っているので、20年のつきあいなのである。

トモダチのエステサロンにも通っているが、そういうところは必ずアジアンティックな癒しの音楽が流れ、アロマの香りとともにゆっくりと眠り、エステシャンの女性は美しい敬語を話し、終わったら、なにやらわからぬ ティーが でてくる。
まさに高級マダムのサロンである。

ここにはそういうアイテムは一切ない。
古ぼけた畳を隠すがごとく いぐさカーペットが敷かれた4帖半の部屋の真ん中には、せんべいふとん。
無音の部屋。
おばさんが飼っている猫のニュアーニャーという鳴き声がときおりするくらいである。
もちろんアロマなぞないし、終わったらさっさとお金を払って帰る。

それでも、通い続けているのには理由がある。

薄いせんべいふとんは指圧のときには必要であるし、無音もわるくない。
さっさと帰るのも時間が短縮されていい。

そんなプラスアルファなアイテムがなくても十分 身体は癒されるからだ

おばさん!長生きしてください。

どうかどうか、指圧をやめないでください。

こんなシンプルな治療だけれども、なんか原点って感じがする。




ホームページをご覧ください。


↓クリックをありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-08-31 22:22 | 生活

今観たい映画

少し前、Biviで「息もできない」を観て、かなり良かったが、同じイムサンス監督作品のこれ



「ハウスメイド」

もう東京では上映されているが、静岡では、当分ない!

9月にmysonのところに行ったら、新宿で観るつもり・・

やーかなり、すごい作品らしいが・・・

早く観たい



ホームページをご覧ください。


↓クリックを頼みます。
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-08-30 23:08 | 映画・TV

これも 癒しですか・・・

ワタシのところに、年に何回か無料でおくられてくる、雑誌がこれ。

e0147990_23204458.jpg


高級な旅 とか 高級なバッグ とか 素敵な家 とか とにかく 高級すぎるもの つまり非日常のかたまりのようなモノをかき集めて、編集した女性向けの雑誌なのだ。

まぁ、ただで見られるので、いつもパラパラとページをめくっているうちに、ついつい引き込まれて 出るのはため息ばかり・・・

で、あまりにすごいものがあったので、皆様に紹介します~

ルイ・ヴィトンの宝石

e0147990_232495.jpg


左が 7千9百万円 右が 1億7百万円 だそうーですー

なんじゃ!!それ!!

と思わないで、見てやってくださいまし~

買うとか買わないとかいうレベルで見ると、アホくさっ!ってなるので、美術品を見るがごとく です・・

すごい、輝き~

これも、癒しですかね=




ホームページをご覧ください。


↓クリックで応援してね。
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


ZZZ
[PR]
by asaasa-archi | 2011-08-29 23:29 | 読書

セリク2011 in テグ

もう、陸上が大好きなワタシは、TVに釘付けなのである。

特に贔屓の選手がいるわけではないが、mysonが日々 陸上部で鍛錬していたのを目の当たりにしていたので自然と陸上競技が好きになった。

すらっとしたカモシカのように伸びた長い足や、筋肉だらけで無駄な脂肪がない整った体は、もう美しいとしか言いようがない。
投擲の選手は体重が重くなければならないので、多少身体は横に大きいが、それでもその力強い身体は賞賛に値する。

当然であるが、スポーツを極めるものは、身体能力以外に精神力も必要であるし、理論的思考能力も大事なのである。
ここ一番という重要な試合で、最大限の能力を出せる強い精神力が勝敗を大きく左右するからだ。

スポーツ選手で、驕り高ぶったものはいない。
大概が謙虚である。
それは、自分の能力の限界をまざまざと、試合で見せ付けられたり、自己管理不足で怪我をしたりする事を経験し、決してその記録が普遍のものでもないことを知っているからだ。

記録は破られるためにあるし、また破られない記録などないからだ。
それでも彼等は黙々と新記録に向かって努力を続ける。


まさしく それがアスリートなのだから・・

本日の ボルトのフライングは、世界中のだれが予測しえただろうか。
一瞬 時が止まり、競技場が静寂につつまれた。

競技とはこういうものだ。

人間とは不完全なものだという証明なのである。

それでも、やはり戦い続けるもの、人間の証明なのである。




ホームページをご覧ください。


↓クリックしてくださいね。
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-08-28 23:40 | スポーツ

他に使い道がない!

例えば、生活のなかにある雑貨とかで、こーにも使えるし、あーにも使える ってものはある。
ただ、それは割とフレキシブルな形をしていたり、シンプルだったりすることに気づく。

代表的なものが、「ぶらさがり健康器具」 
単純に四角い金属製のパイプが縦長になっているだけのものだから、ぶるさがるものが、人間でなくても、ハンガーに掛けられた衣類でもいいわけだ。

だが、複雑な形をしていたり、機能が特化しているものは、だいたい他に使い道はない。

タオルは使い込んだら雑巾として生まれ変わるが、時計は壊れたら捨てる以外ないし、ソファはベッドとしても使えるが、電話はその機能がなくなったら、ただのゴミとなる。

人間にも十分あてはまる理論である。

近所のおじさんは自動車学校の技能教官を定年退職して、介護施設の送り迎えのバスの運転手さんになったが、警察官を退職したおじさんは、ただぶらぶら遊んでいる。
これは、運転という技能が、職種的に裾野が広く、フレキシブルに応用できるという特色があったからだ。

そう考えると、ワタシの仕事はもう、建築以外の応用はできない。
これ以外ないということだ。
もちろん自営業なので、定年退職はないが、これを活かして別の道にいくということはできないのだ。

こういう特化した職業に進むということは、一生それを続けるという覚悟を決める ということに他ならない。
もちろん日々 生き馬の目を抜くがごとく競争であるし、鍛錬でもある。

安定した生活などないし、趣味にいきることもない。

でもつらいだけってことでもない。
実は楽しかったりやりがいがあったりすることも多い。
ないところから、一つの建物を完成させて、そこに幸せに住む人がいる。

一生に一番の大きなお金をかける瞬間に立ち会うことができる。

こういう充実した大きな幸せというのは、大きな苦労の「はて」にある ことをしみじみと感じさせてくれるのである。
まさに子育てと同じである。 



ホームページをご覧ください。



↓皆様のクリックで順位が決まります~感謝!
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-08-27 22:22 | お仕事

チェアー コレクション

ワタシが持っているのは、世界中の、素敵な椅子のコレクションのポスターである。
だから、自分のコレクションではない。

e0147990_2340890.jpg


著名な建築家が椅子をデザインするのは、よくあることだ。
なぜならば、椅子という家具は、デザインと機能の絶妙な融合の産物だからだ。
そこが、建築と似ているからである。

ただかっこいいばかりで、座ったら最悪 というのでは、なんの意味もない。
すわり心地も最高でなければならない。

ここには、様々な椅子があって、ホント見ているだけでも愉しい。

ワタシが好きな椅子

e0147990_23445423.jpg


ジョージネルソン のマシュマロチェアーだ。

どうしても買いたくなってカタログで探したら、なんと40万円程度もした。
当然 断念したが・・・

高すぎ!!

このファンタジーなデザインがなんとも、心ひきつけられる。

次に ダイアモンドチェアー

e0147990_23473149.jpg


ワイヤーのモダンな感じがいい。


有名どころでは、ミースのバルセロナチェアー

e0147990_23501156.jpg


これは、よく美術館の待合にも、さりげなく置かれたりしている。
数年前、サッカー選手のナカタ がこれに座っているCMもあった。

多分オリジナル商品は数十万円くらするであろう~

こういう程度の高価な椅子ならば、リビングにこういう椅子を置くことを前提に、それにあわせてインテリアをつくるというのも、アリなのだ。

昔 よくTVで、金持ちの家に マッキントッシュの椅子が置かれていた。
玄関ホールの正面とかに・・・

いづれは、何かひとつでもいいから自分のものにしてみたい。

本物の持つ輝きは、時を越えて永遠に輝くと思っているからだ。



ホームページをご覧ください。


↓クリックしてくださいね。
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-08-25 23:58 | 生活

続・かわらないトモダチ

よくよく思い出すと、ワタシがムサビに入ったのは、彼女とのかかわりが大きく起因していた。

自慢話ですみませんが、ワタシは高校1年生のときには学年で50番以内をキープしていた。

ワタシの高校では50番までは、旧・国立一期校に進学でき、100番までは旧・国立二期校に進学できた。
だから、100位以内をキープできれば、国立大学は射程範囲だったのだ。

だから、もう1年生のときには、調子こえて、女医になりたいから、東京女子医大に進学させてくれ と親に言った。なにも考えずに・・・
よくよく考えたら、東京女子医大は私立で、目がとびでるくらいに学費がかかるなんて、一切知らなかったという 体たらくであったのだ。

そんな心配はもうどうでもいいくらいに、成績のデフレスパイラルが2年生中盤から始まり、2年生後半には200番台に成り下がっていた。
1時間も勉強しない日が延々と続いたからだ。

3年になる前に、もー進学 ドーシヨー・・・となり、そーだ!美大にいこーとなったわけである。
幸いなことに、絵は得意だったし、美術もいつも成績は10だったからだ。

だからといって簡単に美大にははいれない。
デッサンの実技試験が バリ 難しいからだ。
それで、美術部の門をくぐり、当時の美術顧問がムサビ彫刻科出身だったこともあって、彼のきびしい指導のもと、無事ムサビ&タマビに合格できたのだ。

なんとも、こういう波乱万丈な、受験人生を送ってきたのであったから、mysonが たいして良くもない頭で、平穏無事に受験勉強しているのをみて、「案外 つまんないオトコだなぁ・・」なんて思ったりした。

つまり、ワタシの成績がデフレスパイラルにならなかったら、割とフツウの工学部かなんかに行って、フツウの会社に就職して、夫+子二人 的な ありきたりの人生を送ってたかもしれない。

もちろん今もフツウの人生ではあるが、少なくとも独立し、自分の腕一つで食べている。
仕事がなかったら収入はゼロという過酷な環境なのである。

だから、なんだか話が長くなったが、彼女は「今のワタシ」の生みの親 といっても過言ではないのだ。



ホームページをご覧ください。


↓クリックは必須事項!!
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-08-24 23:43 | 昔の話

かわらないトモダチ

彼女とは高校1年生からのつきあいである。

高校に入り初めて声をかけられてトモダチになった。
ワタシは田舎の公立中学出身であったので、チョー田舎モンであったが、彼女は地元ではあるが国立大学附属中学の出身で、ちょっぴり垢抜けていた。
ベリーショートの髪をなにやら整髪料でかため、黒縁のめがねをかけていた。

ワタシから見ても、おしゃれな人種だと思った。

女子が少ないなか、ワタシと彼女だけが、女子のなかではいつも数学で高得点をとり(もちろん最初だけだが)目立っていたといういきさつもあった。

ワタシはガリ勉で進学校に入ったが、彼女は一切受験勉強というものをしないで、高校に入ったといっていた。
地頭はすごくよかったのだと思う。

なので、土曜日になると電話がかかってきて、日曜日はどこに遊びに行く?と誘われた。
ガリ勉を延長していたワタシは「勉強するから」と言って最初は断っていたが、「勉強するヤツはばかだ。」という彼女独特の詭弁に惑わされて、ワタシの成績はデフレスパイラルのごとく下降していった。

彼女は大学からずっと東京に住んで、結婚し、今は代々木上原に一戸建をかまえている。
ただし、土地10坪、建物も30坪以下の、ワタシからしたら、チョー狭住宅だ。
(おまけに欠陥住宅だ)

離れていても、なんだかんだと遊びに行ったりしていて、腐れ縁は続いている。

9月にmysonのアパートに遊びに行くんで、1日空けといて!とメールしたら、ばっちり遊んでくれることになった。

ワタシのリクエストは、おすすめ美術館+激うまランチのセッティングだ。

かわらないトモダチは一生の宝もんだね!!



ホームページをご覧ください。


↓クリックして応援してね。
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-08-23 23:50 | 昔の話

おうちco-opの長所と短所

おうちco-opにして、半年くらいがたった。

そろそろ長所と短所があきらかになってくる時期なので、まとめて皆様にお知らせします~

長  所

1. まるで買い物(スーパーやドラッグストア)に行かなくても すむので、無駄買いをしないし、時間も節約で   きる。

2. そして、生活費が把握できる。
  ワタシンちは自営業なので(というよりワタシの大雑把な性格のため)、毎月いくら というお金の配分がな   い。
  財布にもしくは銀行にあるお金で やる みたいな感じである。
  だから、毎月いくらかかるのか 正確には把握しきれていなかった。
  
3. 重たい荷物をかかえてスーパーから戻るというめんどくさいことがなくなった。

4. お菓子を食べなくなった→注文しないから・・・
  以前は、スーパーでちょこちょこ 食べたい御菓子をバンバン買っていた。

短  所

1. 買い物に行くと、近隣のママ友と会い、なにげない雑談をしていたが、それがなくなり寂しくなった

2. 先週頼んだものを、すっかり忘れ、今週も同じものを頼むというバカをよくやる。
  例えば醤油とか酢など、2週続けてやってくる。

3. 焼くだけとか、チンするだけ とかの味付け食品をついつい買ってしまい、調理するとこを忘れてしまった

4. 基本的に野菜はスーパーのほうが新鮮であるが、5日経った しなびた胡瓜など食べざるを得ない。
   野菜の種類が少ないので、野菜が偏ってしまうというのもある。

5. やはりスーパーよりちょっと 高い

6. 献立が偏り、飽きてきた





ホームページをご覧ください。


↓クリックしてケロー
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-08-22 23:43 | 生活

白い部屋のなかの赤い家具

お客様からお借りした本

e0147990_2327318.jpg


白い部屋のなかにある赤い家具のページを開いて
「この赤い家具をここに置こうと思っています。」
と奥様がおっしゃいました。

ビビットな赤い色をした素敵な家具だった。

こういうキーワード的なものがあると、全体のインテリアのイメージがすごく膨らんでくる。

プランの大枠がまとまり、詳細な内部の設計にはいる。

なんだか、愉しい家になりそうだ・・・・




ホームページをご覧ください。



↓クリックをお願いします。1位をキープさせていただいて、感謝です。
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-08-21 23:35 | お仕事