女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ためになる「どぶさらい」講座

「どぶさらい」というのは、読んで字のごとし 「どぶ」に溜まった どろ や ゴミ をさらい それを捨てる作業のことだ。
ほとんどが、近隣とか地区の住民の共同作業である。

ワタシの住んでいるところは、下水道がない。
だから、汚水は浄化槽で処理し、生活用水はそのまま この どぶ に垂れ流している。
垂れ流す などというと、まったくもって汚い感じがするのだが、日本という国はそういうふうになっているから仕方がないのだ。

この「どぶ」であるが、人の背丈ほどの深さがあり、巾もそれくらいはある、立派な「どぶ」である。
コンクリート製の蓋でもしてくれて、暗渠(あんきょ)になれば、どぶさらい はなくなるのだが、なにしろ市の予算がないので、いっこうに蓋などは期待できない。

年に1回のどぶさらいが、GW初日と決まっている。
つまり、今日だ。

まずは「どぶ」におりて、スコップでみんなでいっせいに「泥+ゴミ」を道路にすくい上げる。

道路を歩く場合はそうでもないのだが、どぶ底におりると、かなりの悪臭がする。

これが、
「うぅぅぅぅ~げぇぇぇぇ~」
というくらい 臭い。 

だから、まずはマスク装着は必須である。

そして、スコップで自分の背丈ほどの道路にすくいあげる際、泥のしぶき が顔に飛ぶ。
これまた
「うぅぅぅぅ~げぇぇぇぇ~」
というくらい、気持ち悪い。

だから、ゴーグルが必要だ。

そして、もちろん長靴ははいているのだが、膝上のジャージの部分にも、泥のしぶきがかかる。
これまた
「うぅぅぅぅ~げぇぇぇぇ~」
というくらい、ショックな出来事である。

だから、ジャージは泥が目立たない黒色が好ましい。

もちろん軍手はしているのだが、スコップにありえないようなゴミがひっかかる時がある。
その際は手でそのゴミをスコップから取り除く作業が必要となり、思わず軍手のままその泥まみれのゴミをさわってしまう。
軍手に泥がしみこんで、手にはその感触がつたわってくる。

これまた
「うぅぅぅぅ~げぇぇぇぇ~」
というくらい、飛び上がりたくなるような瞬間だ。

だから、軍手の上にさらにゴム手袋が必要だ。

という訳で、どぶさらい の いでたち は、まるで、細菌兵器処理班のような完全防備となってしまうのだった。

このくそ暑いなか・・・


ホームページをご覧ください。


↓クリックすると、その悪臭が体感できます。
(うそです。)
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-04-29 10:52 | 生活

光の渡り廊下

a precious park のお家も、もうすぐ完成となります。

リビングの一部は吹抜になっていて、日光がさんさんと降り注ぎます。

2階のホールから、ベランダに渡る廊下の床は、FRP製の白いグレーチングです。

ここからも、日光がもれてきます。

e0147990_15585687.jpg


素敵な光の渡り廊下です。

お楽しみに~



ホームページをご覧ください。


↓毎度クリックありがとうございます。
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村



zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-04-27 16:11 | お仕事

シリーズ生きる  「土下座」

今日、街で見つけた 衝撃のガチャガチャである。

e0147990_16245768.jpg


お~な・なんと哀愁ただよう、日本人必殺ワザ 「ザ・土下座」
これが、ガチャガチャにまで、なっちゃうなんて、なんという快挙!よのぅ・・・

で、すぐさま、200円と投入してみた。

「人生を感じる瞬間、人と人のぶつかりあい、にじみ出る哀愁に思わず微笑んでしまう。
そんな愛すべき「人間」に焦点を絞った新シリーズ。
それが、シリーズ「生きる」です。
シリーズ第一夜は戦うサラリーマン達による哀愁ただよう土下座。
平、新人、部長・・・それぞれの立場を想って眺めていると、彼らの人生の物語が浮かんで見えてくるでしょう。」

と説明書には書いてある。

なんと、土下座ひとつをとっても、深いのぅ・・・

で、ワタシにきた土下座くんは、新人Bの茶髪の土下座

さっそく、畳の上で、土下座していただいた。

e0147990_16331851.jpg


顔も見たいであろうから、仰向けにもなっていただいた。

e0147990_16343147.jpg


仰向けになったお顔は、かなりマヌケであるなぁ・・・

e0147990_16305491.jpg


やっぱどうせなら、部長 の土下座がほしいのぅ・・・



ホームページをご覧ください。


↓クリックするたびにワタシは土下座するでござる。
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-04-26 16:40 | 思うこと

歯よ!さらば

あまりの痛さに、かかりつけの歯医者さんに行った。

先生が、口の中を見るや否や
「歯、抜かなければなりませんねー」
と申し訳なさそうに言った。

いやいや先生が申し訳なさげにすることでは、ありませぬー
ワタシの歯茎がスタボロだからなだけで・・・

「先生ーあまりにも痛いから、チャッチャと抜いちゃってくださいましな。」
と軽ーく、やせ我慢をした。

もう、ワタシは何本の歯とおさらばしてきたのだろうか・・・
母もひどい歯槽膿漏だった。
45歳くらいで、なんと総入れ歯だったような気がする。

ワタシはまだ、入れ歯はないが、多分もうしばらくするとそういう状況だ。
歯槽膿漏は遺伝するのであろうか・・

ズーンと重い麻酔注射を打たれ、バキッとペンチそっくりな器具で、歯が抜かれた。
歯医者にある器具って、けっこう怖い。

お~歯よ!さらばじゃ!

麻酔が切れた後の痛みは、はっきりいってとてつもない。
血も出る。
横になって、寝る以外に、この苦痛から逃れるすべはないのだ。

で、多分次回の歯医者で、聞かれることはわかっている。

1.保険の範囲での歯にしますか?これだとちょっと具合がよくないこともあります。
2.保険外の歯だと、やっぱり材料も出来もよくなります。


1と2の金額の違いは、一桁以上なんてざらの話である。
へたしたら二桁かもしれない。

でも、ワタシはもう悩まないことにしている。

とにかく、mysonが大学をでるまでは、1を選択する。
それ以後は、絶対絶対 2を選択する。

mysonの大学卒業証書の代償が具合の悪い歯なのか、
それとも、歯茎の遺伝子が悪かったのか。
いやいや、そもそもmysonが国立大学に合格できる頭がなかったからなのか・・・

複雑にからみあって、ワタシが 1 を選択する理由も原因も さっぱりわからんのだ。


ホームページをご覧ください。


↓歯とおさらばしたワタシを不憫だと思ったら、クリックしてください~
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村



zzzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-04-25 23:58 | 生活

素人だけど、電気のことを考えてみた。

歯医者さんに 「歯をくいしばる習慣はよくないので、なおしたほうがいいですよ。」といわれたことがある。

ちょっと待ってくれ。と思った。

ワタシたちの年代は、学校の先生にだって、親にだって、「歯をくいしばってがんばれ。」と言われ続けてきた。
だから、歯をくいしばることが、悪いことだったなんて、初耳だ。
歯をくいしばる ことは美徳ではなっかったのか・・・

それに、実際ワタシは歯をくいしばってがんばってきた。

時代が変われば、人の言うことも正反対になってしまうことなんて、実はいくつもある。
まったく、価値観なんて、勝手なものだ。

「うさぎとび」がそうだ。
星飛馬(巨人の星)だって、鮎原こずえ(アタックNo.1)だって、みんなうさぎ跳びで、足腰を鍛えていた。
ところが、ある時期から、うさぎ跳びを見なくなった。
誰かが、身体に悪い運動 と言ったからだ。

電力会社が「オール電化」のCMで、「そういう時代でしょ!」と小雪ちゃんが、微笑んで宣伝し始めたら、みんな「そうか、オール電化は最新なんだ。」と思い込み、いっせいにやり始めた。
が、どうだ、最近はもう節電モード一色の世の中になった。
電気を無駄に使うことは、悪になった。
ガスでできることを、大事な電気でやる必要性はどこにもない。

TVではさかんに原子力発電にかわる発電特集を組み始めたが、そうそう万能な発電なんてみつかるはずはない。
短所がないものなど、今のところないらしいのだ。
それでも、もうこうなった今、原子力発電は縮小の方向性は否めないだろう。

だからワタシは別方向から考えた。

電気を溜めるいわゆる「蓄電」が可能になったらすごい思うのだ。
なにしろ電気は溜められないから、みんな苦心している。
もしも溜められたならば、深夜電力をつかって節電する必要もなくなる。
蓄電が可能になることを開発したら、絶対ノーベル賞ものだよねー

それから、政府は規制緩和するべきだ。
電力を勝手に発電して使うことができないのを、もうやめたらどうかと思う。
大きい工場などは、自分達で発電できる能力はあるし、家庭の太陽光発電だって、別に電力会社に売電などしなくても、自分たちの使う電気は直接それから、使えばいいだけだ。

そうすれば、皆こぞって発電機をつけるだろうし、皆が使えば、機器の値段も格段にさがる。
補助金などなくとも、みなが使い出すと思うのだ。
だって、自分の家で作った電気を自分達が使うなんて、まるで電気の自給自足でかっこいいからだ。

それから、9個に分かれている電力会社はもうしかたないとしても、と50Hzと60Hz問題
今の時期に、一気に解決しようよ。
既得権益がからんで、どうにもならないなんて、言ってちゃだめだよ。

それから、原子力爆弾は悪だけれど、原子力発電は「悪」じゃない。
確かに取り扱い方で、いくらでも危険を孕んでいるものであることは確かであることは今回よくわかった。
が、放射能は地球上にいくらでも降り注いでいる。

やみくもに怖がったり、拒否反応をすることはない。

こういうときだからこそ、みんなで、冷静に考えていこう。

必要は発明の母 という諺もある。

こんなことくらいしか、やっぱいえないかなぁ・・・



ホームページをご覧ください。


↓クリックすると、静電気ができます。
(うそです。)
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-04-24 20:22 | 生活

歯が痛い

ワタシの仕事は地味だ。

本当に地味な仕事だ。

建築現場に行く以外は、大半の時間 家でパソコンに向かいひたすら図面を書いている。
土曜日などは、仕事関係の電話もかかってこないので、日中誰とも話さない日もある。

だから、肩こりと歯痛と独り言は慢性病だ。
最近はマウスをクリックしすぎで、右肘も痛い。
ここ数週間はプランニングばかりしていたので、頭も変になってきた。
それに昨日から歯周病のために、1本の歯がぐらぐらで、食べ物をかむこともままならなくなった。

e0147990_18375513.gif


それに、今日は雨ザーザーの暗~い天気である。

暗っ!

暗いついでに、無料の病気のイラストを集めてみた。

e0147990_1839861.jpg

歯が痛いおねえさん

e0147990_18391845.jpg

頭が痛いおじいちゃん

e0147990_18392772.jpg

手がしびれるおじさん


こんなことブログにのせて、なんか意味あるかなぁ~

やっぱ、ないなぁ~

ガンツ 早く 観にいきたいなぁ~



↓マジ、歯が痛いゼ!
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


ZZZ
[PR]
by asaasa-archi | 2011-04-23 18:45 | 生活

海峡を渡るバイオリン

同名の本も出ているが、数年前にスマップのクサナギくんが主演でTVで放映した。

もう1回観たくて、ゲオやらTSUTAYAやらを探したが、借りモンはなかった。
先日、アマゾンで中古DVDを注文したら、本日届いた。

e0147990_23441772.jpg


韓国人男性が少年の頃日本に単身で渡り、バイトをしながら大学を卒業するのだが、国籍の関係で、まともな職につけず、ひどい貧乏暮らしをしながら、独学でバイオリンをつくる職人になるというサクセスストーリーだ。
彼は日本人女性と結婚して二人三脚でがんばるのだが、その貧乏っぷりが半端じゃない

ゲゲゲの女房 の比ではないくらいの、極貧生活なのだ。

戦後すぐの頃は日本人でも貧乏だったのだから、ましてや当時は差別されていた外国人だから、どんなに貧しかったかは容易に想像できる。
大学をでていたって、その出自から就職先などは皆無であったろうし、有名なバイオリン職人のもとに出かけ、弟子が決まりかけたが、外国人ということがわかり、そこを追い出されるようなつらい仕打ちも何回も受けた。

それでも彼はあきらめず、バイオリンをつくり続け、世界的なバイオリン職人に成りあがった。
その狂気ともいえる彼に妻も献身的に、手助けをし続けた。

こういうサクセスストーリーには、必ずといっていいほど法則がある。

1. 貧乏な生い立ちがハングリー精神を培うので富裕層よりも貧困層であること。
2. あきらめない不屈の熱い気持ちがある。
3. 妻や家族など精神的なよりどころがある。


この3点だ。

別の言い方をすれば、たったこの3つしかない。

ポジティブな見方をすれば、成功の秘訣は3つのことがあれば いける という事でもある。

考えて見れば51歳になったワタシはとうていサクセスストーリーとは無縁な人生であったが、別の言い方をすればまだ51歳なのでもある。

大サクセスはなくとも、もしかしたら小サクセスくらいは、あるかもしれぬ。
いーや、サクセスではなくとも、サティスファクション(satisfaction)でもイイ。

実はまだまだ したいことがある。

世界三大美術館といわれる、パリのルーブル ニューヨークのメトロポリタン サンクトペテルブルグのエルミタージュのなかで、ふたつは行ったが(チョイチョイ自慢をはさんですみません) エルミタージュはまだだ。

日本三大老舗ホテルといわれる 箱根 富士屋ホテル 日光 金谷ホテル 奈良 奈良ホテルのなかで、奈良ホテルには泊まったことがない。
 
mysonの仕送りがあと2年あるので、とりあえず2年間はムリだが・・・

しかし、死ぬまでには、というよりも、ばあさんになる前には、是非 行ってみたい。

北欧のオーロラも見たい。
サハラ砂漠にも行きたい。
タージマハールやガンジス川も見てみたい。

もう てんこ盛りな欲望が渦巻いている。

ここまで言えば、サクセスとか、サティスファクション(満足)とかではなく、単なる欲望だ・・・



ホームページをご覧ください。


↓ここをクリックすると、ストラディヴァリウスの音がでます。
(うそです)
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村



zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-04-22 00:33 | 映画・TV

ピアス

ワタシが耳にピアスの穴を開けたのは、40歳も近いころだった。
臆病なワタシはピアスをまだ開けてない友達を誘って、一緒に美容外科に行って穴をあけた。

私達の高校時代は、卒業式が終わると一斉に、自分で鏡とにらめっこしながら、アルコールで消毒した、針でブチッを開けていた。
もう聴くだけで、怖かった。
ピアスはもちろん開けてみたかったが、自分でブチッっていうのが、絶対ムリだった。

高校時代の親友はその昔こう言った。

「あのさー昨日さー針でブチッってやったんだけどね、貫通しなくてね、仕方がないから、今度は耳たぶの裏からまたブチッってやったんだーそうしたら、なんと、0.5mmくらい表の穴とずれちゃってさーもー仕方がないから、針をグリグリやって、1コの穴にしといたよーだから、穴大きくなっちゃった~ハハハ」

友達はワハハハとか言いながら、自慢した。

「お・お・お・おそろしや~」
聞いただけでワタシの顔は引きつった。

「アサミも自分でできないなら、やってあげよーかー」
そのワハハハの友達が言った。

ば・ばか言うな!
冗談じゃない!
表と裏の行き違いの穴をグリグリされるくらいなら、死んだほうがましだ。

社会人になってからも、後輩たちが
「なんかさー梅雨時ってピアスの穴が膿んじゃってさー膿みがでてくるよねージュルジュルした感じの」
とか平気で言っている。
しかも、弁当を食いながら言っている。

や・やっぱ、ピアスはちょっとやめとこかー
となる。

そんなこんなで、もうすぐ40歳という頃に、今開けなかったら、もう一生開けるチャンスはないと確信し、ようやく決意したのであった。

なぜかというと、やっぱピアスも開けれないような古いオンナではダメだ。と常々思っていたからだ。

美容外科に行くと、開けたい場所は耳たぶのどのへんですか?と看護婦さんに聞かれ、マジックで印をつけるや否や、ササッとカーテン奥から医者が現れ、ホッチギスみたいなので、カチャとして終わった。

なんだかあっけなかった。

梅雨時にジュルジュルした膿みがでてくることもなかった。

案外、たいしたことはなかった。

韓国ではピアスがすごく安く売っている。
10組で10000Wとかだ。(日本円にすると900円くらいである。)
1組90円ということになる。
ピアスなんてすぐなくなるので、安いので十分だ。

で、おもしろピアスがたくさんある。

e0147990_0375986.jpg



ト音記号や音符のもカワイイが、骸骨が一番気に入っている。
ちょっと派手目なのが、韓国風だ。

こういうのをチマチマ集めるのが好きなんて、ワタシってけっこう女の子っぽい。

どこにも出かけない日でも、たとえジャージで1日中仕事をしていたとしても、ピアスだけは、朝必ず好きなものを選んでつけている。
せっかく、清水の舞台から飛び降りて開けた穴が塞がってしまうからだ。

昨日のNHKのTV「マドンナ・ヴェルデェ」で、「女でなくなる日は、週刊誌の恋愛占いを見なくなったとき」という台詞があったが、ワタシの場合は多分、ピアスをつけなくなった日なのかもしれないと思った。


ホームページをご覧ください。


↓クリックすると、オンナに戻れます。
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-04-21 00:57 | 旅行

じじぃ達の新学期

mysonが言っていたが、「世の中じじぃ達であふれてる!」
都会だって、そうなんだから、静岡の田舎だったら言わずもがな である。

どんどん定年退職で じじぃ が街にあふれてくる。
平均寿命はどんどん延びているので、したがって、定年退職→ご臨終までの時間はすんごく長い。
しかも、仕事はない。
年金生活者である。

今時の60歳といったら、老人ではない。
若年性老人とでも、名づけたいくらいである。
まだまだ10年は働けるような気力や体力(耐力)は十分持ち合わせているからだ。
ちょっとした持病などがあっても、医者に通い、その薬を飲み続けることによって、死に至ることはまずない。
まさに「病人死なず」なのだ。

この季節、公務員を定年退職した若年性老人が大量に排出される。
そして、街には、プーラプラの彼らがさまよっている。

仕事一筋に一生懸命働いてきたせいか、毎日が日曜日の生活になると、時間をもてあまして困るのだ。
とりあえずは、庭仕事などをやり始める。
田んぼや畑があれば、せっせと農作業でもできるのだが、そんなに広い庭はない。
でも、日中は家にいることは絶対に避けたい。
なぜならば、長年連れ添った妻に、粗大ゴミ扱いされることは、沽券にかかわる由々しきことなのだ。

隣のおじさんはもう何年も、プーラプラの年金生活をしている。
だから、庭はおそろしく綺麗である。
ゴミひとつ落ちていない。
そんなに暇なら、ウチの庭もやってくれヤーと思うのだが、それは絶対にない。

で、そのおじさんの趣味は木工だ。
どこかで、ケヤキの板っ切れを探してきては、イルカやら、鯨やらの、ペンダントトップを何百と作っている。
そんなに作って おじさん!どーするの?と大きなお世話を焼いてみたくなる。

そのケヤキを削るグラインダーの音が、バカうるさいのだ。
だって、おじさんの木工するところは、ワタシの仕事部屋のまん前だからだ。

「うるさーい!」

と何度 怒鳴り込もうかと思ったかしれないが、近所と喧嘩だけはしたくないので、ガマンにガマンを重ねてきた。
が、とうとう、頭にきた!
おじさんの家にスピーカーを向けて、サンバをボリュームマックスでかけてやった!

グラインダーのブゥゥゥーンとサンバの音楽が大音量となって近所に響き渡った。
多分、すごいことになったと思う。
ところが、ワタシの部屋では、なんとこれらが相殺されて、グラインダーの音が聞こえなくなった。
ワタシの心はチョッピリすっきりした。

これで、あの鈍感な じじぃ も わかるだろーよー

いくら時間をもてあましたからって、人に迷惑をかけるのは、やめてくれー

ここは工場地帯じゃぁないんだからね。

という訳で、定年退職したら、まずは、オリエンテーションみたいのを、公民館でやってあげてだね。
これからの長ーい暇な時間の使い方を、教えてあげたらどーでしょーかねー
それか、年金生活者が増えれば増えるほど、景気は悪くなるのだから、こういう「百害あって一利なし」的若年性老人の仕事場を増やしてほしいと思うのだ。

仕事があって初めて余暇の楽しさが味わえるのであって、年がら年中余暇なんて、これはもう余暇じゃぁない。
社会に必要とされて初めて生きがいも味わえる。

死ぬまで働くなんてことは、「誰にでもできることではない、最高の贅沢」だと思う。
死ぬまで社会の役にたっているということだからだ。


ホームページをご覧ください。


↓クリックしてよね、隣のおじさん!
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村



zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-04-19 15:45 | 生活

春になると うまいもんを食べたくなるわけ

眠い~とにかく眠い~

ポカポカ ゆるゆる天気で、ぽやぁ~んと脳みそも、ペースト状になる季節。

最近は、ブログに載せられるような料理を作っておりませぬ
なんだか、適当な煮物とか、適当な炒め物 など とっても人様にお見せできるような シロモンじゃぁございませぬ

鮪のブツ切を買ってきて、ちょこっと醤油でまぜまぜして、白米にのっけて 「さぁ~鉄火丼のできあがり」とか自分で言いながら、ばあさんと食べる日々が続いておる。

まことに、怠惰である。

なので、昼食は「うめーもんが食べたい」と胃袋が要求するままに、外食となる。

e0147990_16192364.jpg


静岡駅アスティー内の蕎麦屋の天ザルでござるぞー

おーさすが静岡地元の、本わさび!

実は本当のわさびは、それほど辛くない。
最初にピリッとくるが、まるで後には残らないのだ。
安いチューブのわさび は時々すんごく辛いのがあるが、あれは、辛子が混ぜてあるのだ。
まったくの、バッタモンなのであるぞ。

ここは、あまった本わさび をお持ち帰りできるように、なんとそれ用の袋まであったのだ。

で・でもね、ワタシはね、こういうモンは、全部すりすりして、漬け汁にいれちゃうことにしてるんだよね。

せこい性格だからね。

あーやっぱ美味しいそば+本わさび なんて贅沢の極みでしょうー

で・おなかが一杯になったところで、あー眠いとなるのであった。


ホームページをご覧ください


↓クリックすると、口のなかに本わさびの香りがでます。
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-04-18 16:30 | 生活