女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

本は新しい価値観への入口

文学書の読書で得られるものは、知識ではないのだと思う。
新しい価値観を探して、人は本を読むのだと思うのだ。

人一人の人生では、出会う人もそう多くないし、世の中の事だって、そうたくさん経験できるわけではない。
だから、歳をとるにしたがって、どんどん価値観が固定化し、慣習やらにがんじがらめにされてくる。

子供を持つ親であれば、子供が大きくなってきて、彼らの若さやパワーに圧倒されてくるし、親としては、それを静観しているだけでは済まされず、助言もしなければならない場面もある。
そのときに、古臭い助言しかできなければ、バカにされるかもしれないし、親としては、子供に感心されるような言葉のひとつも言ってみたいと思うのである。

世の中の人は様々で、色々な立場や考え方がある。
偏った見方しかできなければ、つまらない人間になる。
だから常に新しい価値観を知ることで、自分を磨いていく必要がある。

もちろんこれは映画を観ることだっていいし、TVを観ても様々なことを吸収できるのだが、やはり、奥深くまで、思考したり、感銘を受けることができるのは、読書が一番いい。

ワタシは作者読みをよくする。
つまり、1冊読んでいいなぁ~と思った作者のものを全部読む といったやり方だ。
定番なところでは、宮尾登美子、横溝正史、松本清張、筒井康隆などの売れっ子作家がやはり主流となってしまうのだが・・・

大学生の頃、単発のバイトでポーラのデザイン室に行ったことがある。
そこのクリエーターと話をしたときに、池田満寿夫の話になった。
当時は「エーゲ海に捧ぐ」で彼が芥川賞を受賞して何年も経っていなかったころだった。

彼の女性遍歴の話となり、本妻とは別居中で、詩人の冨岡多恵子と別れ、中国系アメリカ人画家のリ・ランと同棲中だという話になった。
そのクリエーターは冨岡多恵子の本も面白いし、リランという女性もすごくオモシロイと言った。
若いワタシはその話にひきつけられて、リランと冨岡多恵子の本を全部読んでみた。

自由に生きる才能あふれた女性たちがそこにいた。

ワタシもこんな風に生きたい・・・と思った。

クリエーターとのちょっとした話からワタシの価値観も大きく変わった。

だから、51歳になった今でもワタシは、新しい価値観を求めて本を読むのである。
[PR]
by asaasa-archi | 2011-01-31 23:31 | 読書

GANTZを観た。

エキサイティングな映画だった。
大半が戦闘シーンで、血みどろのすさまじい戦いだ。

戦う相手も脈絡もない、へんてこ星人で、なぜ戦っているのかもわからないし、その前に星人の存在も不条理なのだ。
漫画を読んでいないので、まったく事前の知識もない。

でもなぜか、おもしろく引き込まれる。

まず、星人のキャラクターが実に漫画チックで愛嬌がある。

ねぎ星人・・・怖カワイイ子供が途中で怪物のようなお父さんに変身する。
田中星人・・・大阪道頓堀に立っていたく「いだおれ人形」を原型とするような感じ
おこりんぼう星人・・・仁王がまんま怪物になった
千手観音星人・・・手がなにせたくさんあるんで、すごい殺傷能力を持っている。

団体戦なので、集団特有の心理戦もおもしろい。
アクションもすごいぞ~
手に汗握るシーンが連発だ。
二宮くんとマツケンの組み合わせもgoodだね~

実写やCG、特撮を組み合わせて、TVゲームのようなバーチャル感覚がみごとに映像として完成されていた。

残念なことに、これは前編だ。
いや~早く後編が観たいね~

思ったよりかなり良かった!
[PR]
by asaasa-archi | 2011-01-29 23:15 | 映画・TV

大泉洋のサンタフェ

ワタシは「夜の憩いの時間」はだいたいTVを見たり、本を読んだり、仕事をしたりしているが、TVは大概は録画しておいて、後でゆっくり見ることが多い。

でも、水曜日の深夜に放映する 大泉洋の「水曜どうでしょう」はリアルタイムで必ず見てしまう。
時間も時間なので、ベッドに横たわりながら、水割りをチビチビのんだりして、大人の娯楽的にTVを見る。

10年以上前に北海道のローカルTVで放映されたものを再放送している。
なのに、大泉洋はちっとも今と変わっていないところが、なんともイイ。

バラエティー番組の境地ど真ん中で、大泉洋とイケメンDの鈴木が様々なことにチャレンジする企画なのである。
昨日見たのは アメリカ大陸を7日間でレンタカーを借りて横断する という企画の3日目だった。
LAを出発してから3日目 サンタフェを観光するくだり であった。

サンタフェといえば、宮沢りえの写真集で有名になったところで、ワタシも行ったことはない。
ニューメキシコ州の州都で人口は6万人程度の街だ。

でもここには、アメリカ最古の住宅とか最古の教会があるらしい。

e0147990_2348018.jpg

最古の教会らしい「ミゲル礼拝所」

e0147990_2350557.jpg

最古のホテルらしい「ロレットホテル」

e0147990_23493278.jpg

サンタフェの町並み

大泉洋のおちゃめっぷりもいいが、サンタフェの街がすごくイイ~
決してパソコンでは描けないような、こういう曲線の建物は気持ちがなぜかなごむ。
メチャ 行ってみたくなった~
番組では、このロレットホテルに泊まっていたが、ホテルの部屋もかわいかった。

深夜、TVをみながらはるか遠い街を散策した気分になり、いつか行ってみたいなぁ~などと思えるのは、癒しの境地そのものである。

若い頃、ヨーロッパを2ヶ月旅して、終盤にスペインで3日間ガウディの建物をいやっていうほど、見て廻ったが、サンタフェの建築は同じスパニッシュな曲線ではあるが、芸術などはまったく意識しない、なんか民家風というか、庶民風というか、計算されていない分、癒される感がある。

こんな講釈はあまり意味がないが、とにかくサンタフェには、老人になる前に、是非行ってみたい・・・
[PR]
by asaasa-archi | 2011-01-28 00:03 | 映画・TV

げーじゅつキルト

行きたかったキルト展だったが、友達がメールで写真を送ってくれた。

げーじゅつ を お見せしよー

e0147990_2321626.jpg


こういう色使い 好きだ~

まるで、地中海の太陽のようにまぶしいゼ!

明るい気持ちになるし、グラデーションのセンスもバツグンだね。

製作過程を考えただけでも、四十肩、五十肩になっちゃうんだけど、美しいげーじゅつの影には絶え間ない努力が潜んでいる。

e0147990_2363947.jpg


これは、神秘的な作品だ。

森の朝もやの中にいるような感覚だ。

キルトのデザインはシンメトリー(左右対称)が基本であるが、この原則を忠実に守って、美しいメロディーを奏でている。

あぁ~美しいものが見たい~

そういえば、最近携帯電話の待ちうけ画面を変えた。

じゃじゃ~ん

シャガールじゃ~

e0147990_2315595.jpg


へたうまな絵と、柔らかなタッチのパステル調の色使いが癒されるワ~
[PR]
by asaasa-archi | 2011-01-24 23:16 | 生活

オリジナルロゴマーク

ワタシの事務所のオリジナルロゴマークはこれだ。

e0147990_23235617.gif


これは、独立したばかりのときに、ムサビの友ダチのダンナに作っていただいた。
彼女は、芸能デザイン科(当時の名称)だったが、バイトで知り合い意気投合して友達になった。

バイト先は「船場」という店舗建築デザイン事務所で当時は日本橋の三越の前のビルにあった。
私たちは大学2年生から4年生まで、不定期にというか、行きたいときにバイトした。
古き良き時代で、好きなときにくればいいよ~と言ってくれて、バイト以外でも、夏の那須高原やら、千葉の海岸でのキャンプやらにも、参加した。

彼女もワタシもなぜか皆に気に入ってもらって、4年生になると、ウチの会社受ければ と言ってもらってバイトの時間に就職面接したおぼえがある。決して小さい会社ではなく、店舗デザイン会社では、乃村工藝社と並ぶおおきな会社だった。
今では考えられないような、ほのぼのとした話だ。(結局、就職は地元にリターンしたが・・)

彼女は就職先がバイト先と同じじゃぁいや と言って乃村工藝社に入った。
そこで、ダンナと知り合い結婚した。

だから、彼女のダンナはグラフィックではなく、空間デザイン専門だ。
でも、ワタシが、ロゴとか、シートのデザインとか頼みたい と言ったら快く引き受けてくれた。
(ダンナは独立してデザイン事務所を主宰していた。)

ワタシはこのロゴがひと目で気に入った。

カワイイじゃん!

名刺にもこのロゴを使っていた。

しかし、しかしである。

アスクルで作っていた名刺だったが、最近はPCでのオーダーになって、おばさんのワタシは頼み方がわからなくなってしまった。

お~ど~しよ~

忙しい→時間がない→名刺も切れた→困った→変な名刺を注文してしまった!!

フツウの名刺になってしまった

ロゴもない!!

妥協という文字が目の前に現れた

まぁ!いいか!いやいやダメだろ~絶対ダメだろ~近所の印刷屋に行くしかない・・・

ということで、当面は妥協の産物である、フツウに名刺を使うことになってしまった
[PR]
by asaasa-archi | 2011-01-23 23:53 | お仕事

久々 ママ友ランチ

外食が実はすんごく久しぶりだった。

実はちょっと前から、誰かとランチをしたかったのだが、ワタシたちの年代は働いていてみな忙しい。
だから、平日のランチに行きたくても、なかなかムリだし、週末ランチだって、アポがないとダメなのだ。

ワタシは仕事の関係で直前でないと、週末の予定もなかなか組めないので、何日も前のアポはちょっとためらう。
でも、今日は、直前でもOKのママ友がいて、藤枝の「花地蔵」でランチを食べた。

「ワタシさ~ランチってすんごく久々なんで、一番高いもの食べたい~」
と言ったら、彼女も
「私も久しぶりだから、そうする~」
と言って、¥2300のランチをいただいた。

例によってべちゃくちゃ喋ってしまったので、写真は食べかけですんません~

e0147990_23134332.jpg


e0147990_23135573.jpg


食後には、紅茶とプチケーキ(ホントのプチだ)がつく。

おばさんとしては、ちょっと高い気がしたが、まぁいい。

彼女というのは、独身時代からの友達だが、たまたま子供が同学年で高校が同じだったことから、再び仲良くなった経緯がある。
1年くらい前に「乳ガン」になった友達だ。

幸い、ガンは摘出したが、たちが悪いガン細胞だったみたいで、今も抗がん剤治療をしている。
でも、もうピンピンして、パートにも行っている。

彼女はこう言った。
「ガンってさ~今はもう、手術で大体摘出できちゃうんだけど、その後の抗がん剤の治療費がすんごく高くて、もう私なんて、抗がん剤の治療費を稼ぐために、働いているような感じだよ~」
「え~ほんと!」

「1回の点滴が5万円で、これを3週間に1回やってるよ^」
「まじ~」
「ほんと、ガン保険に入っておけば、よかったよ~」

「お~ワタシ、入ってるよ~」
「それ、正解!フツウの医療保険では入院手術費しかでないから、まさか、抗がん剤でこんなにかかるとは思わなかった~」

「へ~わからないもんだね」
「なんか、がんってもう、致命的な病気ではないけど、お金がなかったら、結構精神的につらいワ~」

なんたって彼女のところも、息子の仕送りで大変なのだ。
おまけに、86歳で介護2の口うるさい姑も同居している。
亭主もかなりも「いばり」だ。

その後、延々介護の話となり、息子の就職の心配の話になり、誰ひとりいなくなった「花地蔵」になんと3時まで、居座ってしまった。

ちょっぴり、発散した。

例によっておばさんのストレス発散には、こういうのが、一番 いいんだなぁ~
[PR]
by asaasa-archi | 2011-01-22 23:36 | 生活

雪の日はブリューゲル

ワタシは雪の風景を見ると、ブリューゲルの「雪中の狩人」を、思い出してしまう。

たしか、中学校とか高校の美術の教科書にも載っていたような有名な絵である。

e0147990_2335263.jpg


最近、日本中が寒くて九州でも雪降った~という映像がTVにでてくるが、やはり、「ん~ブリューゲルだなぁ~」となぜか思ってしまうのだ。

ついでに紹介するが、農村生活の連作ともいえる「牛群の帰り」

e0147990_23133350.jpg

構図が実に、写真のフレームのようで、上手に遠近法を使っている。

別に彼の絵が好きとかいうわけではないのだが、16世紀の画家としては、かなり異端であったと思うのだ。

これを見てくれ~怖いぞ~

e0147990_2373267.jpg


「大きな魚は小さな魚を食う」というような題名の版画だ。

実はブリューゲルは怖い絵や版画がたくさんあるんだ。
言ってみれば ダリ も怖いといえば怖いが、近代の怖さって感じがする。

中世の怖さがブリューゲルには、ある。
ん~つまり、宗教観が空を被っているような曇りガラスのような不透明な怖さである。

怖カワイイのが、コレ!

e0147990_23145299.jpg


確か「怠惰な日々」とかいう題名だった。

なんか、こういう生活も、ちょっぴり憧れるんですが・・・

ほんじつは、癒しの絵画紹介 でした~
[PR]
by asaasa-archi | 2011-01-21 23:17 | 思うこと

すこやか畳

「下小田の家(仮)」のお客様のご要望で取り寄せた この「すこやか畳」

e0147990_2301742.jpg


カラー和紙なのだが、すんごくカワイイ~

いろんな折りがあるんだね~

色もたくさんあるね~

最近は畳の部屋はあっても1部屋ってことが大半で、ない場合も多い。
畳はやはり5年で裏返し 10年で表替 といわれているので、メンテにお金もかかる。

同じ東洋でも、韓国には畳はないし、中国もしかりである。
まさに、日本独特の文化なのである。
だから、大事にしたいとも思っている。

フローリングでスリッパを履く生活の中で、畳の部屋がある場合は、どんずまりの配置がいい。
どんずまり というのは、回遊できる位置に畳の部屋があると、脱いだスリッパを持って、回遊しなければいけないからで、これは、とっても不便というよりも、マヌケであるからだ。

初夏の風通しのよい畳の部屋にごろん と横になり、読書や昼寝をしたりする心地よさを考えると、「はずせないアイテム」だし、小さい子供と過ごすときに、親が座位や、ごろんと寝転がっていれば、子供と同じ高さの目線になり、スキンシップにも役立つ。

洗濯物をたたむときにもいいし、アイロン掛けも座位のほうが、やりやすい。
子供にお説教をするときだって、「そこに座りなさい!」と言って正座させると、効果バッチリだ。

生活文化には、洋も和もない。

食文化と同じで、今まで自分の中で長い時間をかけて形成してきた習慣という最も個人の根幹をなすものであるから、「畳は欲しいと思う」ことは、ごく自然なことなのである。
[PR]
by asaasa-archi | 2011-01-19 23:26 | お仕事

コ・メディカルの話

大学生の就職戦線が激化し、内定率が悪化の一途をたどっているなどというニュースはホント、身につまされる。
mysonもあと1年したら、その渦中のヒトとなるからだ。

今日、母の介護のことで、ケアマネさんが家に来た。
そのケアマネさんは、看護師さんの資格をもち、介護施設に来るまでは、病院勤務だった。
彼女は子供二人を残し夫が急逝されたので、オンナ手一つで二人の子供を育てている。
だから、ワタシのことをチョッピリ人生の先輩的位置においてくれて、よく二人で よもやま話 をしたりする。

「なんかね~就職が今キビシイよね~」とワタシがなにげなく言った。
「娘には、看護師がいいよ~と今洗脳中なんだ」と彼女が言った。
娘さんは中学1年生だ。

「そりゃぁそうよね~一般OLと比べたら、給料だって格段に多いし、やめてもすぐに、勤め先があるもんね。」
「そうなのよ、出産、育児で数年ブランクがあっても、看護師は慢性的に不足しているから、もうひっぱりだこなんだ。」

うんうんとワタシは肯いた。

「でもね~娘は看護師はやだ~っていってるし・・」
「ふ~ん、そういえば、TVの医龍 とかで、臨床工学技士 ってよくでてくるけど、あれってカッコよくない?」

「そういうの、コ・メディカルっていって、医師、看護師以外の医療従事者の職業がかなりあるんだよね~」
「コメディアンじゃなくて、コ・メディカル・・・ふ~ん」

「作業療法士とか臨床検査技師とかレントゲン技師とかすんごくいっぱいあるんだよ~」
「就職はいい?」
文系のmysonとはまるで関係ない話だが、ついつい就職の良し悪しが気になってしまう。

「ワタシが思うには、臨床工学技士がこれからはお奨めだと思うんだ^」
「それって何の仕事?」
医療分野外のワタシにとっては、名前だけ言われてもさっぱりわからないのだった。

「オペ室で人工心肺の機械の操作とか、あとはね、人工透析の操作の仕事かな。人工透析って結構増えてるから、いいよ」
「ふ~んやっぱイロイロあるんだね~」

「でもね~ワタシとしては、やっぱ看護師がいいと思うんだ。」
彼女の眼がキラッと光った。

「なんで?」

「なんでって聞かれると困るけど、看護師の仕事がやっぱ好きなんだわ~

大変な仕事だといわれているが、こういう人たちがいるからこそ、日本の医療が守られている。
損得抜きでの、仕事に対する誇りがある。
なんか清清しい気持ちになった。

命を預かる仕事が、やっぱ一番「尊い仕事」だよな~

絶対・・・
[PR]
by asaasa-archi | 2011-01-19 00:38 | 思うこと

VS・リモコン

あまりにも寒いので、ばあさん(母)の部屋のエアコンをつけようとした時だった。

いつもならピッ!という軽快な電子音のあとにすぐに、エアコンという文明の利器が始動するはずだった。
ところが、今日に限ってなんの音もしない・・

「あれれれ・・」

ゴムでできた リモコンのスイッチボタンを何度も何度も押したが、ピッという音はなく、ボニョ~んとしたゴムの感触だけが、指先に残った。

そうか~電池がナッシング 
お~電池はどこだ~

家中の戸棚をあけてやっと探し出した単4電池を入れかえた。
文明の利器のエアコンも電池なしでは、ただの「でくの棒」と化すことがわかった。
そして、リモコンのボタンをピッ! というはずのエアコンだったが、またもやボニョ=ンとゴムの感触・・・

ま・まさかリモコンが故障

ばあさんの部屋のエアコンのリモコンは故障していたのだった。

そこでワタシは棒を探し、エアコン本体のスイッチめがけて棒を突き刺した
ピッ!と音がした。

お~

考えて見ればリモコンがないエアコンは悲しい
実にマヌケである。

当然エアコンに限ったことではない。
リモコンなしの 大型TV
リモコンなしの DVDプレーヤー
それが超先端の電化製品であればあるほど、悲しい・・・

「あっ、エアコン壊れてます?」とヘルパーさんに言われるたびに、

「すみません。この棒で突き刺してもらえますか?エアコンのスイッチめがけて・・・
[PR]
by asaasa-archi | 2011-01-18 00:53 | 生活