女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

のれん をかけてみた!

さぁさぁ、「終の棲家」の工事も終盤に入ってきました。

で、のれん をかけてみた!

e0147990_15303954.jpg


杉板の飾り長押は、釘をどこでも打って、コート掛やら、はたまた額などをかけておくためのものです。
もちろん手摺も万全ですよ。

和室には、堀座卓も完備です。

本日、ギリギリセーフでエアコンも買いました!(エコポイントは明日から半減)

人生最後の豊かな生活になりますように・・・

完成見学会は、12月18・19日です。
[PR]
by asaasa-archi | 2010-11-30 15:43 | お仕事

100円ショップで作るクリスマスリース

30分でできる、簡単クリスマスリースを紹介します。

e0147990_14473669.jpg



それでは100円ショップでGO!!

e0147990_144841100.jpg


軸となる円はガーデニングで使う「支柱つるまきリング10~13号鉢用」のリングを切り取って使います。
しめて¥1100分買いましたが、飾りつけは庭に落ちている松ぼっくりとかでもOKです。

e0147990_1452142.jpg


モヤモヤ(名前がわからん)をリングに巻きつけます。
終わりは、銀色のワイヤーで縛っておきます。


e0147990_145541.jpg


飾りつけをして終わりです~

簡単~

e0147990_15135375.jpg

[PR]
by asaasa-archi | 2010-11-29 14:56 | 生活

シクラメン花言葉 プチ物語

クリスマスが近づくと、街角でこれを見ない日はないくらい、12月にはポピュラーなお花・・・

e0147990_2223565.jpg


それはシクラメン

で、花言葉を調べてみたら、これが、案外ねっとりした感じで、驚いた・・

はにかみ 嫉妬 内気・・」


「シクラメン花言葉 プチ物語」

ジングルベルの音色が響く街角の交差点を曲がると、彼と行き付けのレストランがあった。
商店街の店先には、真っ赤なシクラメンが所狭しと飾ってある
今年もここでクリスマスディナーを彼とすると思っていた。
つい1ヶ月前までは・・・
「別れようか・・」彼はするどいまなざしできっぱりと言った。
ワタシの顔をはっきりと見ながら・・・
なぜ、ワタシの顔を凝視しながら、別れの言葉を言えるのかと怒りで心がいっぱいになった。

内気なワタシが自分から告白したのは2年前のクリスマス近い冬の夜だった。
彼の煮え切らない態度にしびれを切らしてのことであったが、はにかみながらたどたどしい告白だったが、その瞬間には、もうこれでいい、言えただけでも満足だとなぜか、清清しい気分になった。
「お~いいよ。」ワタシの一世一代の告白に、彼はいとも簡単にイエスと言った。

それから2年、彼との楽しい日々が続いた。
恋愛とは残酷なもので、どちらかが愛し続けていても、どちらかの愛が冷めたらそれで終わる。
それでも20代の別れはさほどの傷は残さないが、30代になった自分には、かなりの痛手ではあった。
泣きすがり、彼を追うことができない分別を憎みつつ、ワタシはクリスマスイヴの今日、その街角の交差点を曲がった。

そのレストランに彼の姿は当然なかった。
ありきたりのテレビドラマでは、こういう場面では、必ず彼は新しい彼女とそのレストランにいることになっているが、現実はそういうことにはならないのだ。
落胆と安堵を同時に味わい、ワタシはそのレストランの前を通り過ぎた。

別れを承諾したはずなのに、そして彼に新しい彼女がいるかどうかもわからないのに、ぐるぐると渦をまいて嫉妬というねっとりした感覚が身体中をかけめぐっていた。


HP作品紹介に「ひさかたのいえ」UPしましたので、ご覧ください。
[PR]
by asaasa-archi | 2010-11-28 22:55 | 生活

ワインで乾杯!

今年のボジョレーヌーボーを飲もうと友人たちと 藤枝駅南口のジェノバへGO~

e0147990_20135555.jpg


ボジョレーヌーボーはたった30分で飲み干し、その後はソアベ(白ワイン) その後もかなり延々と飲んでしまった!

もう2軒とはしごしてしまい~帰宅は午前4時!

まったく、すごい飲んだもんだね~

50歳おばさんもやるね~

ヘヘヘ

HP作品紹介に「ひさかたのいえ」UP しましたので、ご覧ください。
[PR]
by asaasa-archi | 2010-11-27 20:20 | 生活

餅屋は餅屋

本日「ひさかたのいえ」の写真がカメラマンから届いた。

いや~さすが、上手ですね~
「餅(屋)は餅屋」・・・餅は餅屋がついたものが一番美味しいという意味。

e0147990_2010032.jpg


e0147990_20132063.jpg


e0147990_2019347.jpg


e0147990_2010203.jpg


e0147990_20141112.jpg


e0147990_20192673.jpg



もうすぐ、HPにUPしますね~
[PR]
by asaasa-archi | 2010-11-25 20:20 | お仕事

秋の夜長の読むちょっとオモシロイ本2

今日は コレ!

e0147990_23263738.jpg


今をときめく理系出身人気作家 東野圭吾のミステリー小説だ。

思わぬトラブルから銃で脳を撃たれた主人公が、研究段階である脳の移植手術を受ける。
手術は成功し、主人公は生き返るが、ドナーの脳が主人公の中で生きつづけ、別人格になっていく恐怖を描いている。
破滅的なストーリーにぐいぐい引き込まれ、あっという間に読めてしまう。

題材的には、どこかで読んだような物語なのだが、ストーリーにテンポがあり、展開に意外性があり、結末がまったくわからないうちに、ストンと終わりを告げる。

主人公が狂気のドナーの脳に侵食されていく様がリアルで緻密に描かれ計算しつくされ完成度が高い。
推理小説にありがちな、伏線を投げたり拾ったりする展開ではなく、主人公の苦悩の様子を段階的に追っている。

文学的にも高い価値がある。

是非お奨めの1冊である。
[PR]
by asaasa-archi | 2010-11-24 23:41 | 読書

秋の果実2

今日は 柿 です。

e0147990_11391399.jpg


柿とかぶのサラダ(和え物)です。


かぶ(葉も切って塩もみしておきます)
塩こんぶ
まぜまぜして、ちょっぴりオリーブオイルをかけます。

できあがり~
[PR]
by asaasa-archi | 2010-11-22 11:42 | 30分クッキング

秋の果実

今日の材料は林檎と柚

アップルパイを作りました。

e0147990_13442669.jpg


林檎を切ってグラッセにします。

e0147990_13454257.jpg


シナモンをかけて、そのまま食べてもよし、今日は市販のパイシートでアップルパイを焼きました。

e0147990_1347562.jpg


自分で作れば、甘さも自分流

次は柚
ワタシはこの時期、黄色い柚がスーパーに出回ると、皮を切って、小分けにして冷凍保存します。
いつでも、柚が料理に使えます。

e0147990_13492754.jpg


で残った実はジャムにします。

e0147990_13503724.jpg


苦味を押さえるために、実と皮の間の白いところを取り除きます。
たっぷりの白ワインで煮込んでも美味しいです。

秋の果実に感謝です。
[PR]
by asaasa-archi | 2010-11-21 13:53 | 30分クッキング

暖簾(のれん)が表すもの・・・

ワタシが最初に「暖簾(のれん)」を買ったのは、小学校のPTAの役員のお疲れ様旅行で行った京都だった。

みんなと離れ、一人で京都の町をぶらぶらして、とある洒落た店に入った。
そこは、暖簾やら、皮製品やらおいてあるデザイナーズショップのような和モダンの店だった。

ワタシはすぐにその上品な暖簾に目がいった。
パリっとした生成りの麻でなすびの絵が手書きで描かれていた。

ワタシの家はキッチンは扉で仕切られた独立キッチンだったが、夏はその扉を開け放して、なにかちょっとしたものを掛けておきたいという気持ちがあった。
その「なすび」の暖簾がぴったりだと直感した。

1万円ほどしたが、すぐに購入した。

その後ソウルに何度か旅行した際にも、麻の暖簾を買った。
韓国の暖簾は、デザインが斬新で、同系色のグラデーションのものが多かった。
色彩も日本にはないような、明るいもの(特にピンク系)が目をひいた。

もうすぐ完成する「終の棲家」の住人は、以前にお店を営まれた方なので、家のつくりもちょっぴりお店風な玄関になっている。
1間の引き違いの玄関戸は透明ガラスになっている。
もうお店をやることはないのだが、郷愁の思いからそうなった。

で、暖簾が必要だと思っていた。

近隣のカーテン屋さんなどを見て回ったが、これというものがなかったので、ネットで探した。

あるある、いいものが・・・

生成りの麻で手書きで「しだれ桜」が描かれているものを購入した。

本日届いたその暖簾を広げたら、鮮やかなしだれ桜が勢いよく描かれ、凛とした気品が漂っていた。
パリっとした高級な麻の素材は古くから伝わる東洋の芸術を引き継ぎ、桜の1枚1枚の花びらには、日本人が誇る世界観を表していた。

みごとだ。

これを玄関に仰ぐ「終の棲家」は人生最期を飾る彼女の生き方そのものになるであろう。

完成が楽しみになってきた。

e0147990_015585.jpg


見学会を開催します。12月18・19日です。
[PR]
by asaasa-archi | 2010-11-20 23:53 | お仕事

おうちCO-OP

mysonがいなくなって、おかず屋さんの宅配便をやめてから、はや2年が過ぎようとしている。
週に2.3回、近くのスーパーに買い物に行くのを楽しんでいたが、それも最近はちょっと大変になってきた。

で、始めました、「おうちCO-OP」

e0147990_22104767.jpg


生協のおかず宅配便です。

小さい子供がいてなかなか買い物に行くのが大変なお宅や、高齢の方にも便利なものである。
ばーさんが介護3なので、なんと、宅配料は半額の¥53/回になった。
これは、宅配しない週があっても徴収されるので、実際は¥212/月なのだ。

でもでも、これは、イイ~ね~

野菜をまとめて買ったり、醤油、みりんなどのビンものを買ったりすれば荷物はかなり重たくなる。
そこに、トイレットペーパーやティッシュペーパーがあれば、さらに荷物はがさばって、買い物に行くだけでも大変な作業なのである。

コープの方が来てくれて手続きをした。
そのときくれた、蒸し大豆で、ビーンズサラダを作っちゃいましたよ~

e0147990_2221293.jpg


もちろん材料はあり合わせの野菜で、ビーンズ+胡瓜+ピーマン+にんじん+コーン+魚肉ソーセージです。
同じような大きさに切って、マヨネース+ちょこっとバジルソースを足しました。
トマトがあれば、オリーブオイルをかけてもイタリアン風味になりますよ~

楽しい~です~

カタログで観るスーパーマーケット って感じですね~

チラシに載っている「ただの炭酸水」  これ、ウイスキーに足して今はやりの「ハイボール」できちゃいますね~
[PR]
by asaasa-archi | 2010-11-19 22:28 | 30分クッキング