女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

週刊誌のちょい読み

週刊誌をちょい読みする機会はふんだんにある。

美容院、スーパーの書籍コーナー、1年点検で訪れたトヨペットの待合室・・・

①竜馬ネタ

そりゃ~福山クンが竜馬だったら、オンナならだれだって好きになる。
でも、写真で見る竜馬はお世辞でもイケてるとは言いがたい。
当時としては、背が高かったようだが、ん~それは、ポイントは確かに高いが・・・

で、おりょう、お佐那、加尾、もうひとりなんとかいう芸奴さん 4人のオンナがベタぼれしていたという記事だった。
なおも、おりょうとお佐那はともに竜馬死後、ワタシこそが妻だと争ったと書いてあった。
お~おとこ冥利につきる話だ。

なにか、オンナを虜にする魅力があるのだろうから、これからはTVを観るときには、福山クンの顔をエガチャンに置き換えて見てみよう・・・
だって、大概のオンナは福山クンの顔にほれぼれしちゃって、その人間性にまで、目がいかないからだ。

②枡添ネタ

なんと知らなかったが、3回の結婚と2人の愛人に認知済の隠し子が3人もいて、今でも養育費を払っていると書いてあった。

ドヒャーそんなハレンチオトコが総理になったら絶対に困る!
みんなはどう思うかしれないが、ワタシはお断りだ!
3回の結婚はまぁ、しょうがないとしてもだ。2人の愛人+3人の隠し子とは、なんたる不始末極まりない!
動物以下の人間だ。

③杉田かおるのダイエットネタ

なんとか女優として、がんばってほしい。
青春の門なんか、よかったんだけどね~
[PR]
by asaasa-archi | 2010-04-29 18:21 | 読書

キッチンのかいかぶり

色々なメーカーが、すんごい機能やらデザインやらを矢継ぎ早に世に出すので、ワタシたちは追いつけない。

お~これでもか、これでもか という具合にマイナーチェンジを繰り返す。
カタログだって、しっかり見たら、へとへとになる。

キッチンほど、人によって見解が違うものもないが、でも、大体、欲の収束する着地点は似たかよったかなのである。
家具でもないし、びっくり箱でもないからだ。

でもはずせない点はある。

① 水栓はシャワー水栓で、のびるものでなければダメだ。シンクの隅々まで洗えない。

② 食器洗い機は絶対にいる。今時のオンナは手などで食器を洗ってはだめだ。地位向上を目指そう!

③ 扉は ツルツル素材でなければ、必ず後悔する。汚れるからだ。

④ 上部の吊戸はもういらない。しまいっぱなしになるのは必須だからだ。

⑤ 天板はステンでもよし、人工大理石でもどちらでもかまわない。たいした差はないからだ。

⑥ 片付けに自信がないオンナは独立型にしたほうがよい。恥をさらすからだ。

⑦ 専業主婦もしくは、子沢山でなければ、たいした収納はいらない。使うナベやら食器は限られているからだ。

⑧ 全部しまおうなんて考えないほうがよい。不可能だからだ。キッチンをよく使うオンナは手元によく使うものを置いておく。効率がよいからだ。自分の能力を知ろう~

⑨ 高いものや、手作りはいらない。汎用型の安めのキッチンでよい。使ってこそ、キッチンも喜ぶというものだ。

キッチンセットを買いかぶってはいけない。
そこは家族に暖かい料理をつくり、家族の健康を守るところだ。
[PR]
by asaasa-archi | 2010-04-28 23:04 | お仕事

1Q84 Book3を読んだ。

Book1.2とはステージが変わった。

どんなステージかというと、仮想空間が現実世界のごとく、動いているような錯覚に陥り始めたという感覚である。
時間の流れもゆるやかになった。

Book1.2は仮想空間に突然入り込んだ青豆が、仮想空間を作中の物語とともに展開し、説明されていて、にわかにそのステージが理解できずに頭の中で浮遊しているようだった。
その速度に脳がついていけずに、何度も前に戻って読み返した。

今回は殺人者(真実は違うのだが)として追われる青豆にせまりくる危険と、天吾との再会を待つ純愛がつぶさに書かれていて、素直に読み続けられた。
孤独のなかに生きる二人が強く惹かれあう正真正銘のプラトニックラブの原点であろう。

比喩の表現が美しく、文体も読みやすい。丁寧に書き込まれている。

しかし、ラストで、仮想空間から現実世界に戻ったかのようにみえて、さらにまた違う空間へと行き着いたかのような終わり方をした。
そして天吾が書いているという「空気さなぎ」の続編の存在があきらかになった。

多分、Book4もでるだろう・・・

ますます村上ワールドの神秘の迷路に迷い込む・・・
[PR]
by asaasa-archi | 2010-04-28 09:43 | 読書

ディスコクイーン

今夜TVで西条秀樹がヤングマンを歌っていたのをみて思い出した。

ワタシが大学に入学した頃はディスコティックの全盛期であった。
サザンオールスターズが当時青山学院の4年生で、「勝手にシンドバット」で華やかなデビューをした頃だ。
国分寺に住んでいたワタシは吉祥寺までの通勤定期を買い、毎晩のようにディスコティックに通っていた。
その名を「インディペンデントハウス」と言った。

このインディは新宿の歌舞伎町にもあったが、そこそこ近いところで吉祥寺をよく利用した。

曲はサザンの他には、この西条秀樹のヤングマン 本家のビレッジピーポーももちろんかかっていた。
アースウィンドアンドファイアーなどもよこ覚えている。

ポッキリ料金で¥1980だった。
なので、オールナイトで踊り明かした夜も少なくなかった。

そこは男子が女子を誘うナンパと呼ばれるメッカであったので、必ず女子同士で出かけていった。
新しい男子と知り合えるからだ。

もちろん下宿生に電話などはなく、知り合ったら次回のデートの約束を必ずした。
そうしなければ、会えないからだ。
今時のように、携帯メルアドなど交換するような、なまっちょろい事はできない。
気に入ったら、即約束なのである。

草食系男子などはいなかった。
みな男子はあわよくば、ディスコから、即デートか下宿に連れ込むことを考えていた。
なので、女子はじらして、じらして、OKをだした。

夢のように楽しかった。

西条秀樹はさすがに、その経った年月を感じさせるような風貌になっていたが、歌声はかわりなく力強かった。
みごとである。

ワタシの風貌も変わり、息子が当時のワタシの歳を越えていた。
[PR]
by asaasa-archi | 2010-04-26 21:36 | 恋ばな 思い出

劇的ではないかもしれないビフォーアフター

リフォームを手がけるのは実は2回目なのである。

もちろん、お勤めしていた頃には何回も経験したが、独立してからは、ちょっぴり敬遠していたのかもしれない。
なぜなら、新築と比べて施工的制約も多く、工期も手早く行う必要性があるので、難易度は新築と比べて高い。

ところが、新築と比べて、面白いのは、リフォームをする目的が人それぞれ違うことである。
ある人は老夫婦に住みやすいような減築を、ある人は水廻りの取替えで生活しやすく、ある人は欲しかった一間を・・・
様々な人間模様が推し量れる。

以前のリフォームは使っていなかった離れを老人室に改装した。
今回は欲しかった一間をメインにその続きの和室を洋室に改装し、水廻りも取り替える。
なので、思いっきり、贅沢でオシャレな空間にする。

人の人生は短い。

豊かな住居に住めることは、限りない幸せなのである。
日々の暮らしを充実してこそ、満足のきわみであると思う。

子を育て、老親を看取り、夫婦二人になったら、そう旅行にだって何回も行けるわけではないのだから、せいぜい残りの人生を、欲しかった部屋や贅沢なインテリアに囲まれて過ごすのは、悪くない。

劇的ではないかもしれないが、残りの人生が華やいだ気持ちにさせてくれるような改装になればと、ワタシは願っている。
[PR]
by asaasa-archi | 2010-04-25 23:06 | お仕事

やっちっまったなぁ~

今日は「ひさかたの家」の地鎮祭

葬式疲れで、朝スーパーの開店とともに「清酒」を買いに走った・・・

ワタシはのしの名入れは出来る限り、自筆で書いている。
もちろん筆ペンで、つたない文字で書くので、なんら自慢などできるしろものではないが・・・

確か小学校六年生では習字は2段程度だったような気もするが、その後の怠慢で字は下手くそ街道をまっしぐらなのである。

だから、ただ書いたという程度のものである。

お~大きいのし紙がな~い~
お、でも短冊型なら、あったぞ~

そして、現地に・・・

施工会社の方やら、業者さんやら、大勢きてくれている!
清酒のビンもたくさんじゃ~

さっそく、風呂敷から、清酒を出し、祭壇に置こうとしたときだった。

祝・上・棟????
お~地鎮祭なら「奉献」だ~
ま・ち・が・え・た~
ばか!
ばか!
ばか!

お~
お~
お~

や・やっちまったなぁ~

こっそりとのし紙をひっぺがし、のし紙なしで祭壇に置いたのだった・・・

すんません・・・
[PR]
by asaasa-archi | 2010-04-24 22:56 | お仕事

闇に光

三次元を二次元で表現する以上、しょせん限界がある。
形を言葉で表現するのにも、同様であると同じように・・・

PCで仮想空間体験のようにめくるめく部屋の中をミクロの決死圏ばりに行きかったとしても、だめな場合も多い。
それはなぜかというと、人間には五感というものがあり、それすべてで空間を感じ取るからだ。
私たち専門家であったとしても、二次元を三次元に頭でおきかえるとき、経験値というものに少なからず頼っている。

「cozy home」は空間の使い方が思い切っている。
1Fのダイニングが吹抜となり、そこを回り込むように1.3FにWC、1.7Fにリビング 2Fに寝室という配置なのだ。
だから、上棟するまでは、ワタシも少なくとも数%も未知の部分があった。
上棟が終わり、あきらかに一人歩きしたその空間はワタシの想像よりも圧巻であった。

照明とその位置の打ち合わせはたまたま夜になったが、はっきり言って正解だった。
闇に浮かび上がる光の具合を体感した。
仮設電球の位置をずらすことにより、微妙に光の表情が変わっていった。

体がビクッと震えた。

闇に光

人間が動物であることを実感する瞬間だった。
[PR]
by asaasa-archi | 2010-04-22 23:25 | お仕事

おかあさんのお一人様ランチ

昼間おかあさんたちはお一人様ランチを家で食べるのだが、やっぱ、残りメシじゃぁ、ちょっぴりわびしいと感じることもある。

そこで、ワンディッシュのランチレシピを紹介しますよん・・・

①スープスパ
 フライパンに水を入れて沸騰させた後、10cm程度に市販のスパデッティーを割りいれる。
 そこに固形コンソメでも、鶏がらスープの粉末でもなんでもOKなので味付けする。
 具は冷蔵庫のあまりもの 例えばキャベツ+ソーセージ ほうれん草+ベーコン 白菜+豚ひき肉となんでも いいのでいれる。
 スパゲッティーを湯がく鍋はいらない。
 おしゃれなフライパンなら、お皿にとりだすこともなく、そのまま食卓に並べられる。

 これで 終わり・・・

②定番のチャーハン 
 フライパンに油をしき、
 ニンニク+冷や飯 味付けは明太子 トッピングに大葉+のり・・・最高
 鶏肉+ケチャップ+玉子  レトロでなかなかいける

③じゃがいも料理 
 じゃがいもを千きりにしてチン+油で炒める+マヨネーズ+チーズ・・子供にも人気
 じゃがいもをスライスしてチン+油で炒める+卵をからめてキッシュのできあがり

④ぞうすい(リゾット)
 味付けでこれが七変化する。
 スパゲッティー用のボンゴレスープの缶・・・お店の味になる
 スパゲッティー用のミートソースの缶をいれ煮詰めて、チーズをのせオーブンで焼く・・・最高
 スパゲッティー用のカルボナーラの缶 最高の欧風リゾットになる。
 ダイエット中の方は、永谷園のマツタケのお吸い物を入れてOKなのだ! 
 
 
[PR]
by asaasa-archi | 2010-04-19 23:05 | 30分クッキング

のだめカンタービレ(後編)を観た

前編が良かったので、かなり期待して、封切日に観たけど、すんません・・・つまらなかった・・・007.gif

退屈だったしね・・・
2回も寝ちゃったね・・・

これなら、前編にくっつけてやっちゃったほうが、よかったんじゃないのかと思った。
もう、コメントなしですワ~007.gif

で、口直しに、1Q84の3を買った。
お~今度は最初から、読みやすい。
楽しみだ~

ということで、今から読書しま~す053.gif053.gif053.gif
[PR]
by asaasa-archi | 2010-04-17 21:09 | 映画・TV

やっぱり買ってしまったか・・・

「こんにちは、佐川急便で~す。」
まるぽちゃの陽気なおばさんが佐川さんはくる。
「え、え、なんだっけ・・・」

「お~ついにきたか・・・」
DVD「風が強く吹いている」をネットで買ってしまったのだ。

劇場で2回観た。
原作も読んだ。
で、本日もさっそく1回観た。

なにしろ、若者が走る姿が好きなんだ。
しかも、駅伝というたすきをつなぐことで育まれる友情が好きなんだ。
昔のスポコンみたいな、浪花節や根性至上主義はまったくない。
がんばったものが、何かを得るという、シンプルなサクセスストーリーだ。

現実にはたった10名でコーチも監督もいない大学長距離陸上部では可能性はゼロに等しいもかもしれないが、大事なことをあらためて提起した題材だと思う。
始めなければゼロだが、やり抜けばそこに新しい未来が見えてくる。

東洋大学だって、柏原くんの登場で一気に本命にのしあがり、青山学院大だって、2年連続で出場できた。
かならず強くなることを信じて、がんばるということが大事なのだ。

元気がでる。

仕事で疲れていても、家族の煩雑な用事にいらいらしていたとしても、気分がリセットされて、意気があがる。

なにしろ大好きな本番の箱根駅伝は正月にしかやらないので、オフの季節はこれを観ることにしよう・・・

ヒロもいいけど、小出クンもちょっとはずせないよなぁ~
最近は「ゲゲゲの女房」の向井クンも好きだ。

おばさんの嗜好はどんどん上り詰める勢いだ・・・

 
[PR]
by asaasa-archi | 2010-04-16 21:33 | 映画・TV