女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 12月 ( 19 )   > この月の画像一覧

年末の料理4

さてさてもう30日になってしまいました。

本日は 「なま酢」
e0147990_2152993.jpg


「紅白なま酢」は甘甘になりすぎるので、ワタシは日高昆布を入れてちょっぴり味に深みをだしています。
①大根とにんじんを細切にして塩でしめます。
②昆布を水から5分程度煮出し、同じように細切にして①に混ぜます。
③先ほどの昆布だし+みりん+砂糖+酒でたれをつくり混ぜて、できあがりです。

簡単だ~材料費は多分¥100 以内だと思います。


次は「田つくり」

①フライパンで鰯の小魚(乾物)+小エビ(乾物)を乾煎りします。
e0147990_21582433.jpg


②そこに、みりん+砂糖+酒を入れてさらに炒ります。
e0147990_2159189.jpg


できあがり~

本日はさらに簡単でした~
[PR]
by asaasa-archi | 2009-12-30 21:59 | 30分クッキング

年末の料理3

今日は「伊達巻」をつくりました。

じゃ~ん

e0147990_1951439.jpg


まずは簡単作り方
①卵4こ(砂糖適宜+塩少々+酒少々+みりん少々+醤油少々)と はんぺん とすりこ木すり鉢
e0147990_1973378.jpg


②はんぺんを擂りながら徐々にとき卵を入れる
e0147990_1992667.jpg


③すりつぶす
e0147990_1995771.jpg


④これを卵焼きフライパン(四角いヤツ)に入れて焼く。

⑤巻き簾で熱いうちに巻く
e0147990_19112535.jpg


できあがりで~す。

も~も~超簡単です。
卵4コ分¥80 はんぺん¥150 で約¥230でたくさんできます。

これも、出来合いのものと比べて、ほんのりとした甘さでいくらでも、食べれます。

明日は「なま酢」をつくります。
[PR]
by asaasa-archi | 2009-12-29 19:13 | 30分クッキング

年末の料理2

さてさて今日は「黒豆」です。

e0147990_23502421.jpg


この料理で一番気をつけたいことは、豆に「しわ」ができずに、つるんつるんの状態にすることです。
これが、難しいのです。

まず、火力が少しでも強いと ブー です。
そして煮込む際に、冷気にあたると豆にしわができるので、豆を常に煮汁にひたる状態を保つことなのです。

でも、これさえ気をつければ、簡単です。

ワタシの場合は、
①洗った豆を水カップ5杯+砂糖適宜+塩少々+重曹少々+醤油少々に、一晩つけます。
②アルミホイルで落し蓋+蓋(隙間を空ける)で超弱火で4時間煮込むだけです。

ほれほれ簡単ですよ~

出来合いの黒豆は甘くて、たくさん食べれませんが、これは、ほんのり甘い黒豆です。

丹波の黒豆代 ¥300でした。

明日は、伊達巻を作ります~
[PR]
by asaasa-archi | 2009-12-28 23:59 | 30分クッキング

年末の料理

ではでは、つくりました~

「焼き豚」ではなく「煮豚」です。

すごく簡単ですので、レシピというほど何もないのですが・・・

①豚ロースのブロック肉を買ってきて、タコ糸で縛り上げます。
②フライパンに油を敷き、表面をかるく焼きます。
③そこに水カップ5杯+醤油適宜+砂糖適宜+生姜のすりおろし適宜(チューブで売ってるヤツでOK)を入れ て、ちょっと薄いかな~くらいの味付けにする。
④アルミホイルで落し蓋+蓋をして、ひたすら弱火で煮るだけです。(1時間くらい)

e0147990_214128.jpg


⑤こんな感じになったら、鍋に移します。煮詰めるためです。
⑥また落し蓋をして、今度は1.5時間くらい煮詰めます。

e0147990_2164629.jpg


これで出来上がりです。
ジューシーで箸で切れるほど柔らかにできます。
材料費はブロック肉¥600だけです。

次は、栗きんとんです。

これも煮豚以上に簡単です。

①サツマイモを3cmくらいに切、厚く皮をむいたら、少し水でさらします。
②水カップ5杯くらいに上記と「くちなしの実」をいれて芋がやわらかくなるまで、湯がきます。
③これを取り出して、鍋にいれて、木へらで軽くペーストにしながら、栗の甘露煮のシロップと砂糖大さじ4杯く らい+塩少々でまぜます。
④栗をいれて出来上がり。

e0147990_2115727.jpg


出来合いのものは、甘くて食べられませんが、これは、ほんのりした甘さで最高です。
お好みで、レーズンやパイナップルを入れるとお子様向きになります。
サツマイモ3本で¥398 栗の甘露煮¥198 計¥596でした。
[PR]
by asaasa-archi | 2009-12-27 21:17 | 30分クッキング

年末の家事

なにしろ去年の年末は my son の大学受験でなにも手がつかなかった。

大学受験生をもつ親はこの時期はホント、忙しい。
いえいえ、忙しいというよりも、気持ちが落ち着かなくて、なにもやる気がしないというのが、正解だ。

せっぱつまったmy sonはとにかく寝る時間と食べる時間以外は勉強ばかりしていた。
すごく頭がよければ、こんなにもしなくていいのかもしれないが、my sonは凡人なのだ。
だから、ワタシはとりよせた10校の願書をすべてチェックした。
大学によって、書き方や写真のサイズ、受験料の振込み日がすべて違うからだ。

も~頭がグルグルバッキューンって感じで、年末に行う家事をなにもしなかった。

汚れた窓ガラスや網戸やカーテンも見なかったことにした。
おせちもスーパーで全部買った。

だから今年はがんばることにした

網戸と外側の窓ガラスは暖かい日にやりたかったので、今日行った!

簡単方式(網戸をはずさない)
①バケツにマイペットの薄め液をつくる。
②ホースをジェット噴射にして、網戸がはまったままの状態で水を噴射する。
③柄の長いブラシをマイペット液につけて、バリバリと網戸、窓ガラスを洗う。
④また、水をジェット噴射する。
これで、バッチリきれいになる。

ただし、ルーバー窓の網戸だけは、内側からはずして、洗うしかない。

内部の窓は
①カーテンを洗う
②窓にガラスマイペットを吹きかけて、柄の長いT字型で、片方はスポンジ片方はゴムのついたヤツのスポンジ部分で汚れをこすった後、ゴム部分で水気をぬぐう。
これで、高い窓もバッチリだ。

メチャ疲れた~

あさっては「おせち料理」を少しつくる予定だ。

黒豆
焼きブタ
栗きんとん
お煮しめ
は出来合いを買うと高いので、つくるが、あとは買うことにしよう~

やっといつもの年末に戻った。

で、my son といえば、
「1月末には期末試験があるから、2.3日アパートで勉強してから帰るゼ」
「えっ!ほんと~か?」
         
[PR]
by asaasa-archi | 2009-12-26 23:14 | 生活

マッチ売りの少女

年末になり世の中がクリスマス・クリスマスとバカ騒ぎしているが、ワタシはこの時期になると、アンデルセンのマッチ売りの少女を思い出す。

最初に知ったのは絵本だったか、童話で読んだのかは忘れてしまったが、ワタシの心に鮮烈に焼き付いている。
悲しい物語はたくさんあるけれど、これは、寒くて雪が降っていて、恵まれない少女の環境とクリスマスで華やぐ街行く豊かな人々との対比がこれを助長する。

クリスマスは降誕祭といって正確にはキリストの誕生日ではないが、そんなことは多分どーでもいいだろうから、野暮な話はしない。
宗教に寛容な日本人はイルミネーションを見てはキレイだと言い、美味しいケーキを食べ、年頃のオンナノコは彼氏とプレゼントを交換する日なのだから・・・

少女はマッチが全部売れないと家に帰れない。
あまりの寒さに売れないマッチをすって暖をとろうとするが、マッチで暖がとれるはずもない。
おばあちゃんの幻影と話しながら天国に召されていく。

なんで豊かな人々はマッチを買ってあげないのだろうか。
なんでお父さんはマッチが全部売れないと家に帰ってはいけないと言うのだろうか。
なんでおばあちゃんは寒いから早く家に帰りなさいと言わないのだろうか。

小さなワタシの心には疑問がたくさんあった。

でもよく考えるといまでも事例は変わっても、同じような疑問は解決できていない。

童話が全ての小説の原点であると思える理由のひとつである。
[PR]
by asaasa-archi | 2009-12-25 00:20 | 思うこと

アバターを観た

映像がすごい。
美しいし、迫力もある。


衛星パンドラは地球によく似たところで、海、川や森、動物や植物もいるし、昼と夜もある。
ただ、酸素はないみたいなので、人間は専用のマスクをつけないと呼吸ができないところである。
もちろん動物や植物は近未来的で創造的なものである。
その風景は全体の色彩が深いブルー・・・ ターコイズブルーといった感じで神秘で魅惑的だ。

ナヴィと呼ばれる先住民族がいるのだが、人間の1.5倍くらいの大きさでアフリカの奥地にいそうな井出達だ。

ストーリーは「ソルジャーブルー」(キャンディスバーゲンの映画:古くて皆知らないよね~)的 
つまりイギリス人が昔、インディアンを武力で奥地に追いやり、アメリカの土地を略奪する というものとさほど変わらないので、ん~まぁまぁってとこだろう・・・

イギリス人が地球人に、インディアンがナヴィに、アメリカの土地が衛星パンドラに代わっただけであるからだ。
なので、最後は救いの無い結末で終わる。(もともとそういう題材だからしょうがない)

でも、ナヴィの動きも美しく、動植物もリアルだし、色彩も美しすぎて引き込まれる。

よいできだ。

これは、映像を楽しむ映画だと思う。

ちょっと長いので、実際途中で少し寝てしまった・・・
[PR]
by asaasa-archi | 2009-12-23 18:07 | 映画・TV

JIN-仁の最終回は犯人がみつからない推理小説と同じだ

もしも本当にあれで終わりだとしたら、そりゃぁ世間つ~もんが納得しないだろ?

というか、あれはまるで、犯人がみつからない推理小説を読んだみたいで、まったく釈然としないというか、気持ちが悪い。

脚本として成立してないだろ~

あれほど、ストーリーが「タイムスリップの謎」という伏線をばらまきながら、それをもとに主人公が悩んだりしているのがメインテーマであるにもかかわらず、その謎がまったく解明されないままに、終わった。

当然、映画で最終章みたいなやつをやると思っていたのに、TBS側はないと言っているらしい。
もしも本当にないとしたら、感動しながら観ていた視聴者は肩透かしだ。

包帯ぐるぐる巻きのヤツは誰だ?
あのアルコール漬にされた、胎児は誰だ?
アイツは時々閉じていた眼をバッキーンと開いて皆を驚かしていたではないか・・・

はっきりしてくれ!!

頼む!!

置き忘れたものがどこにあるのか思い出せない時のような、不快な感じなんだよ~
いえいえ、咽喉につまったモチがつまったままの時のような・・・
いえいえ、昔、不幸の手紙をだしたヤツがみつからない時のような・・・

とにかく、続編を頼む!

お願いだ~
[PR]
by asaasa-archi | 2009-12-22 21:35 | 映画・TV

足場がとれると、うれしいのだ。

今日は、「Skip F Method House」の外部足場がとれる日なので、現場にむかった。

寒い寒いと言っていてもしょうがない・・・
「あっ、去年TVショッピングで買った、ダウンジャケットがあったなぁ・・・」
ということで、小屋裏収納から、引っ張り出して着てみた。

白くて、モコモコでそういえば去年着ていたときには、それを見た皆が皆、「雪だるまみたい~」
とほざいていたノダ!!

くそっ!
誰が雪だるまじゃ~

家からでたら、隣のおばさんに会って、「す・素敵なダウンね・・・・」
「ハハハ・・・そうですか?」

e0147990_23332175.jpg


な・なんだ~まだ、ネットがとれただけだ~
でも、うれしくなって、ブログに久々写真をのせちゃおうかな~

じ・自分で言うのもなんですが、内部のつくりが凝ってるんですよ~

2月初旬には完成しますので、お・お楽しみに・・・
[PR]
by asaasa-archi | 2009-12-21 23:37 | お仕事

のだめカンタービレを観た

これってやっぱり恋愛映画なんだと思った。

e0147990_22452524.jpg


TVでは千秋先輩の「オレさま主義」とのだめの「漫画チックなキャラ」がデフォルメされてたけど、人気がでてくるにつれて、ヨーロッパ編から今回の映画にかけて真面目な恋愛的描写がわりと描かれるようになってきた気がした。

芸術系学生同士の恋愛ってけっこう難しい。
それは、互いに穏やかな恋愛を求める気持ちと、個々の自分力を競い合う気持ちが交差するからだ。

同じように進歩したいのだけれど、現実はそうはいかないから、狭間で悩んだりする。

それにしても、ヨーロッパの風景も上手に映し出していたし、なんといっても背景に流れるオーケストラの音楽が素晴らしい。

引き込まれる。

ストーリー的には、TVでやった「だめなSオケ」を立派にするのと同じように、「だめオケ」復活版という具合なので、たいしたことはないが、音楽と玉木くんのお顔がかっこよくて、帳消しにしてしまう。

いやらしくも、いいところで前編がおわっている。
展開は見えているが、やはり、後編も観たい。

TV系の映画は、深く考えさせたりしないのだが、映像がやはり見事である。

この映画はDVDよりは、オリジナルサウンドトラックのCDを買いたくなった。
[PR]
by asaasa-archi | 2009-12-20 22:47 | 映画・TV