女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧

高岡の家

「高岡の家」のお客様は本当に素晴らしい。

ひとつひとつを丁寧に決めてくれる。058.gif

8月いっぱいで基本プランがだいたい決まった。
今は実施設計に入ってます。

二世帯住宅でしかもメゾネット型のプラン
建築面積のほぼ半分づつでわけてある。
なので、
この面積争奪戦が目にみえぬところで、繰り広げられたようだ。

二世帯住宅で親世帯のほうの打ち合わせは若夫婦のご主人が全部中継ぎをしてくださっている。
なぜかというと、二世帯住宅で資金が若夫婦の場合はワタシが親世帯の打ち合わせをしないほうがまとまるからだ。
これは、ひたすら経験である。
もちろん考えられる要素はあるが、お金を出す夫婦とのみ打ち合わせを行うほうがよい。

嫁姑間のつながりは非常に微妙で不安定なものだ。
だから、中継ぎを息子にやっていただくのが、絶対にイイ!
まちがいない!

「あ~お母さんちとこ、もうこんなによくしちゃったら、お金がかかるわ~」という嫁側のつぶやきもそ知らぬ顔で聞いてられるし、「この話は嫁にはないしょでね。」という姑側のグチも聞かずにすむ。
ワタシは設計にのみ没頭できるからだ。

はるか昔の話だが、姑が長男の嫁の悪口をさんざん言って帰り、どんなに仲が悪いのかと思ったら、すごく仲がよい場面を見て、人間不信に陥ったことが思い出される。
つまり嫁の悪口は、聞いているほうは、ハラハラドキドキなのに、言っている本人はほんの軽口か世間話の延長のつもりなのだ。008.gif008.gif

TVドラマさながらという訳である。

ので、どんなに仲がよさそうにみえる親子でも、ワタシの独断と偏見で二世帯住宅の場合は親世帯の要望は息子に聞いてもらうことに決めている。028.gif028.gif028.gif

PS:「高岡の家」の皆様は仲良しですから・・・誤解なきように・・・
[PR]
by asaasa-archi | 2009-08-31 23:45 | お仕事

疲弊する社会2

小選挙区制について考えてみたい。

導入されてから10数年であるが、前回、今回(結果は明日)の選挙でおわかりかとも思うが、すごい変化の波があらわれることになる。
前回はもちろん皆さんの記憶にも新しいが、小泉郵政選挙で自民党が圧勝した。
今回もすごいことが起こりそうだ。

長所、短所などの説明はウィキペディアを見てくれればわかるのでしない。

比例代表制も並行しているので、一概にはいえないが、問題は残る。

日本は議会制民主主義を選択しているので、政党に権力が集まることになる。

政党政治である。

なので、立候補する人物ではなく、その人物が所属する政党を選ぶことになる。
USAのように2大政党政治が成熟していればわかりやすいが、日本の場合は自民党しか政権を握っていたことがないので、有権者は政党を選ぶといっても、なかなかわかりにくい。

経済が発展し、国民が豊かであった1億総中流家庭だった時代はもう終わった。
ノンポリだった私達も真剣に政治を考えなければ、身近な生活も脅かされる状態になった。

なので、選挙区制についても、はたしてこれでいいのかが問われるのではないか。
民意を十分反映できるのか。
選挙が終わったら、十分議論してほしいと思う。

それほど今回の選挙は多分すごいことがおこるような気がする。
[PR]
by asaasa-archi | 2009-08-29 09:59 | 政治

疲弊する社会

朝のコメントのイデオロギー続きで恐縮です。

前述でも述べたが、共産主義社会はほぼ崩壊した。
なので、当然ともいえるのだが資本主義社会もかなり疲弊している。


ワタシが思うに共産主義はロシアや中国などにとっては歩まなければならない過程であることは間違いないのだが、(つまり19世紀から続いた王政国家貴族社会から離脱するための王道だから)やはり歴史の下した判断はその社会は20世紀最大の汚点であったと言わざるを得ないのも事実である。
(付け加えるがマルクスレーニン思想がまちがいということでは決してない。)

だからといって現状の資本主義社会が完全無欠だということにはならない。

PCだってバージョンアップする。
同じことを同じような人間が長くおこなっていれば、必ずほころびがみえてくる。
問題は主義主張ではなく、常に修正できるようなプログラムを組んでいないということだ。

実態のないマネーゲームで一瞬で何億円も稼ぎ出したり、高級官僚が自らのつくった制度にあぐらをかき血税を湯水のように無駄にするその対極では、仕事も住みかもなく路頭に迷う人々は何万人にも登るという。
日本の借金は億をこえ兆という想像もつかないほど膨らんでいるにもかかわらず、政治家の刹那的政策で「ばらまき」が行われたりする。

歴史は繰り返すというが、まるで世界史の教科書にでてきた中国の歴史のようだ。
あへん中毒者が増大し、清朝がほろびる原因のひとつとなったが、最近のニュースにでてくるどこかで聞いたような話である。

でも、ワタシは日本を見捨てない。

歴史が繰り返すのならば、腐敗のあとには痛みを伴いながらも必ず復興してきたからだ。

信じている。

さぁ30日は選挙だ。

今まで意思表示の機会が何年もなかったから、みなの意識はふくらんでパンパンだ。

何がかわるかわからないが、投票することは本当に大事なことだ。

まずできることからはじめるしかないのであれば、さしあたって投票に行こう!

ワタシは生まれて初めて選挙演説を聴きにいった。
小さなスーパーの駐車場であったが、あふれんばかりの人だかりであった。

日本も捨てたもんじゃない・・・
[PR]
by asaasa-archi | 2009-08-28 00:04 | 政治

敵対する存在

昨日は田母神さんのことにふれたが、イデオロギーの事を語るときには必ず敵対する存在が必要だ。

イデオロギーなんてたいそうな話でなくてもいい。
もっとわかりやすくいえば「思想」でも「宗教」でも「世界観」でもいい。

日本は民主主義国家で自由社会だから、さまざまな人がそれぞれ違う考えを自由に述べる権利がある。

TVの番組で右翼の敵対存在は日教組と北朝鮮であるならば、日教組が解体し、北朝鮮が崩壊したらどうなるんだとディベートしていた。

世界冷戦時代では旧ソ連とアメリカが双峰をなしていたが、それはもうない。
だから、「ゴルゴ13」の題材はソ連から、アフガンに変わっているし、右翼の敵対存在も共産主義がほぼ崩壊した今、左翼という大きなくくりではなく、日教組などの具体的存在にかわっているのだろう。

自民党の敵対存在は民主党であり、庶民労働者のそれは資本家から、高級官僚にかわっている。

格差はどんどん広がり、教育格差、地方と都会の格差、正規社員と派遣社員の格差、老人格差 あげればきりがない。
格差感情はやがて敵対感情となり、私達の生活レベルで「敵」は無数に増え続ける。

世の中には「拝金主義」が蔓延し、政治不信に皆陥っている。

これを救うのは誰なのか、何なのか、混沌が渦巻いている。

こういう時代にはいい意味でも悪い意味でも必ず強烈なカリスマが登場し世の中の思想を統一してきたのは歴史が物語っている。

防衛大時代はノンポリだったという田母神さんがああまでになったのは、ひとえに長年勤務した防衛省の影響であることは否めない事実だとしたら、やはり恐るべし防衛省だ。

カリスマはなにも人である必要はなく組織ということもありえるのかもしれない。
[PR]
by asaasa-archi | 2009-08-27 09:27 | 政治

名前

名前とは不思議な威力をもつものだと思う。

親が生まれてくる子供のためにする初めての行為でもある。
だから、通常は子供の未来に幸多かれと思い、希望をたくして命名する。
最近は漢字の持つ意味よりも、音の響きの感性も重視される。

確実に親の知性や感性が表れているのも事実だ。
あるものは神仏に聞き、あるものは字画を数え、あるものははやりの漫画の主人公と同じであったりする。

ワタシの名前は旦美(あさみ)であるが、これはホントに1月1日に生まれて親が急遽名前を変更してこうつけたらしい。
ので、ほとんどの人が正しく音読みできない。
あまりほめられたことではないと思っている。
やはり、誰にでも簡単に読める名前がよいと私は思っているからだ。

先日のセリクで息子と同じ名前の選手がいた。
名前をTVで聞くたびに、ちょっと耳を傾けた。なぜならば、割と聞かない名前だからだ。

実は有名は建築家と同じ名前でもある。
建築とは無縁の息子の父親がつけたので、これは偶然なのだが・・・

命名したときは確実に記号なのだが、その子が成長するにしたがって名前にも大きい意味を持ち始める。
呼ぶだけでその人物を連想し、その人のもつ性格や雰囲気も思いおこさせる。
つまり子供の成長とともに記号が一人歩きし始める。

苗字でも珍しい方がいらっしゃる。
「御手洗さん」「留守さん」「流石さん」・・・
苗字だけは、生まれる前から決まっているので、どうにもならない・・・
こういう苗字だとインパクトが強くて、いい意味でも悪い意味でも目立つものだ。

韓国や中国ではルーツが重視されるので結婚しても苗字はかわらない。
つまり、父親と子供は同じ苗字だが、母だけが違う。
なんだか日本人からすると、母だけが疎外されている感があってやっぱりなじめない。
だから婿養子という制度もない。
男の子が生まれないと、その苗字は受け継がれることはないのだ。
女性からすると、違和感がある。


PS:そういえば、最近の珍しい苗字の方で元空幕長の「田母神さん」!
あまり過激な発言はいかがなものかと・・・・008.gif008.gif
[PR]
by asaasa-archi | 2009-08-26 00:18 | 思うこと

セリク2

感動した~

尾崎好美選手!

銀メダルおめでとう~

それにしても、実況中継のアナウンサーが「ニッポンの尾崎」を連呼する熱い口調が感動を二乗する。

5時半にスーパーで弁当をふたつ買って、マラソン中継を待機した。
夕ご飯の支度なんかしている場合じゃない!
缶ビールもサントリープレミアムを買った!
ちょっとはりこんだ!

TV応援の準備は万端だ!

さぁ!いつでもメダルをとってくれてOKだ!

やっぱ、日本人がメダルをとる競技はイイ!

ベルリンの人たちも応援してくれている。
なんたって、ドイツと日本は民族的によく似ている。
昔から仲良しだ~

おめでとう~尾崎選手。

さぁ次回のセリクは韓国だ!
時差はない!

でもでも、富士山静岡空港から、ソウルに応援に行きたいなぁ~
[PR]
by asaasa-archi | 2009-08-23 23:23 | スポーツ

セリク

世界陸上競技大会inベルリン で 眠れない・・・・

息子が言っていたが、
「時差のおかげで寝れないゼ!ベルリンとかじゃぁなくて、もうこの際だから、大阪の次は名古屋、京都、東京etc 日本中でやってくれないか!」
「そうそう!」
「陸上競技って素人が見ていて面白いか?オレッチはやってたからわかるけどナ!」
「へぇ~お母さんちが素人でアンタは玄人って訳だね!」
「そうそう!」

たかが部活でやってたくらいで、もう玄人のつもりでいるらしい・・・

ボルト(よく考えるとすごく硬くて丈夫そうな名前だ)は身体能力はやはりすごいんだろうなぁ
ジャマイカといえば、日頃はレゲエとコーヒーしか思い浮かばないが、セリクとオリンピックのときだけは、有名選手が浮かんでしまう。
アフリカ系民族が大半をしめるのは、やはり身体能力が如実にあらわれるのは短距離なんだろう・・・

でも、土日はマラソンがあるじゃないか!

日本選手よ!がんばれ

バトンのワザやチームプレーがいきるリレーもあるじゃないか

がんばれ、ニッポン

99.9%の凡人はやはり寝ないでTVで応援するしかないようだ
[PR]
by asaasa-archi | 2009-08-22 00:02 | スポーツ

みかんの木

ワタシの家の庭にはみかんの木がある。
特別に肥料もやっていないし、消毒もしていない。
なのに、毎年毎年、たくさんの実がたわわになる。

ふとなぜなんだろう・・・と考えてみた。013.gif

柿の木もあるが、消毒しないので虫だらけになり、もうとっくに実はならない。
ぶどうの木もある。
10年以上前に小さい鉢植えを買ってきて、大きくなったので、ホームセンターでぶどう棚までつくったのに、それももうとっくに実はなっていない。
ブルーベリーも雄木と雌木を並んで植えたが、やはりだめだった。
プラムの木はなにげに実をつける程度だ。

みかんは最高だ。りっぱだ。感心な木だ。感謝だ・・・

思うに、肥料はやらないが、切花が枯れるとみかんの木の根っこあたりに捨てる。
雑草を抜くと、それもみかんの木の根っこあたりに捨てる。
これらが腐葉土となって肥料の代わりをしているのではないか・・・

お~これこそが、エコだ。

横着エコだ~

有機物はゴミではない。土に返るからだ。

そう考えると、生ゴミとして捨てているものも、庭に埋めたりしてもいいもだろうか・・・
いいはずだ。

できれば、果実の木の根っこあたりに捨てよう~
これこそが、食物連鎖だ~

今日は素晴らしい結びの文句になった!!041.gif041.gif
[PR]
by asaasa-archi | 2009-08-19 23:00 | 生活

同級会

30年ぶりの高校同級会(7クラス合同)が静岡 浮月楼であった。
この時期の同級会は珍しくないが、ふと、なぜ今まで行わなかったのかと思ってしまった。

330名中160名の出席なのでかなり盛大だった。
もちろん名札がなければ思い出せない旧友ばかりだが、少なからず面影は残っている。
地域の名門校なので、社会で活躍している人も多い。
女医も何人かいた。

かっこいい~

ある程度高学歴だと女子も皆、綺麗だ。そのへんのおばさんみたいな人はいない。

ただ、男子はちょっと違う。
50歳だと見た目の差がかなりある。
まだまだイケテル~からおやじだ~まで、様々だ。

なぜだろう・・・

と思っているうちに 校歌斉唱となった。
円陣を二重にくみ、3番まで歌った。
昔と変わらず、女子のなかにひとり入ってくるチョイキモイ男子は必ずいる。
アイツ昔と変わらず、女子には人気ない!そいつのあだ名は「変態」だったよなぁ・・・

同じワルでも不良っぽいがトッポイ男子がいた。
そいつは何年か前に湘南でサーフィンで死んだ。
実は割りと好きだった・・・

サッカーのゴールキーパーだったワルガキ男子は相変わらずだ。
真っ黒に日焼けして、ヒカリもの系の背広を着ていた。
ダサイ・・・

まじめ系でイイ感じだった男子は昨日デトロイトから戻ったばかりだと言って、たっぷり太ったお腹を揺らした。
この子もちょっとイイと思っていた。
笑い顔が好きだ。

小児科医をついで医者になった男子は女房も医者だといって自慢した。
でも、それは許せた。なぜならそれ以外に彼に魅力は今も昔もないからだ。
ごめん・・・

それぞれの人生をかかえ、30年歩き続け、ふと振り返った友との再会は仕事のなんのしがらみもないピュアなノスタルジアそのものであることに違いない。

校歌は相変わらず質実剛健の校風そのものだった。
[PR]
by asaasa-archi | 2009-08-16 01:42 | 思うこと

デザインか機能か?

先日帰郷した息子はしばらく遊び歩いていたが、昨日、今日はどうも遊ぶ友達がいなくなったらしく、家でごろごろしていた。

5月の連休のときには、4泊5日くらいはこちらにいたが、家にいた時間は10時間程度だっただろうか・・・
夜12時にメールして「今どこ?」「海」 その後深夜3時にメールして「今どこ?」「山」
という具合であった。008.gif

ワタシの仕事部屋にあった、おしゃれな洗面、水栓カタログを見つけた彼はこう言った。
 「カッコイイ~こりゃなんじゃ~
「カッコイイのって使いにくいかもよ!」
「チゲーゼ!やっぱデザインだろ~あまりある余分な機能ってけっこう飽き飽きしてるんだ!」
「へ~」
「かっこいいデザインで気分よく暮らしたいだろ~」
「それも一理ある」
「デザインに興味ある?」
「あんたっちはデザインを直感で駆使する立場だろうが、オレッチの勉強してるのは、デザインの生まれ方や使い方を論理であきらかにすることなんだぜ~」
「へ~もうそんな専門科目やってるんだ~」
「オイオイ、今オレが言ったことって専門でもなんでもね~ぜ」

彼とこんな話をするなんて、1年前までは思ってもみなかった。

確かに直感でイイデザインを駆使できるのは、限られたほんの一部の天才だけだ。
普通の人は論理である程度把握してからでないとだめなことは明らかだ。

平成になってもう20年もたっている。
デザインか機能かを選択する時代ではないのかもしれない。

と思いふと気づいた。039.gif039.gif039.gif

あやうくワタシは口のうまい息子に感心するところだった。

きっと、授業で教授が同じことを多分しゃべった、受け売りに違いない・・・

先日の「第1章 インテリア成功術」 が頭をよぎった・・・

ケッ!!えらそーに033.gif047.gif033.gif047.gif
[PR]
by asaasa-archi | 2009-08-10 00:55 | my son