女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お仕事しまくり日・・・

仕事にのめりこむ程、すがすがしい気持ちになります。

頭のなかぐるぐるに考えて、いっきにエスキースをしまくります。
大きなスケッチから細かいデティールまでいっきに頭で構築します。

快感!

立ち止まると、フランス、スペイン、イタリア、ギリシャの家の本を読みまくりです。005.gif

あ~イメージがトルネードしてやってきます。

ふふふ・・・そして、今度はこむずかしい理論本を読み漁ります。

理論が原点か?イメージが原点か?コロンブスの卵状態ですね・・・042.gif

私の仕事は設計士
[PR]
by asaasa-archi | 2009-02-22 00:12 | お仕事

メイちゃんの執事

実はこの番組、高校生はさることながら、30代40代の主婦にすごい人気だ。003.gif

私もかろうじて40代の主婦なんで、気持ちがよくわかる。
お友達の職場でも、水曜日になると、「昨日の見た?見た?」といって持ちきりだそうだ。
あ~よかった。私は正常だった。こんな若い子に夢中になってTVを見るなんて、どうかしちゃったかと、内心ドキドキしていた。008.gif

もちろんストーリーなんて、はちゃめちゃで、伏線も簡単で、伏線の回収もわかりやすい。
でもテンポがあって、第一、男子全員チョーイケメンだ。

水嶋ヒロくんはほとんどせりふはないが、顔面アップはすごく多い。
あんな美形はなかなかいないし、佐藤健クンはうちの息子とほぼ同じくらいの年代だけど、当然こっちのほうがカワイイ。
イケメンの条件は簡単だ。
1.身長は175cm以上
2.痩せている
3.目がぱっちりしている
4.性格が比較的おとなしい
5.色が白い
いっぱいいそうなんだけれど・・・

手がきれい!顔がキレイ!声もキレイ

美しいものに見とれるのは、人間の感情として、正常だ。004.gif

私の日頃のストレスをすべて解消してくれるのは、TVに映し出される美形であってもなんら咎められることはない。

あっ!そういえば、某ハウスメーカーは営業マンに若いイケメンを揃えているらしい・・・
こちらの下心はミエミエだけれど・・・037.gif
[PR]
by asaasa-archi | 2009-02-18 22:34 | 映画・TV

ショールーム

今日はお客様とショールームに行きました。058.gif

そしてランチでとっても美味しいイタめし屋さんに行きました!053.gif
私はお客様とショールームに行ったときはそこに必ず立ち寄ります。

「めんたいピザ」
「えびのクリームパスタ」
「ペペロンチーノ」
3つ頼んでみんなでシェア・・・

ドルチェはバレンタイン特集でショコラ系のみ!
しゃれてるじゃん!

あっ!ブログ用の写真撮るのわすれた~ショック!007.gif

帰り道、東京で受験している息子にメール。
「今日の試験はどう?」
「受かったな!」
「え~マジ?」
「おう」
「英語はできた?」
「だから、できたって言ってるじゃん!」
調子イイことばかり言う彼ってちょっと信用できないけれども・・・

「でもオレ青学行く気ないし!」
「なんで?」033.gif
「1.2年田舎の校舎だし・・」
「でも頭よくて綺麗なおねえさんがいっぱいいると思うよ!」
「そっそうかなぁ・・・まぁ青学も悪くないかぁ~」041.gif

「綺麗なおねえさん」って言葉にオトコって弱いらしい・・・
[PR]
by asaasa-archi | 2009-02-15 20:10 | お仕事

ノートルダム寺院のシメール

e0147990_12432266.jpg


これはパリ ノートルダム寺院の頂上近くでパリの街を見張っている伝説の怪獣「シメール」の置物です

日本ではあまり有名ではありませんが、このアングルなら「あっどこかで見た!」と思われる方もいらしゃいますね~

e0147990_12462384.jpg


そうです「ダヴィンチの謎」をモチーフにした、トムハンクスの映画に出てきました!

彼は、なんかアンニュイ(お~フランス風)にパリの街を見下ろして、ノートルダム寺院を守っているような感じです。

これは、ノートルダムの北塔の脇に小さな入口があって、狭い螺旋階段を延々と登って、ノートルダムの頂上近くのバルコニー到着するんですが、そこにいます。数体
バルコニーに上がるまでに売店があって、そこで買ってきた
シメールくんです。
(もう何年も前ですが)

まぁいわば、神社でいう「こま犬」的存在ですかね。
なので、このシメールくんは我が家を玄関で守ってくれる的存在です。
053.gif
053.gif
[PR]
by asaasa-archi | 2009-02-13 13:00 | 旅行

チョコレート考

もうすぐバレンタインデーがやってくる!053.gif

最近のお気に入りは渋谷代官山の「デカダンス デュ ショコラ」だ!!

フランス人パティシエなだけに、「退廃的」とはミョーにカッコイイ!
ものすごく美味しい~創作性と芸術性はかなりのものだと思っている。

e0147990_17281591.jpg


ものごとはやはり「感動」が大事であると思っている。
芸術は感動しなければ、ダメだ!と美大時代に叩き込まれた。
りんごの絵を描くのだって、生まれたばかりの赤ちゃんになって、初めて見た「りんご」の感動を表現しよ~う。と言われた。
実は私は初めて16歳のときピカソの100号程度の油絵を見た!
感動した!
絵を描こう!と思った。
むさぼるように油絵を描いた!
感動こそが人を動かすと思った。071.gif

e0147990_17384457.jpg


これは「バレンシア」というオレンジのシロップ漬けに半分チョコをコーティングしたものだ。

私はホントに好きな恋人にしか美味しいチョコはあげないことにしている。(亭主も不可だ)

初めてあげたチョコレートの風景は最高の思い出だった

だから、バレンタインデーをもうこれ以上俗っぽくしたくないのだ。
なので、これまでにホントに美味しいチョコは2人にしかあげてない。
亭主がなぜ不可かというと、愛情の種類が違うからだ。
釣った魚にえさをあげても意味がない というのは本当だ。
まぁ現在亭主はいないから、こういうことが堂々と言えるのだけど・・・

ということで、今年もデカタンスのショコラはひとりで1日1ケづつ食べるという情けない状況なのだ!
[PR]
by asaasa-archi | 2009-02-07 17:53 | 生活