女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:旅行( 204 )

キルト展示会1

すごい人ですね~(@_@)
e0147990_14294760.jpg



e0147990_14303664.jpg




e0147990_14313754.jpg

[PR]
by asaasa-archi | 2012-01-24 14:32 | 旅行

後楽園なう

今日は、パッ(^o^)チワークキルト展示会を見に東京ドームに来ました(^o^)

ランチはカレー
e0147990_1242859.jpg



今から展示会に行ってきます
[PR]
by asaasa-archi | 2012-01-24 12:44 | 旅行

まいにち 富士山

myson訪問旅行の最終日は、日比谷で映画を見て、銀座をブラぶらしたので、帰路は東京駅から新幹線ひかりにのった。

東京駅は毎度のことながら、人の波でごった返していたが、東北応援shopに立ち寄り、うに+いくら+かにのせ駅弁を買った。
なんと¥1600もしたが、まぁ、こんなときでもなければ、こういう豪華駅弁は食べられないだろうと思った。

指定券を買っておいたので、さっそく座席につくと、隣の3人席は関西方面からのおばさま集団が帰路につく感じだった。
「ねーねー添乗員さん!富士山は何時ころ見える?」と大きな声で聞いていた。
添乗員も、「そうですねー熱海を過ぎて少したってからなんで、○○時ころでしょうか~」とアバウトに答えていた。

ワタシは通勤していたときには、国道一号線でも、国道150号線でも、安倍川の橋を渡るときには、大きな富士山を毎日見ていた。
だから、富士山とか特別な存在ではなく、ごくごく日常の風景だったのである。
だから、新幹線に乗るときでも、別に富士山を意識したことはなかったのである。

関西弁のおばさまたちが 富士山熱が横浜をすぎたあたりから加速しだして、もーワタシは気になってしかたなかった。

「右側から見えるっていってたけど、右側はみんなカーテンしめちゃってるから、もー」
とか 言った。
思わず、ワタシはカーテンをさりげなく 開けた。

あまりにもおばさまたちが キャーキャー言っているので、熱海から横にすわったおじさまも、窓をじっと見つめ出した。

ワタシは右側の窓側の席だったので、みんなの視線をずっと感じつつ、耐え切れず、早く富士山 見えてくれないかな~と心待ちにするようになった。

富士の製紙工場群が現れると、いっきに富士山が顔をだした。

でかっ!!

こんなに間近に見えたなんて、今まで気づかなかった・・

いったん姿を隠すと、また現れた。

やっぱ、でかっ!!

おばさまたちは、まるでヨンさまを見るかのごとく、キャーキャー騒いでいる。

ばんざい を叫び出すことはなく、手を合わせて拝むこともなかったおばさまたちだが、ワタシが静岡で降りるまで、富士山の話題は尽きなかった。

やっぱ富士山の威力はすごいゾ!!
世界遺産の登録申請をすることになったようだが、そんなものしなくたって、十分日本人にとっては、限りなくご神体に近い存在なのである。

そーいえば、富士山 っていう 小学唱歌 よく 歌ったなぁ・・・


ホームページをご覧ください。

e0147990_0193257.jpg



↓クリックして応援してね!
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-09-23 00:23 | 旅行

パリ発~おしゃれなコーヒーカップ

何年か前にパリを一人旅したことがある。
若い頃にもパリを旅したので、これが2回目だったので、一人で行けたのかもしれない。

飛行機とホテルの手配は知り合いのトラベル会社の方に頼んであったが、それ以外はまるでフリーの旅だった。
日本からはロンドンのヒースロー空港に着いたので、もうそこからパリへは自力で行った。

夏のヨーロッパは昼が長い。
夜の8時にならなければ日没はしない。

パリの街を思う存分堪能した覚えがある。
とある街角で素敵な食器の店を発見した。

そこで買ったのがこのコーヒーカップである。

e0147990_0172110.jpg


プチケーキなどもお皿に添えるので、お皿がこんなふうになっているのかなぁ・・

でも、このスプーンはこんなふうにもなる。

e0147990_0183329.jpg


なんの意味があるのかはわからない。
だって、別にカップにスプーンをこんなふうに置く必要ってないしね。

でもでも、こじゃれたパリのテイストがする。



絶対に、近々、行きますから!!

パリには!!

おまけに、アメリカの素敵な風景をプレゼントします~

e0147990_0282283.jpg





ホームページをご覧ください。



↓お盆休みのため、クリックが激減中
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-08-14 00:23 | 旅行

In シンガポール

さっきTVを見ていたらシンガポールの紹介をやっていて、思い出した。

ワタシとmysonと母でシンガポールに旅したことがある。
mysonが小学校にあがる前だったと思う。

セントサ島にも行った。
すごく素敵な街だという印象があって、またいつか訪れたいと思っていたが、すごい変貌していた。

観光立国として躍進を続けていた。

なつかしい写真を皆様におみせします・・・

e0147990_22174180.jpg


セントサ島でのmysonです。

下の写真はおまけです。
古い自宅で撮った写真・・・
彼は、こんなコスプレをするのが好きな少年だったのだ。

あーあ この頃はうんとかわいかったなぁ・・・



ホームページをご覧ください。


↓クリックは大事こいじ
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-07-30 22:22 | 旅行

行きたいところリスト

タヒチ 
ムームーを着て、ゴーギャンみたいな気分で1ヶ月くらい滞在して、20号程度の油絵を完成させる。

パリ(フランス)
ルーブル美術館に1週間くらい通い、毎日美味しいフレンチを食べる。
セーヌ川下りをする。(日本人は誰一人乗っていない。なぜならばガイドさんはフランス語と英語しか話せないからだ。)

サンクトペテルブルグ(ロシア)
もちろんエルミタージュ美術館が目当てだ。

マウイ島(アメリカ)
ずっと前に友達と行ったが、オアフよりもずっといい。
田舎のリゾートって感じで癒される。

石垣島(日本)
牛車に乗りたい
ジャングルに行きたい

セントサ島(シンガポール)
そこそこ街だし、究極のリゾートだ。

カナダ
行った事ないので、取れたてメープルシロップをたっぷり塗ったトーストを食べたい。

広島(日本)
青春の思い出のある懐かしい街だ。
お好み村に行きたい。(ただしここで広島カープの悪口を言うと、殺される。)

唐津(日本)
焼き物を見たいし、買いたい。

モロッコ
イムラム圏に初潜入したい。

サンタフェ(アメリカ)
水曜どうでしょう で見たが、かなり行ってみたい!マジ
埃っぽさが好きだ。


50歳になると、欲しいものはもう そうないが、行きたいところだらけになった・・・


↓クリックしてジャーニー
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村



zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-05-29 23:31 | 旅行

ダイハツ クーザ 観てきました!

22(日)から今日まで二泊三日で東京に遊びに行ってきました。

ダイハツ クーザ観てきました。

e0147990_142922.jpg


今回は原点回帰がテーマだったみたいですが、メチャよかったです。
奇跡的に前から2番目の席がとれましたが、なんか前すぎて舞台全体が見えなくて、やっぱ前から10番目くらいの席が一番いいんじゃないかという結論でした。

ハラハラドキドキで、キャーとかスゴイーとか、一人で叫んじゃいました~
前作のコルテオよりも、数段良かった!
皆様も是非是非 見て=

帰りに、原宿の千疋屋の値段の高~いフルーツパフェを食べました。
千疋屋のフルーツは高いだけあって、すっぱいというのはなくて、全部が甘~くてとろんとしていて、絶妙な熟れ具合ですね~

e0147990_14343592.jpg


キュウイもグレープフルーツもオレンジも、甘くて甘くて、やっぱ金持ちってーのはこんなに美味しいフルーツを食べるのかなーとか、思っちゃいましたねー
ちなみにメロンは、マジ 静岡産の高級マスクメロン でしたぁ~
次に食べられるのは、何年後だろー(静岡に住んでいながら・・)

明日はmysonのお部屋を紹介します。


ホームページをご覧ください。

↓やっぱ、更新しなかったら順位がダウンしました。
バンバン クリック お願いしますぅ・・
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村



zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-05-24 14:40 | 旅行

ピアス

ワタシが耳にピアスの穴を開けたのは、40歳も近いころだった。
臆病なワタシはピアスをまだ開けてない友達を誘って、一緒に美容外科に行って穴をあけた。

私達の高校時代は、卒業式が終わると一斉に、自分で鏡とにらめっこしながら、アルコールで消毒した、針でブチッを開けていた。
もう聴くだけで、怖かった。
ピアスはもちろん開けてみたかったが、自分でブチッっていうのが、絶対ムリだった。

高校時代の親友はその昔こう言った。

「あのさー昨日さー針でブチッってやったんだけどね、貫通しなくてね、仕方がないから、今度は耳たぶの裏からまたブチッってやったんだーそうしたら、なんと、0.5mmくらい表の穴とずれちゃってさーもー仕方がないから、針をグリグリやって、1コの穴にしといたよーだから、穴大きくなっちゃった~ハハハ」

友達はワハハハとか言いながら、自慢した。

「お・お・お・おそろしや~」
聞いただけでワタシの顔は引きつった。

「アサミも自分でできないなら、やってあげよーかー」
そのワハハハの友達が言った。

ば・ばか言うな!
冗談じゃない!
表と裏の行き違いの穴をグリグリされるくらいなら、死んだほうがましだ。

社会人になってからも、後輩たちが
「なんかさー梅雨時ってピアスの穴が膿んじゃってさー膿みがでてくるよねージュルジュルした感じの」
とか平気で言っている。
しかも、弁当を食いながら言っている。

や・やっぱ、ピアスはちょっとやめとこかー
となる。

そんなこんなで、もうすぐ40歳という頃に、今開けなかったら、もう一生開けるチャンスはないと確信し、ようやく決意したのであった。

なぜかというと、やっぱピアスも開けれないような古いオンナではダメだ。と常々思っていたからだ。

美容外科に行くと、開けたい場所は耳たぶのどのへんですか?と看護婦さんに聞かれ、マジックで印をつけるや否や、ササッとカーテン奥から医者が現れ、ホッチギスみたいなので、カチャとして終わった。

なんだかあっけなかった。

梅雨時にジュルジュルした膿みがでてくることもなかった。

案外、たいしたことはなかった。

韓国ではピアスがすごく安く売っている。
10組で10000Wとかだ。(日本円にすると900円くらいである。)
1組90円ということになる。
ピアスなんてすぐなくなるので、安いので十分だ。

で、おもしろピアスがたくさんある。

e0147990_0375986.jpg



ト音記号や音符のもカワイイが、骸骨が一番気に入っている。
ちょっと派手目なのが、韓国風だ。

こういうのをチマチマ集めるのが好きなんて、ワタシってけっこう女の子っぽい。

どこにも出かけない日でも、たとえジャージで1日中仕事をしていたとしても、ピアスだけは、朝必ず好きなものを選んでつけている。
せっかく、清水の舞台から飛び降りて開けた穴が塞がってしまうからだ。

昨日のNHKのTV「マドンナ・ヴェルデェ」で、「女でなくなる日は、週刊誌の恋愛占いを見なくなったとき」という台詞があったが、ワタシの場合は多分、ピアスをつけなくなった日なのかもしれないと思った。


ホームページをご覧ください。


↓クリックすると、オンナに戻れます。
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-04-21 00:57 | 旅行

袖振り合うも多生の縁

一人旅でいいことは、見知らぬ人々と話ができることである。

多分友人と、旅したらあまり他人さまとは、話がはずんだりはしないが、一人だと、ついつい人恋しくなって、話しかけたりする。

行きの飛行機で隣り合ったご夫婦

離陸してから、30分程度してから、お隣の座席の中高年のご夫婦に話しかけた。
「ソウルはよく行かれますか?」
隣のご主人がすぐに答えてくれた。
「ワタシは何回か行っているのですが、家内は始めてなんですよ!」
ワタシよりも少し年配の感じのいいご主人だった。
初めての奥様のソウル旅行をバッチリ計画したようで、チョッピリうらやまし~・・・でした。

板門店ツアーで一緒になった東京女子大の学生さん

「ワタシも一人旅です。」と彼女は言った。
「へぇ~若いのに、ソウルなんて渋い趣味だね~」
「カナダに留学していたときの友人が韓国にいるんで、遊びにきたんですよ。ついでに、板門店も見ておこうと思って・・・」
canonのデジ一でシャッターチャンスを探していたカワイイ女子大生でした。

板門店ツアーで一緒になった神戸のサラリーマン

「ボクは台湾が好きで、よく行ってますよ!ソウルは始めてなんですよ。就職すると、長い旅ができないんで・・・」
さわやかな笑顔の好青年でしたね~

景福宮を案内してくれた、ガイドのユンさん

くだらない男と結婚するよりはしないほうが、ましだと思っていますよ。」
初対面の日本人にけっこう過激な発言・・・
「韓国は持っている自動車で身分が表されますね~」
「韓国は貧富の差が大きいので、ジャージャー麺でも¥100くらいから¥1000くらいまでありますよ。」
まぁ、特別驚くほどのとこはないですね~日本もジーンズ¥1000から何万円までありますからね!

ハングルばかりを聞いていると、やっぱり日本語が話したくなる。
それでも、TVでNHKが映って、なんだかホッとした。

海外に行っていいことは二つある。
一つはその国の文化に触れることができることで、もう一つは自分が日本人だということが再認識できることである。
[PR]
by asaasa-archi | 2010-08-31 22:43 | 旅行

韓国紀行3

3日目
今日は、歴史探訪という感じで景福宮に行きました。
景福宮は昔の王様が住んでいた建物です。

e0147990_923557.jpg


e0147990_9241815.jpg

門の前では、ちょうど10時に警備の兵隊の交替式が行われていました。
もちろん、観光客のためのデモンストレーションです。

e0147990_9271478.jpg


ホント、中国人観光客の多さにびっくりしました!
どこかしこから、中国語が聞こえますよ~

タクシーで仁寺洞、南大門に行きました。
なにせ、タクシー初乗り料金はW2400(¥180くらい)ですから、ばんばんタクシーで移動できますね~

始めて韓国に旅行したのは34歳のときで、まだまだ韓国は発展途上で、道路もソウル中心部を抜けると舗装されてなく、土埃を舞い上げてバスが走っていたものでした。
免税店は日本人専用ともいえる場所で、ブランドのバックを持っている韓国人はひとりもいませんでした。

それから15年が経ち、今回の旅行で8回目となりました。
免税店は日本人の数よりも中国人が多くなり、道路はきれいに整備されて、街も変わりました。

近くて遠い国 韓国 と言われる理由は1910年~日本占領に端を発していることは歴然とした事実ですが、それをどう双方の国が乗り越え、相互発展に努めるかはこれからの、私たちの姿勢にかかっています。
なにしろ韓国は分断国家という試練を未だに抱えています。
日本も、拉致被害という試練を抱えています。

静岡は韓国との空路が開かれ、毎日相互の交流ができるようになりました。
韓国女性には、日本女性が忘れてしまったものをまだ持っています。
まず、行ってみて、街や人に触れるということが大事なことです。

航空券はHISで手配して、往復¥35000でした。
静岡空港駐車場は無料です。
ホテルもインターネット(HISでも楽天でも)で簡単に予約できます。
空港の目の前からリムジンがでていて、各ホテルまで直行してくれて、約¥700程度です。
タクシーでもW6500(¥4500)です。
韓国語や英語ができなくても、まったく大丈夫です。

団体旅行でなく、個人旅行でオリジナルの日程を組めば、余分な免税店やお土産屋さんに入らされることもありません。

ぜひぜひ、みなさんも家族や友達と行ってみませんか?
[PR]
by asaasa-archi | 2010-08-30 09:59 | 旅行