女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:my son( 55 )

めざせ建築家!

何年か前に東京でばったり大学のクラスメイトに出くわした。
彼女は武蔵美建築科を卒業した後、筑波大学の映像系の大学院に進学したことを思い出した。

「久しぶり~」的あいさつの後、名詞交換をして驚いた。
名前の前に「芸術家」と記されていた!
お~自分紹介の名詞に、な・なんと 芸術家と書く人はすご~く珍しい。
相変わらず「ダラっ」とした喋り方だったが、映像的アートとどこかの大学の講師もしていると言っていた。

「へ~一応建築、まだやってんだ~」
「はい、一応・まだ・ネ!」
建築科を卒業してんだから、フツーやってるだろ!まだでも一応でも、と思ったが、微笑んで答えた。

「で・職業は芸術家なんだぁ~」と切り返すと
「ふふふ、これは、そうありたいという理想・・」

ばかばかしくなったので、ここで別れた。

息子の同級生で3人くらい建築科に進学した。
ひとりは芝浦工業大、もうひとりは日大、もうひとりは忘れた。
20人のクラスで3人という数はけっこう多いと思った。

で、もうひとり両親とも税理士という I くん が息子のところに突然やってきてこういったそうだ。
「オレも理系なら、建築やりたかったゼ」
息子と建築はまったく関係ないが、私が建築事務所をやっているのはクラス中周知の事実だったからだ。

ワタシの恩師の「ジャコメッティーが好きな彫刻家の岐部先生」もワタシにこう言ったことがある。
「彫刻やってなかったら、建築やりたかった。」

やりたいなら、やればいいのに、「やりたかった」 という言葉には、なんか違和感を感じるときがある。

つまり、なんとなくカッコイイ感じなんだけど、現実的にはちょっとね~みたいなものなのか、う~んやりたい職業の1番じゃあないけど2番ってトコカナみたいなものなのか・・・
まぁどちらにしても、やってないことに変わりはない。

職業と理想が違うことはあきらかである。

みな、地を這うようにして生き、血の汗を流しながら仕事をしている。

息子の3人のクラスメイトよ!よくぞ建築科を目指してくれた。

がんばれ!

そして、絶対に、名詞の職業欄に理想を書くような大人にはなってほしくないと、オバサンは思っている。
[PR]
by asaasa-archi | 2009-09-26 13:04 | my son

クレヨンしんちゃん

クレヨンしんちゃんの作者の方がお亡くなりになったニュースがTVから流れてきた。

子育てを経験された方なら思い当たる節があるかと思うが、ワタシも思い出すことがある。

しんちゃんは幼稚園から帰宅する時は「ただいま」ではなく、「おかえり」と言う。
母親のことを名前で呼び捨てにする。
どれも子供の躾にとっては、本当に困ることだ。
PTAなどからギャーギャーと苦情がきたそうだ。

うちの息子も幼稚園から「おかえり」と言って帰宅するのを聞いて、困り果てた覚えがあるのだ。
友達の息子も母親を名前で呼んだりするようになったと、怒っていた。

私たちの子供の頃に永井豪の「ハレンチ学園」という漫画がはやって当時もPTA団体が戦々恐々としたらしい。
いつの時代も同じようなことを繰り返す。

「おかえり」と言って帰っていた息子がいつのまにか「ただいま」というようになり、「ハレンチ学園」の影響で口先だけでエッチなことを言っていた男子も中学校になると次第に女子の前ではおとなしくなっていった。

物事の分別がついてきたからだ。

若い母親はまじめに育児をしようとすればするほど、子供を健全だと思われる環境で純粋培養したがるものだ。
これはしごく当たり前のことで責められる話ではない。
ところが現実はそんな環境などは存在しないし、仮に一時期存在したとしてもずっと続くものではないことに気づく。
あ~なんでワタシンチばっかりこうなのよ~と嘆いたりもするが、次第にみながそうだとわかってくる。
そしてこれが、世の中なのだと気づくのだ。

これが、まさしく子育てをすることによって母親が成長するさまなのである。
男性と違って、家庭にはいるとなかなか社会で揉まれることが少ない女性にとって、大事な過程なのである。


でも、そううまいこと絵に描いたようには成長できないかもしれないが、安心してほしい。

そういうことも含めて子供はぐんぐん物事の分別がついてくる。

だから、変なことを言ったり、親を親とも思わないような言動をするクレヨンしんちゃんであるが、廻りから排除する必要などなく、逆に自然にまかせておいたほうが、子供の成長には役立つのだと思うのである。
[PR]
by asaasa-archi | 2009-09-22 18:38 | my son

デザインか機能か?

先日帰郷した息子はしばらく遊び歩いていたが、昨日、今日はどうも遊ぶ友達がいなくなったらしく、家でごろごろしていた。

5月の連休のときには、4泊5日くらいはこちらにいたが、家にいた時間は10時間程度だっただろうか・・・
夜12時にメールして「今どこ?」「海」 その後深夜3時にメールして「今どこ?」「山」
という具合であった。008.gif

ワタシの仕事部屋にあった、おしゃれな洗面、水栓カタログを見つけた彼はこう言った。
 「カッコイイ~こりゃなんじゃ~
「カッコイイのって使いにくいかもよ!」
「チゲーゼ!やっぱデザインだろ~あまりある余分な機能ってけっこう飽き飽きしてるんだ!」
「へ~」
「かっこいいデザインで気分よく暮らしたいだろ~」
「それも一理ある」
「デザインに興味ある?」
「あんたっちはデザインを直感で駆使する立場だろうが、オレッチの勉強してるのは、デザインの生まれ方や使い方を論理であきらかにすることなんだぜ~」
「へ~もうそんな専門科目やってるんだ~」
「オイオイ、今オレが言ったことって専門でもなんでもね~ぜ」

彼とこんな話をするなんて、1年前までは思ってもみなかった。

確かに直感でイイデザインを駆使できるのは、限られたほんの一部の天才だけだ。
普通の人は論理である程度把握してからでないとだめなことは明らかだ。

平成になってもう20年もたっている。
デザインか機能かを選択する時代ではないのかもしれない。

と思いふと気づいた。039.gif039.gif039.gif

あやうくワタシは口のうまい息子に感心するところだった。

きっと、授業で教授が同じことを多分しゃべった、受け売りに違いない・・・

先日の「第1章 インテリア成功術」 が頭をよぎった・・・

ケッ!!えらそーに033.gif047.gif033.gif047.gif
[PR]
by asaasa-archi | 2009-08-10 00:55 | my son

ダイレクトメール

高校三年生になると、怒涛のごとくダイレクトメール届きます。

1.自動車学校037.gif
2.大学011.gif
3.紳士服屋さん008.gif
4.予備校(2月以降)033.gif

自動車学校は飛び込み営業もあります。
夏ころまでのアタックには、「うち、3月生まれですよ~」というと「そっ!そうなんですか~」と残念そうに電話をきる。

大学は資料請求なんかするときに住所を書くので、それ以後もけっこうきます。
立教大学なんかは「カレンダー」「クリスマスカード」なんかもきました。
「こんなのいらないから、無試験で入学させてくれよ~」と息子はよく言ってました。
今となっては、入試で落とすくらいなら、よこすなよ!と思っています!!031.gif

紳士服屋さんは、なぜか半額券がついています。これがないと割引なしなのかなぁと思うと捨てられません。

申し訳なさそうにくるのが、今の時期の予備校パンフです。
そりゃそうでしょ!おたくは受かったの?落ちたの?とは面と向かって聞けませんからねぇ~
しかも「選抜クラスに選ばれました!」とか訳のわからない内容です。
受験に失敗した家庭には朗報?かもしれませんけど・・・

悲喜こもごもの3月も中盤にさしかかりました。

大学入学で湯水のように流れ出たお金は計算するのもいやになるくらい・・・

これで当分、ダイレクトメールの嵐はすぎさり、また、20歳成人式あたりで、紳士服屋さん攻撃があるくらいですかねぇ・・・
[PR]
by asaasa-archi | 2009-03-12 17:57 | my son

世襲制?

絶対にありえないもの 共産党書記長の世襲制

なのに唯一「かの国」だけは、世襲制なんですよね。中国だってソ連だって絶対にしなかったことですが・・・だめでしょ・・・世襲しちゃったら・・033.gif

昨今も日本にまだ存在している世襲制といえば
①歌舞伎役者
②僧侶(お寺) くらいでしょうか・・・
最近は医者だってなにがなんでも世襲ってわけじゃあない。

あ~忘れてましたね、国会議員の世襲制・・・
諸悪の根源ですか?


「オレよ~く言われるよ。建築やるのか?」って先生や友達に・・・・
「へ~今時ね~」
「あんまり言われると思わず言っちゃうよ!建築事務所って世襲制?ってね」
「お母さんは医者だって弁護士だっていいんだよ~」
「バカ!理想高すぎ!!マンガじゃないんだぜ、世の中!」
「へへへ、ごめん」037.gif
「今、職業はきめない。大学にはいってゆっくり考えることにしてるから・・・」
「ほ~」
「そりゃぁカッコイイゼ弁護士とかね。でも現実は私大なら早稲田か中央以上の大学でないと無理だから。医者は医学部でないと無理だから、もうこれはナシだね。ん~それと会計士っていうものあるけど、これも結構難しいんだゼ。あ~中央は法学部って偏差値どれぐらいだっけ?」
「ってことは全部無理?・・・ツ~か、それよりも今は受験勉強したら」
「わかってるよ!息抜きにちょっと バカ話 しただけだから!!」
「・・・」

最近の彼の言動は支離滅裂なことが多いですよ。ホント!

受験勉強のしすぎで変になったかも・・・020.gif
[PR]
by asaasa-archi | 2009-01-30 23:46 | my son