女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:映画・TV( 179 )

任侠ヘルパーを見た。

前回も見たが、すごく面白かった。

やくざと介護っていうんでいったいどんな展開なんだろう・・って思ってたけど、なかなか介護問題を掘り下げていて、ちゃんと作ってある。

私の母は要介護3だ。
なので、月曜日から土曜日まで毎日デイサービスを介護保険で利用している。
もちろん急に要介護3になったわけではない。
徐々に、老化して骨折を経験してからは、歩行が大変になり、今では車イスを常用している。

若い世代は怪我などのリハビリもスムーズにいくが、高齢になるとほとんどうまくいかないのが常である。
この原因は、もちろん体力の差もあるが、圧倒的に違うのは、気力なのだ。

若い世代はがんばることが、自分への自信となり、それが相乗効果をもたらす。
ところが、高齢者にはそういう気持ちが、なかなか起こらないのだ。
これが一番の原因だと私は思っている。


つまり端的に言えば、生きる気力が薄れていくことが一番いけないことなのだ。
大きなひとくくりでいうと「プライド」と言ったりもするがこれがなくなったらもう終わりだ。

これからは家族がすべてを面倒みることはなくなっていく。
介護保険でヘルパーさんや、デイサービスなどもあるので、ある意味クールな世の中になっていくのだ。

老いていく世界中の人たちよ!

死ぬまで仕事をしたいとか、死の寸前までかっこよく生きたいとか、なんでもいい、ガンコな強さが必要なのだ。

でないと、生きる屍になってしまう
[PR]
by asaasa-archi | 2009-07-16 23:34 | 映画・TV

今日は映画の日

毎月1日は映画の日 何年も前にそうなってから、私は一度もこの日に映画を観たことはなかったんです。
いつもなら¥1800の鑑賞券が¥1000になるんでけっこうお得。
でもでも、そう簡単にはこの日に映画を観れるとは限らないのです。

今日は観ましたよ!映画を¥1000でね!
「剣岳」 です。

それが、藤枝のシネプレーゴはすごい人で・・・
今日が平日なんてまるでうそみたいに・・・・
中高年のおばさんグループと中高年の夫婦が大半でした。
まぁ私もそのお仲間なんですが・・・

やっぱり、高齢化社会に突入してるんだなぁって思わず実感しちゃいました・・・

で、この映画なんですが、中たるみして、ついつい寝ちゃいまして・・・気が付いたら、主人公がもうすでに登頂しちゃってました・・・トホホホ

浅野さんってクォーターらしいのですが、どう見ても正真正銘の日本人って顔なんですよねぇ・・・
香川さんって最近「Mr.Brain」の刑事役がはまっていて、注目してますよ~
仲村くんはけっこうチョイ役で・・・
豪華出演者なんだけれど、それぞれの個性がうまく出し切れてなかった感がありました~
景色を楽しんだって感じだったかなぁ・・・

最近イイって映画、観てないなぁ・・・
[PR]
by asaasa-archi | 2009-07-01 22:50 | 映画・TV

本日はシネコンにて映画鑑賞

バーン・アフター・リーディング

ジョージ・クルーニやブラピが出ていたんで思わず観てしまいました。004.gif

軽いのがイイなぁなんてチョイスしたんですが、あまりのいい加減なつくりに、いや~なんか久々に「あっけにとられました」ね!

伏線をバンバンちらかしているんですが、まったく回収されてなくて、未消化状態でエンディングしました。008.gif008.gif

結局、ブラピも意味もなく殺されて、もうひとりのおじいちゃんも殺されて、ジョージ・クルーニは逃亡、登場する二組の夫婦はW不倫のまっ最中!!
もう訳わかんなぁい~031.gif031.gif

「読んだら燃やせ」という意味なんだけれど、最高機密書類だったらうなずけるんだけれど、ばかげた書類であって、ブラピの死も意味もなくて・・・・

ただ、高級マンションの内部のインテリアはすご~く参考になったし、ブラピのバカキャラの演技だけは、さすがって感じだったかナ。

まぁまぁ、映画なんていつもおもしろいものばかりとは限らないからってオチでしょうか・・
054.gif
[PR]
by asaasa-archi | 2009-05-05 23:56 | 映画・TV

あいのり

10年近く放映されて、先月幕を閉じたTV番組だった。
ここ何年かは観なくなっていたが、数年前までは、楽しみにしていた。

皆さんご存知だと思うが、一般公募の男女7人がラブワゴンというバスに乗って世界中を旅しながら、「自分探し」やら、「ピュアな恋愛」を体験していくのだ。
最終的には、好きになったら、告白して、成就したら二人で一緒に日本に帰り、振られたら一人帰る という約束になっている。

旅の一部始終をカメラが追っていて、若い男女の飾らない日々があからさまになっている。
男女7人のみが外国貧乏旅行という非日常の中におかれ、ある意味7人の個性が浮き彫りになって、TV画面を通して視聴者は蚊帳の外からその7人を観察したり、批評したりできるようになっている。

もちろん私たちはTVドラマを観るときでもでも同じようにしているのだが、ドラマとちがっているのは、なんの脚色もない素の恋愛だということだ。

なぜこんなに引き込まれて観てしまうかというと、
「あ~なんで、こんなこと彼に言っちゃうかなぁ~」とか
「素直になんなよ」
とか観ていてイライラしたり
「ほらほら彼女は好きになりかけてるんだから、もっと押せよ~」
とか、恋愛のテクニックが蚊帳の外にいるからこそ手にとるようにわかるのだ。

蚊帳の外にいなくても、もっと冷静になったり大きい目でみたりすれば、わかる男女の心の機微なんだけれど、そこが恋愛のオモシロイところで、絶対に冷静に相手のことも自分のことも見えたりしないのだ。
なぜなら、心に火がつきボーボー燃えているさまを恋愛と呼ぶからだ。

Love is blind.

恋が成就して二人で日本に帰ってから先、その後のことはどうでもいいと思う。

夢からさめて、浦島太郎はいっきにおじいさんになってしまうからで、それならば、いっそ振られて、美しい夢を抱いたまま、現実を生きたほうが幸せだったりすることもある。

恋というものは、そういうふうに人に夢を抱かせてくれるもので、きびしい現実を生きる希望であるからだ。

だから恋は結果でななく、そのプロセスに意義がある ということなのだろうか・・・
[PR]
by asaasa-archi | 2009-04-26 00:11 | 映画・TV

TVショッピング

フツーで考えれば、実物を手に取ることなく、買い物をするというのは、勇気がいることだ。

でも、雑誌の通販は時々利用する。
それは、お店には売ってないような「あっ!こんなの欲しかった~」とか、「こんなの見た事ない~」という感動があったりするからだ。

深夜、寝る前に(前述の屋根裏部屋)必ずTVをつけて、ベッドで30分くらい見てから寝る習慣がある。

12時すぎているとあまり観たい番組がない。
もちろん地デジ対応TVではないので、選択できるチャンネルは少しである。
あ~これでもない!なんてチャンネルを変えているとなぜか、このTVショッピングでふと手をとめる。
別に特別なものなんてない。
が、なにげなく観ているうちに、必ず引き込まれてしまう。

あ~これっていいかも・・・
なんて観ているうちに、
お!お客様~もう売り切れてしまいました!」
とか
もう!残りわずかで~す!」
とか 売り子さん(なんていうんでしょうかTVのおねえさま)がカナきり声を上げてくる。
何回も電話番号が画面の下部に点滅して映し出される。

時間は深夜である。
なにも邪魔されるものはない。
ただTVに見入っているだけの状況だ。

あ~ペンはどこ~
電話番号と商品番号メモらなきゃ!!
あせるわ~~
電話!電話!
なくなっちゃう~

てな具合で買ったものはけっこうあるが、長くつかったとか、買ってホントによかった というものはひとつもない。

完全にはめさせられてるんじゃないか!!

ヒトって案外こんなもの?
[PR]
by asaasa-archi | 2009-04-23 19:30 | 映画・TV

コルテオ

観てきましたよ!コルテオ 

今まで、アレグリア アレグリアⅡ ドラリオン と観てきましたが、
う~イマイチでした008.gif

今回から360°フルステージが売りだったんですが、それが良くなかったですよ。
壁を利用したステージがなくなって、上下の移動のみのステージになっていましたから・・・

オペラ的な歌もなくなってちょっと単調な感じがしました。

う~残念!!008.gif008.gif

ワタシ的にはアレグリアⅡが一番よかった感じがしますね~

でもこれにめげずに、また機会をつくってTDLのZED観たいですね053.gif
[PR]
by asaasa-archi | 2009-04-09 00:23 | 映画・TV

DROP

映画観てきました。「DROP」004.gif

e0147990_1452349.jpg


すごくオモシロカッタ!正直あまり内容には期待してなくて、ただ不良のヒロくん053.gif053.gif観たさに行ったんだけど、品川監督作品 良かったです。
テンポがあってあっという間に終わってしまいましたね。
笑いもあって、このへんはさすがお笑い芸人って感じのしっかりした笑いでした。003.gif

ストーリーとかメッセージ性というよりも、ごくありふれた不良たちの友情や生活を描いたリアルさや、エンターティメント性に優れている作品でした。

成宮クンはやはり芝居がウマイし、ヒロくんのけんかの大立ち回りはバツグンで、観ていて美しいですね。脇を固めている不良も個性がしっかり位置づけられているし、リアルに描こうとすると妙にクサクなってりするのですが、そのへんもうまくすりぬけていました。

喧嘩のシーンはものすごくカメラアングルがうまい!!!

ヒロくんの長く美しい肢体を存分に利用して上手に喧嘩のシーンもカメラを引いたりUPしたりで、計算されていました。

ユイカちゃんがちょっとありふれた恋人役で、もう少しひねった個性があってもよかったカナって思いました。

実は近々もう一度観たいと思ってしまいました。053.gif

困った!!
完全にヒロくんにど真ん中はまってしまった042.gif042.gif042.gif
[PR]
by asaasa-archi | 2009-03-21 13:51 | 映画・TV

ハチミツとクローバー

ちょっと前のTV番組のタイトルです・・・「ハチクロ」

私が「メイちゃんの執事」にはまっていることは皆様周知の事実ですが、そこに登場している
「向井理クン」
もケッコウ イカしてまして、彼が出ている「ハチクロ」をレンタルして見返しました。

男女5人が織り成す学園+恋愛ドラマなんですが、舞台は美術大学なんですね~
向井クン扮する「真山くん」はその美大建築科の学生です。
私も同じような美大建築科出身なんでカナリ、オーバーラップする場面もありましたね。

真山くんみたいなちょっと地味めでナルシストで知的な感じのオトコノコ たくさんいましたね~

チノパンにボタンダウンのチェックのシャツ+ベスト 
スリムで長身 
メガネ
タバコは時々その場のシュチュエーションに応じて吸ったりする・・・
ライト(フランクロイド)よりミース(ファンデルローエ)の方が好き
彼女は油絵科
バイトは都心の建築事務所もしくはデザイン事務所

もうみんな型にはまって、今思うとオカシイくらい・・・

なつかしいなぁ・・・

みんなどうしているんだろう・・・

 
[PR]
by asaasa-archi | 2009-03-14 18:55 | 映画・TV

メイちゃんの執事

実はこの番組、高校生はさることながら、30代40代の主婦にすごい人気だ。003.gif

私もかろうじて40代の主婦なんで、気持ちがよくわかる。
お友達の職場でも、水曜日になると、「昨日の見た?見た?」といって持ちきりだそうだ。
あ~よかった。私は正常だった。こんな若い子に夢中になってTVを見るなんて、どうかしちゃったかと、内心ドキドキしていた。008.gif

もちろんストーリーなんて、はちゃめちゃで、伏線も簡単で、伏線の回収もわかりやすい。
でもテンポがあって、第一、男子全員チョーイケメンだ。

水嶋ヒロくんはほとんどせりふはないが、顔面アップはすごく多い。
あんな美形はなかなかいないし、佐藤健クンはうちの息子とほぼ同じくらいの年代だけど、当然こっちのほうがカワイイ。
イケメンの条件は簡単だ。
1.身長は175cm以上
2.痩せている
3.目がぱっちりしている
4.性格が比較的おとなしい
5.色が白い
いっぱいいそうなんだけれど・・・

手がきれい!顔がキレイ!声もキレイ

美しいものに見とれるのは、人間の感情として、正常だ。004.gif

私の日頃のストレスをすべて解消してくれるのは、TVに映し出される美形であってもなんら咎められることはない。

あっ!そういえば、某ハウスメーカーは営業マンに若いイケメンを揃えているらしい・・・
こちらの下心はミエミエだけれど・・・037.gif
[PR]
by asaasa-archi | 2009-02-18 22:34 | 映画・TV