女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

「22年目の告白」を観た。

見ごたえのある映画だった。

e0147990_14282215.jpg

「未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件の犯人が殺人に関する手記を出版したことから、新たな事件が巻き起こるサスペンス。

韓国映画『殺人の告白』をベースに、監督 入江悠。共同脚本 平田研也。殺人手記を出版する殺人犯を藤原竜也、事件発生時から犯人を追ってきた刑事を伊藤英明が演じる」


テンポもよくて、あっという間に終わった 面白い作品。


予告を観て、いったいどんな風にストーリーが流れていくのかと思っていたが、観る人をあきさせない出来だった

ネタばれすると、面白さが半減するので、情報なしに見たほうがよいですね。笑

藤原竜也は、さすがの演技だったし、伊藤英明も文句なしですね。


ただ、殺人現場の惨劇が映像で流れるので、そこはちょっと目を覆う場面だったけれど、映画の流れから どうしても必要だったように思うので仕方ないかも。


岩松了、岩城滉一など、脇もよかった。


1800円でも、劇場で見たい映画。




95点





zzz




[PR]
by asaasa-archi | 2017-06-11 14:41 | 映画・TV