女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

「怒り」を観た。

e0147990_14154953.jpg




私はこういう群像劇が好きだ。

最近では、人間の本質をえぐるような映画→吉田修一&李相日 →「悪人」となるが、まさにそのコンビだ。

面白いのは脚本

三人の得体のしれない若者がでてくるが、ひとりは殺人事件の逃亡した犯人で、あとのふたりは全く別の人物なのだが、あたかも なにかでつながっているような錯覚を覚えるようなつくりになっている。

東京 沖縄 千葉 と三か所で舞台を繰り返しながら、信じる心 と 疑う心の葛藤を上手に描いている。

最後にやっと犯人が誰かがわかるが、誰が犯人であるかはそう重要なことではなく、その逃亡劇を巻き込んだ人間模様が、奥深い。

最高の映画

95点






zzz



[PR]
by asaasa-archi | 2016-09-17 14:29 | 映画・TV