女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

海難1890 を観た。

e0147990_10403987.jpg


ふたつの時代の出来事の二部作で最後にそれがつながるというストーリー

{日本とトルコの長年にわたる友好関係をテーマにしたドラマ。海難事故に遭ったトルコ軍艦エルトゥールル号への日本人による救援と、トルコ人によるイラン・イラク戦争時の在イラン日本人救出という、両国の絆を象徴する二つの出来事

1890年、和歌山県串本町沖。
後のトルコであるオスマン帝国の親善使節団を乗せた軍艦エルトゥールルが座礁して大破、海に投げ出された乗組員500名以上が暴風雨で命を落とす。
そうした過酷な状況下で、医師・田村元貞・ハルら、地元住民が懸命の救援活動に乗り出す。
イラン・イラク戦争中の1985年、日本政府は危機的状況を理由に在イラン日本人の救出を断念。
そんな中、トルコ政府は彼らのためにある行動を取る。}

史実に基づいた話であることが、まずは感動する。
エルトゥールル号の沈没シーンは圧巻ですごい迫力があるし、当時の串本町の人々が懸命に救助したことも丁寧に描かれている。

なによりも、トルコの人々が、100年以上も経ってもそのことを忘れず、その恩返しと称して日本人に飛行機の席を譲ってくれた真心に感動。

泣けた。

90点






zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2015-12-10 10:53 | 映画・TV