女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

プラハ旅行2

昨夜プラハに夕刻ついて爆睡した私たちは、朝は早く起きました。

まずは西洋建築史(建築様式)のおさらいです。
10世紀~13世紀 ロマネスク様式
12世紀~15世紀 ゴシック様式
15世紀~16世紀 ルネッサンス様式
17世紀~18世紀 バロック様式
19世紀~20世紀始 アールヌーヴォー様式
プラハの小さい町の中で すべてが見られます。→ここがすごいぞ!

早朝ホテル近くを散策  火薬塔(ゴシック)と市民会館(アールヌーヴォー様式)
e0147990_12275449.jpg


ホテルはヨーロッパにしては珍しくアメリカンスタイルのブレックファスト
e0147990_12283918.jpg


e0147990_12284879.jpg


ガイドさんを頼んだ私たちはプラハ城に向かいました。
e0147990_1257277.jpg


e0147990_12295129.jpg


プラハ城の中庭

e0147990_12302535.jpg


e0147990_12303535.jpg


聖ヴィート教会(プラハ城というのは、数か所の建物群の総称らしいです)
ゴシック様式ですが、最初は930年に建てられたロトンダ(ロマネスク様式)から始まりました。
1420年に一旦建築が中断されて19世紀末に再開 ネオゴシックと融合しています。

e0147990_12314681.jpg


e0147990_12315856.jpg


e0147990_12563738.jpg


内部のステンドグラス
e0147990_12322627.jpg


教会にしては内部は明るい(ゴシックの特徴ヴォールト天井)
e0147990_1232519.jpg


ミュシャ(チャコ読みでムハ)のステンド
e0147990_12332369.jpg


e0147990_1233377.jpg


e0147990_1233511.jpg


聖イジー教会(ロマネスク様式)
e0147990_12381120.jpg


e0147990_12382767.jpg


天井はフレスコ画
e0147990_123848100.jpg


黄金の小路
城に使える召使などの住んだ→一角に錬金術師が住むように→カフカが一時住んだとなかなか面白い場所

e0147990_1241537.jpg


e0147990_1242746.jpg


e0147990_12422185.jpg


一角の喫茶店にてブレイクタイム→ビールで乾杯

e0147990_1243351.jpg


中庭
e0147990_1393498.jpg


美人のガイドさん

e0147990_12434535.jpg


プラハ城から帰った私たちは、ホテル近くの広場でランチ→ビールで乾杯
広場には露店がたくさんでてました。

e0147990_12452953.jpg


e0147990_12453941.jpg


ビールは世界一美味しい
e0147990_1246580.jpg


豚の膝肉
e0147990_1246377.jpg


サーモンサラダ
e0147990_12465685.jpg


ソーセージ
e0147990_1247940.jpg


こうして観光初日は終わりました。

つづく



zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2015-06-07 13:14 | 旅行