女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

思い出のロエベ

ワタシが、初めてブランドバックというものを知ったのは20代中盤に旅行したヨーロッパの街だった。
美大仲間が、行く街行く街で、ブランド講義を重ねて、若いワタシはマドリードの街で、初バッグを買うことにした。

ロエベという名前も初めて知った。
当時からもう人気だったルイヴィトンに比べ、派手さはないが、上質な皮と控えめなデザインが、ワタシの目に留まった。

半月型のショルダーバッグはとても使い勝手がよく、長いこと愛用した。

それから30年が経ち、再びスペインに先日旅行した。
もちろん、ロエベに寄り、とても気に入ったものがあったが、少し高めだったので、断念していた。

それがなんとも後悔し続け、他を節約してもやはり買っておけば良かったと毎日思っていた。

そして今回、何気なく、ロッテ免税店をウィンドウショッピングしていて、気づいたらロエベの店の前に立っていた。

e0147990_2362773.jpg



30%OFFになっていたのに、背中を押され、30年ぶりに手にしたロエベは、相変わらず上品で、その柔らかい皮は心地よく、まさしくワタシの人生のご褒美にふさわしいもののような気がした。




zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2013-08-30 23:10 | 旅行