女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

ツナグ を観た。

松阪桃李クン がんばったねー

あの若さでどうどうと、主役を演じきったって感じですね。

憂いを含んだ優しい笑顔は天性のもの。
落ち着いた演技。
難しい役を難なくこなした。

大ベテランの樹木きりんと対峙しても、なんら劣ることがないように思った。

ストーリーはオムニバス3話形式になっていて、亡くなった愛する人にたった1晩だけ会うことができるという設定だ。

1話目が50代の息子が母に会うという話
ぼくとつな息子と優しい母 の会話で、正統的に泣ける感じなぁ

2話目は桃李くんの高校の同級生の女子同士の話
途中10分くらい 寝ちゃったくらい、間延びしたかな

3話目が恋人同士の話
失踪したと思っていた恋人が実は亡くなっていて、切ない再会をはたす

どれも、目新しいものはなく、ありきたりの話で、さほど感動はない。
ストーリーに工夫がほしかった。

65点ってところでしょうか。


ホームページをご覧ください。

e0147990_22353776.jpg





zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2012-10-27 22:36 | 映画・TV