女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

DVD 不惑のアダージョ を観た。

まるで、美しい音楽を聴きながら、写真集をみているかのような、心のやすらぎを感じた。

素晴らしい映画だ。

最近のごちゃごちゃとした 闇鍋のような「やぼったさ」やら雑音はなく、清閑でシンプルな美しさにあふれている。
カトリック教会のシスターが、自分の心の殻を破り、女としての自分を肯定していくさまは、人生の秋を迎えた彼女の心の機微を、ゆるやかな坂を下るがごとく描いている。

バレエダンサー西島千博の美しいバレエもみごとだ。

銀杏がハラハラと舞う教会や、朝日の差すバレエスタジオなど映像としての芸術性も高い。
ヨーロッパ映画を観ているようだ。

叙情的ではあるが、40代女性が受け止めなければいけない加齢という試練をシスターを通して上手に表現する人間臭さも一方で存在している。

監督はムサビ出身の井上都紀さんだ。

初監督作品らしいが、この先楽しみだ。






zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2012-10-07 22:52 | 映画・TV