女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

踊る大捜査線を観た。

Biviの無料券があったので、最近ワタシのお買い物とかをしてくださったアルバイトの奥様をさそって、踊る大捜査線Final を観てきた。

彼女はワタシよりも5歳ほど年下で、子供さんは最近お嫁に行った長女を筆頭に高校生の長男次男、中学生の三男、小学生の四男と5人の子宝に恵まれている。

長身ですらりとした美人である。
ワタシのアルバイトのほかにも、単発のバイトをいくつか掛け持ちしている。

で、劇場の席につくやいなら、彼女の持っていた小さなバッグから、カルピスのペットボトルがワタシの前に差し出された。
彼女が用意してくれたものだった。

感激したワタシは、メッチャ感謝した。
そのうちに、サンドウイッチも差し出された。

そのうちにジャガリコも・・・

そのうちに キャンディーも・・・

なんと、彼女はその全てを二人分用意してくれていた。

なんという 気遣いだ。
女性の鏡だ。

すごい!!

やっぱ主婦のひとは違うね。
こういう気遣いをご主人にもお子様にもいつもしているのだろう。
うらやましい限りですぅ。

で、映画の話

ストーリーがちょっと込入って、最初はわかりづらかった。
ちょっと寝たかも・・・

中盤から段々わかってきて、おもしろくなってきたが、んー出来としては中くらいってとこかなぁ

室井さんのキャラが、イマイチ決まってない感じがいつもしていて、今回もあの仏頂面の裏に秘めている正義感みたいなのが、表現しきれてないと思った。

すみれちゃんも今回は活躍しきれてなかったし、最後 織田裕二が腰痛でよたよたと歩く姿も、年齢を感じちゃって、残念・・・

Finalを意識して作った感があったが、こういうのって、これで最後とか言わなくてもいいんじゃないかなぁ・・

とってもこれが最後の集大成とも思えないし・・・

でもね、織田裕二はもう、青島刑事から脱皮して、外交官黒田に移行したほうが、懸命だ。
だって、歳をとった青島刑事ってさまにならないしね・・・



zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2012-09-26 15:00 | 映画・TV