女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

ソウル2日目午前中

ぐっすりと眠れたので、本日は朝7時に起きました。

午前中に訪れたのは、慶照宮 と ソウル歴史博物館です。
隣あわせに建っています。

e0147990_1452994.jpg


まずタクシーで慶照宮につきました。
朝早かったので、人っ子一人いません・・・

e0147990_1453383.jpg


e0147990_1454294.jpg


韓国の宮殿を見るとなんだか、日光東照宮を連想してしまうくらいの、彩りの華やかさですね。

e0147990_145547100.jpg


1618年 朝鮮王16代のころの建物です。

e0147990_14571492.jpg


e0147990_1457306.jpg


e0147990_1458846.jpg


朝鮮独特の文様です。


次にソウル歴史博物館です。

e0147990_1459677.jpg


e0147990_14592255.jpg


e0147990_14594057.jpg


ここは、20世紀日本帝国時代の占領下から、独立、朝鮮戦争を経て、いかにソウルが復興したかを、写真や遺物で説明している博物館です。

なんだか、日本人が見ると、ちょっと心が複雑になりますね。

ハワイ旅行で訪れた真珠湾記念館のときにもそうでしたが、悪者日本人が赤裸々に語られていて、「そこまで言うなら、アメリカ人だって、原爆落としただろ!」とか叫びたくなっちゃうような内容でしたね。

オランダのアンネの部屋を訪れたときにも、「日本って確かドイツの同盟国だったよね」的なまなざしでヨーロッパ人に見られた覚えがありますね。
外交官 杉原千畝氏のようにユダヤ人を何千人と救った人もいましたよ!

20世紀初頭はどこの国も軍国主義で、戦争ばかりしていた時代ですから、なにも日本だけが戦っていたのではないはずなのですが、勝てば官軍 というとおり、敗戦国は常に悪者になってしまうのですね。

ちょっぴり心寂しい感想をいだいた ワタシでしたね。


クリックしてください。
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村
[PR]
by asaasa-archi | 2012-06-16 15:11 | 旅行