女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

おみやげの法則

前回はスマホで投稿したので、なぜか、同じ内容のものが2回 投稿されてしまいました。

すみません。

海外旅行も何度か行くと、それなりに、その人なりに、いろんな法則がわかってきたりする。

ワタシは、お土産に関しては、現地で調達したようなものを買いたいと思っているので、なるべく軽く、かさばらず、割れたりしないようなものを選ぶことにしている。

ソウルだったら、断然 韓国のり である。
これは、だれにあげても、好き って言われるし、軽いし、スーツケースに入れられる。
しかも面積はあるが、厚みは薄い。

あとは、なんちゃって商品もけっこう人気だ。
例えば、偽のヴィトン柄のスリッパ これはトイレ用なんかにしているとなんだかリッチっぽくなるらしい。
これも、かさばらず、良い 好評な商品だ。

民芸品もオシャレなものも多い。
前回、前々回 買ってきた、フロアランプ
これは高額なので、自宅用にしたが、自分で持って帰らずとも、日本に直送してくれるのでありがたい。
お客様には、買っていったりした。

アメリカやヨーロッパとかなら、デパートで探すと、かなりオシャレで安価なものが見つかったりする。
台所用品とか 割と喜ばれる。
キッチンスケールとかだ。

これは20年以上前に、フランクフルトのデパートで買ったものだ。
キッチンで使わずに、部屋に飾っておいたら、こんなに こ汚くなってしまった。
残念・・・

e0147990_221595.jpg


NG商品は、マカダミアチョコだ。
美味しくて、別に貰って困るものではないが、どこに行っても売っているのでどこに行ったかわからないまま、食べちゃうことになる。

まことに残念なお土産だ。

免税でお酒3本 というのが、ありがたく、みな ジョニーウォーカーとかシーバスリーガルを買った時代があった。
親戚のおじさんはよくこういうお酒を買ってきた。
今では、お酒を免税店で買うことは珍しい。

ただしタバコは違う。マイルドセブンが1カートン1700円だ。
国産1カートン、外国産1カートンは必ず買うし、友達がいたら、買ってもらったりする。(せこいね。)

だから、スーツケースはなるべく大きいものを持って、行きはスカスカ、帰りはお土産でいっぱい というふうにしているのだ。


クリックしてください。
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


ホームページをリニューアル

e0147990_22112029.jpg

[PR]
by asaasa-archi | 2012-06-08 22:11 | 旅行