女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

思い出のスーツケース

ワタシが初めてスーツケースを買ったのは、24.5歳の頃だった。
ムサビの校友会が主催する ヨーロッパを2ヶ月かけて廻る美術の旅 に参加するときだった。

海外旅行の初体験が2か月間という長期の旅行であったので、何をどう用意していいのかもわからずに、質屋さんで見つけた中古品のスーツケースを数千円で買ったような記憶がある。

1ドルが220円くらいのときだった。

旅行費用は往復航空券+ホテル代+ヨーロッパ移動費で50万円くらいだった。
2ヶ月の費用なので、安いのであろうが、額面としてはワタシのそれまでの貯金は全部使いはたして払った。
食事代やおこずかいで20万円くらいもっていった。

当時、親はびっくりして、そんな贅沢な旅行なら全部自分のお金で行きなさい と言い、餞別の1万円もくれなかった。

それから、何回も海外旅行にでかけ、遊びまわった。
ステディだった彼氏、新婚旅行、オンナ友達、mysonや母 と数えれば何十回にもなる。

ずっとその中古のスーツケースを使い続けた。

そして数年前、ついに、念願だったヴィトンのスーツケースを買った。

e0147990_23265638.jpg


なぜかというと、最初に旅行したヨーロッパのホテルのTVで金髪の美女がホテルの窓からヴィトンのスーツケースを投げ、びくともしない というCMを何回も見たからだった。

やっぱスーツケースならヴィトンにかなうものはない という先入観をそのときに植え付けられた。

それから20年近く経っていたが、高額なので、なかなか買うことが出来なかった。
そのときには、ようやく生活も落ち着き、ヴィトンのスーツケースを買う余裕もできていた。

もちろんお金さえ出せば誰でも買うことはできるのだが、ワタシにとっては、まさに念願のスーツケースだった。
やっと、これを買うことが出来るくらいの生活になることができた という満足感があった。

高級ブランド品というものは、このように、待って待ってやっと買う というくらいが、ちょうどいいのかもしれない。


クリックしてください。
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


ホームページをリニューアル

e0147990_23352187.jpg

[PR]
by asaasa-archi | 2012-06-04 23:36 | 旅行