女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

リフレッシュしたいもん!

去年はどこにも旅行に行かなかったので、もうもう今年こそはどっか行きたいーと思っていた。

そう、どっか でいいのだ。

そんなに特別な場所でなくたっていいのだ。
ただただ、リフレッシュしたいだけなのだ。

いーろいろ考えて、しかも、誰も一緒に行く友達もいなくて、やっぱ ソウルに決めたのだ。

旅行代金が安い
富士山静岡空港から直通だ。(しかも空港の駐車代金はただ だし、空港まで車で20分だ)
沖縄や北海道に行くよりも安い
何回も行っているので土地勘がある。
ソウルは狭い町なので、おばさん一人旅にはちょうどいい。
タクシーがメチャ安い。(初乗りが200円くらいで1メーター何十円づつあがるという驚異的な安さ)
だから、どこに行くにもタクシーでOKなのだ。
日本語で十分 不自由なし。

でもそれだけではない。
日本人は洗練されて、町も綺麗だし、秩序正しいが、あそこは違う。

雑多な喧騒があって、発展途上国独特の活気がある。
わき目もふらず、駆け抜けて行くような、スピード感がある

かつて日本がそうだったように、彼らには、未来は確実に今より豊かになるという希望がある。
それが、町全体をイキイキとさせているのだ。

ワタシが初めてソウルを訪れたのは、20年以上も前、会社の社内旅行だった。
このころは、まだバブルのなごりで、ほとんどの会社の社内旅行は海外だった時代だ。

社内で説明会が開かれて、何点か注意事項を言い渡された。
「決して、韓国人の悪口を言わない。笑わない。指ささない。」ということだった。

今では考えられないが、そういう時代だった。

ソウルの町を5分も走れば、アスファルト舗装が消え、土埃を舞い上げて、ポンコツバスが走っていた。
ロッテホテル最上階の免税フロアーに韓国人の姿は皆無で、町でも、ヴィトンを持っている若い女性を見かけることはなかった。
ましてや、中国人の旅行者などは、いなかった。

それが今やどうだ。ロッテホテルの免税フロアーには韓国人ばかりか、中国人があふれかえり、ブランド品を買いまくっている。
かつて、ワタシたち日本人が、パリのエルメス本店でスカーフを買いあさっていたかのように・・・

今回はインチョン空港から地下鉄が開通し、リムジンバス以外の交通手段もできたようだ。

ちなみに、HISで往復チケット(込み込み) 約38000円
       コネストで安めの明洞のホテル 1泊シングルで3泊 約33000円 計72000円です。
      (ホテルは韓国の場合、HISよりコネストの方が安くて、取りやすい)

早く、行きたいなぁ

もうワタシって、ここまでくると、ソウルフリークだね。


クリックしてください。
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


ホームページをリニューアル

e0147990_2022473.jpg

[PR]
by asaasa-archi | 2012-05-24 20:23 | 旅行