女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

ALWAYS 三丁目の夕日 ’64 を観た。

すごい人気で昼間の回は満席だったので、最終回の2D版で観た。

最初から涙が途切れる暇がないくらいに、ずっと じくじくと泣きながら観てしまった。
この映画、ハンカチは必需品のようですね。
泣き処は ものすごくベタなんだけれど、わかっているんだけど、素直に泣けるという感じでしょうか。

もともと貧乏+清廉+実直 といった三大要素があるし、茶川龍之介と古行淳之介の義親子の設定も感動ものだし、街の人々の純朴さもある。
ある意味泣けない要素を探すほうが難しいともいえる。

だから、あまり深くを考えずに、映画に入り込むほうが、わんわんと泣けて 観た後すっきりする。

それに、俳優陣がみな演技派そろいだ。

特に吉岡秀隆ははまり役だし、古行淳之介役の少年も上手だ。
この少年と鈴木オートの息子役の少年も少年から青年になって、あ~こんなに大きくなっちゃって  みたいに親近感を覚える。

日本が敗戦から立ち上がり、高度成長する姿も、みていて感動する。
TVが白黒からカラーになっていくさまや、シェーの流行もワタシの子供時代とだぶって、いっそう懐かしい。

観客が中高年が圧倒的に多かった理由だろう。

1よりも2、さらに3 という具合に泣ける回数が多くなるのは、観客を飽きさせないための麻薬なので致し方のないことでもある。

とにかく、懐かしく、古き良き時代を懐古することができて、まったく満足した。


ホームページをご覧ください。

e0147990_22564168.jpg



↓クリックをお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2012-01-22 22:58 | 映画・TV