女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

便器のお話

便器 とか いうと なんか くっさ~い話みたいになっちゃうんじゃないかと ご心配していただいた皆様 すみません~

くっさ~い話 では ありません。

ウチの1Fの東側のトイレ(うちにはトイレがみっつあります・・)は 自動だ。
今ではそう珍しくもないが 15年前は けっこう珍しかった。

なにが自動かというと

便座の蓋が人感センサーがついていて 自動であく。用を足して 部屋を去ると 自動で閉まる。
男子用のために 便座も ボタンをプッシュして 自動であく。
そしてなによりも 便座に腰掛けて用を足し、立ち上がると 自動で水が流れ出す。

15年前にはほとんど見かけなかった 自動づくし の便器である。

最初はびっくりした。
お客もびっくりした。

が、次第になれてきた。
そうなると、困ったことが おきた。

他人の家のトイレやビルのトイレ レストランのトイレに入って 水を流さずに出てきてしまう。
トイレをでて 「おっ!!」と気づき またトイレに入って 水を流したかどうか確認する作業がついてまわった。

すいているトイレならいい。
でもでも、例えば 混雑したドライブインのみんなが並んでいるトイレだと、でるとすぐに 次の人が入ってしまう。

「あつ!!ちょっとちょっと まって~」
と急いで 戻るがあとの祭りだったりする。
どーしても 流したかどうか 覚えていないのだ。

そーいうときには 知らんぷりで、そそくさと手も洗わずに トイレを立ち去る。

なんとも めんどくさい羽目に陥ったのだ。

それもなれてきたころに 世間ではもー自動便器は珍しくなくなった。
新築の際、お客様が選ぶ便器はみな自動だ。
公衆トイレでも自動がみるみるうちに 増えてきた。

なんとも 日本人ってほんと こういう機能って好きだ。
ウオシュレットも日本独特の文化である。

綺麗好き・機械好き なんだナ きっと・・・

さいきんではさらに 用を足しているときにメロディも流れる。
脱臭もする。
便器のなかに電気もつく。

すんごい

すんごい



ホームページをご覧ください

e0147990_17493178.jpg
 


↓クリックすると ワタシが喜びまするぅぅ
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村


zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-12-06 17:53 | 生活