女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

手塚治虫のブッダ を観た。

手塚ワールドを忠実に表現したかった意図はよくわかった。
でも、手塚治虫のこの壮大で淡々としたストーリーのブッダを2時間の枠で表すのにはかなり無理があると思った。
はしょった 感じが否めない。

映画はストーリーを追うのに精一杯で、彼独特の世界観を表現するには至らず、あらすじだけが心に残った。
彼独特の世界観とは、勧善懲悪ではあるが人間の無力さや はかなさ を冷静かつ暖かく描くことに尽きると思う。

題材が、仏教のおおもとのブッダというあまりにも大きすぎる人物であるために、やはり細かく歴史にも忠実に描く必要がある。
単なる人の一生ではなく、仏教の始まりを描かなければならないからだ。

やっぱ、漫画でみるべきだ。

続いて、「プリンセストヨトミ」も観た。

ブッダがあまりにも、未消化だったので、はしごしてしまった。

前半の会計検査院の調査から、大阪国発見までは、ものすごく面白かった。
どういうふうにエンディングをむかえるのか、ワクワクした。

堤真一の副長 綾瀬はるか 岡田将生のチャラも立っていて、いい出来だった。
が、後半のオチというか、エンディングが あきらかに ダメだ。
キャスティングも最高で、申し分ないのだが・・・

残念なできだ。

映画と映画の間で時間がなかったので、Biviの1Fの オール¥98/1ケ のパン屋でパン3ケ のランチでしたぁ
それにしても、パンが安い割りにオレンジジュースが¥300とは、ずいぶん高いじゃないか!


ホームページをご覧ください。


↓クリックしてケロ~ヨン
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


zzz 
[PR]
by asaasa-archi | 2011-05-28 22:46 | 映画・TV