女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

「八日目の蝉」を観た。

原作を読んでいないので、映画について感想を述べることにします。

e0147990_17253245.gif


ものすごい良いできだった。

不倫相手の妻が産んだ乳飲み子を誘拐するという、犯罪から、全てのことが始まった。
永作博美演じるその女は、4年間も自分の子供として逃亡しながら、愛情を注ぎ育ててしまうのだった。
そこには、本当の親子そのものの生活があったのだった。

ワタシのなかでは、あまりにも壮絶なストーリーなので、場面ごとの感情移入が先行してしまい、全体がなかなか把握できないでいた。
もしかしたら、そのまま誰にも見つからずに最後まで、親子でい続けることができたのならば幸せだったのではないかと、錯覚してしまうくらい、犯人の女はその子を実の娘のごとく愛し、大事に育てていたのだった。

なぜなのかと不思議に思うのだが、そこには、追い詰められた彼女の事情があったのだった。

不倫妊娠で中絶するが、トラブルがおこって妊娠不能な身体となってしまい、なおかつお決まりの不倫パターンで、離婚すると言っていた男は、妻とは全く離婚するつもりもなく、その妻が懐妊するという絶望的な立場になったのだった。

だから彼女の心のゆがみによって、彼らの子を誘拐し、その夫婦にダメージを与えたいという鬼のような願望が湧き上がった。
そして子供をもつことができなくなった自分の行き場のない母性が乳飲み子を抱くことによって、ものすごい大きくなってしまった。
ゆえに、その子と自分を悲劇のヒロインのごとく心のなかで仕立て上げしまっていたのだった。

愚かしいことには間違いないのだが、その一場面一場面を見るとなんとも本当の悲劇の親子のようにも思えてしまうのはなぜだろうか。

4年間の逃亡の末に彼女たちは警察によってみつけられ、彼女は裁判でさばかれ、その娘は本当の両親のもとに返されるのだが、実はここからが、本当の悲劇の始まりだった。

今まで信じていた母が、実は誘拐犯で、見知らぬ男女が本当の両親だったという事実を受け止め理解するには、とてつもない苦悩であったのだった。
その傷は親子三人が簡単に、フツウの家族に戻れせてくれるような、傷ではなかったのだった。

その娘は、犯人を憎む気持ちが大きくなるにつれて、心に芽生えてくる不条理を押し殺すことができなくなった。
なぜならば、4年間の思い出は、楽しく、愛情あふれ、懐かしいものだったからなのだ。

もちろん「生みの親より育ての親」などという単純な感想を抱くことができないような簡単な事情ではないが、なぜか、この擬似親子の逃亡生活が、いとおしく感じてならない。
犯人の自己中心的な偏った愛情が、共感を呼んでしまうのはなぜなんだろう・・・

それは多分、女のなかにある「母性」という動物が持つ本能が、場合によっては理性をも上回ってしまうことがあるのを、女性全員が、知っているからなのではないだろうか・・

ここに登場する男たちはみな、不倫を平気で行い、女をもてあそび、しかもだらしない。

ネタバレするので、詳しくは言えないが、井上真央扮する「大人になったえりなちゃん」は、もっとフツウの幸せをみつけてほしかったと思う。

一つの感想にまとめ上げられるような、作品ではない。


ホームページをご覧ください。


↓クリックをお願いします。
ミーンミンミン
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-05-04 18:25 | 映画・TV