女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

飢餓列島

たまには お仕事のお話をしよう~

ブログを新しく訪問してくれたオトモダチが、
「ねぇねぇこの人仕事の話全然しないけど、設計事務所やってるなんてプロフに書いてあるけど、ホント?」
とか
「設計事務所をやってるのは、きっとダンナで、本人はなにもしてないんだよ~きっと」
とか思われちゃうと、全然違うよ~と言いたいし・・・

だって、ワタシには、お金を運んできてくれるダンナもいないばかりか、金をムシャムシャと食う息子がいる。
毎日、やたらに 刺身を食いたい というばあさんもいる。


材料がないないづくし の始まりは断熱材からだった。
なので、「a precious park」の家の断熱材は何ヶ月か前からゲットしておいた!
e0147990_23212698.jpg


上棟は3月15日だったので、11日には構造材も、合板もばっちり入荷していた。
そして未曾有の大震災が起こって、東北の工場が被災し、物流が止まった。

なんだか、小説のような具合のギリギリセーフだったのだ。
ユニットバスもメーカー変更でなんとか納期回答がでた。
ホント、心臓バクバクの2週間だったのだ。

ワタシの仕事は、なんたって設計監理において工期を遵守することも重要だ。
今回はお客様が設計士ということもあって、分離発注方式で工事を進めているしネ!
綱渡りの材料調達は多分みなさんも苦労されていると思うのだ。

食べ物でいうと、東京では、米・卵・牛乳・納豆・トイレットペーパーがないらしい。
納豆はなくてもどうにかなるが、さすがに米とトイレットペーパーは困りもんである。

まるで戦時中さながらの飢餓列島だ。

17.8年くらい前にも、米が世間から消えた。
どこを探しても、白米がないのだ。
突然、理由もみあたらないのにだ!
これは何ヶ月かして、おさまったのだが、未だになぜ米が世間から消えたのかわからない。

実はこのときから我が家では、近所の農家から直接 米を買うことにしているのだ。
農家から米が消えることはない。
でも市場からは消えてしまうという不条理が世の中では起こったりする。

米がないのは、、マジ困る。

仕事がないのと同じくらいに、困る。
友達がひとりもいなくなるのと同じくらいに、困る。
パソコンが壊れるのと同じくらいに、困る。

オイルショックと呼ばれた40年前には、世の中からトイレットペーパーが消えたこともあった。

日本は狭いし、単一民族だし、みなと同じことをしたい性質だし、ましてやこの飽食で豊かな生活にどっぷりつかっているので、モノがないことが最大の恐怖だと感じてしまうのである。

近代都市国家の最大の弱点である。



ホームページをご覧ください。


コメントを書き込めるようにしました。053.gif



↓ここをクリックしても米はでません。
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村
[PR]
by asaasa-archi | 2011-03-29 00:10 | お仕事