女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

ペチュニアをハンギングしたの巻

なにしろ、HPに「自然生活と住まいの幸せをプロデュースするアトリエ」とかいう、ミョーに仰々しいタイトルをつけてしまったもんだから、最近は自然生活を意識してしまうワタシであった。

自然生活→ガーデニングという単純な思考回路の末、本日はハンギングをやった。

13年前に家を建替えたときには、ワタシだってものすんごくがんばって、ガーデニングをやっていた。
南側の隣家との境(15mくらい)は、ラティスの塀に、あふれんばかりのハンギングを飾っていた。
秋~冬はパンジー 春~夏はペチュニアという感じで年に2回の植え替えをした。
もちろん水やりも、一日に2回した。
ガーデニングの雑誌も毎月買っていた。
だから、家のアプローチはいつも、お花でお出迎えって感じで、自分でいうのもなんだが、かなり華やいだ表情となっていた。

何年かして、このラティスの塀が台風で大破した。
水やりもめんどくさい~と思い始めた。
そして、my houseのハンギングは自然消滅したのであった。

何年もの間 ウチの玄関は閑散とした風景になった

さっそく、100円ショップでハンギング用のポットを8ケ買った。  しめて¥840
ホームセンターで赤玉土 1袋(¥298) と ペチュニア 16ポット(¥78×16)を買った。

このペチュニアは夏のハンギングにはぴったりだった。
暑さに強いし、大輪の花を何回も咲かせてくれる。
花が枯れ始めたら、花弁からプチッと、つまんで取り除いてあげると、ホント何回も花が咲くのだ。
大体いつもは¥100/ポットで売っているので、本日の¥78はお買い得だ。

ホームセンターの園芸コーナーはいつも、定年退職したような夫婦でいっぱいにあふれかえっている。
こういう世代はやっぱ、園芸しちゃうんだな~と思いながら、カートを押していたら、近所の定年退職したおじさんにばったりあった。

「こんにちは。」
「お~松浦さん~園芸やるの?」

え・エンゲイ と言われてしまうと、なんとも盆栽とか連想しちゃうワタシであったが、

ガーデニングをまた、始めようと思って・・・」
とわざわざワタシは、園芸をガーデニングと置き換えて言ってみた。

「そりゃーいいーなんたってこれからは、園芸のシーズンだからね。じゃあね!」

だからさーワタシがやってるのは、園芸じゃぁなくって、ガーデニング・だ・か・ら  オジサン!



ホームページをご覧ください。



↓ここをクリックすると、鳩が出ます。
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村



zzz
[PR]
by asaasa-archi | 2011-03-27 22:50 | 生活