女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

GANTZを観た。

エキサイティングな映画だった。
大半が戦闘シーンで、血みどろのすさまじい戦いだ。

戦う相手も脈絡もない、へんてこ星人で、なぜ戦っているのかもわからないし、その前に星人の存在も不条理なのだ。
漫画を読んでいないので、まったく事前の知識もない。

でもなぜか、おもしろく引き込まれる。

まず、星人のキャラクターが実に漫画チックで愛嬌がある。

ねぎ星人・・・怖カワイイ子供が途中で怪物のようなお父さんに変身する。
田中星人・・・大阪道頓堀に立っていたく「いだおれ人形」を原型とするような感じ
おこりんぼう星人・・・仁王がまんま怪物になった
千手観音星人・・・手がなにせたくさんあるんで、すごい殺傷能力を持っている。

団体戦なので、集団特有の心理戦もおもしろい。
アクションもすごいぞ~
手に汗握るシーンが連発だ。
二宮くんとマツケンの組み合わせもgoodだね~

実写やCG、特撮を組み合わせて、TVゲームのようなバーチャル感覚がみごとに映像として完成されていた。

残念なことに、これは前編だ。
いや~早く後編が観たいね~

思ったよりかなり良かった!
[PR]
by asaasa-archi | 2011-01-29 23:15 | 映画・TV