女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

VS・リモコン

あまりにも寒いので、ばあさん(母)の部屋のエアコンをつけようとした時だった。

いつもならピッ!という軽快な電子音のあとにすぐに、エアコンという文明の利器が始動するはずだった。
ところが、今日に限ってなんの音もしない・・

「あれれれ・・」

ゴムでできた リモコンのスイッチボタンを何度も何度も押したが、ピッという音はなく、ボニョ~んとしたゴムの感触だけが、指先に残った。

そうか~電池がナッシング 
お~電池はどこだ~

家中の戸棚をあけてやっと探し出した単4電池を入れかえた。
文明の利器のエアコンも電池なしでは、ただの「でくの棒」と化すことがわかった。
そして、リモコンのボタンをピッ! というはずのエアコンだったが、またもやボニョ=ンとゴムの感触・・・

ま・まさかリモコンが故障

ばあさんの部屋のエアコンのリモコンは故障していたのだった。

そこでワタシは棒を探し、エアコン本体のスイッチめがけて棒を突き刺した
ピッ!と音がした。

お~

考えて見ればリモコンがないエアコンは悲しい
実にマヌケである。

当然エアコンに限ったことではない。
リモコンなしの 大型TV
リモコンなしの DVDプレーヤー
それが超先端の電化製品であればあるほど、悲しい・・・

「あっ、エアコン壊れてます?」とヘルパーさんに言われるたびに、

「すみません。この棒で突き刺してもらえますか?エアコンのスイッチめがけて・・・
[PR]
by asaasa-archi | 2011-01-18 00:53 | 生活