女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

年賀状のつぶやき

ツイッターとかいう最新兵器のつぶやきではないが、年賀状のすみで、つぶやく ことはよくあることだ。

定例の謹賀新年などは最近では大半がPCで書かれているが、そのすみにちょこんと「つぶやき」を書いてあると、とってもありがたいと思う。

ほほ~とか、キャハ!とか受け取ったほうもちょっとしたリアクションがある

ワタシは誕生日が1日なので、昔はよく「HAPPY BIRTHDAY」とみな友達は書いてくれた。
それが、いつしか誰も書かなくなり、家族さえも言わなくなった。

今年は「下小田の家(仮)」の奥様がたったひとり書いてくれてあったのをみて、なんだかとってもうれしくなった。
控えめな方だが、こうしたさりげない気配りはたいしたものだと思った。

「中之郷の家」の奥様のつぶやきはこうだった。
「実はあれこれ・・出てきております。家が涙涙」
「お~どうしたんだ?」かなり気になったので、さっそく本日電話をした。

「キャハハハ!そうそう、リビングの畳はもういい加減裏返ししないと、ボロボロざんすよ~それとね、息子が壁にむかって鉄拳したんで、穴開いたよ=」
「まぁまぁ!元気な息子さんはいくつになった?」
完成したころは、たしか小学生だった。

「それがね~今年高校受験なのよ!でね~松浦さんに聞きたいことがあったんだ~」
「なになに?」

私たちはそこで、かなりの時間、高校とか大学の話に埋没し、週末には、御宅にお邪魔することになった。
なつかしい旧友のようだった。

「ひさかたのいえ」の奥様はやさしい性格の方である。
「とっても快適に住んでます~遊びにきてください。」
なんとも心温まるつぶやきでしょう~

「SKIP F METHOD HOUSE」の奥様はモデルのような長身のすごい美人だが、性格は男!キャハ
「ぜひ今年は飲みにいきましょう!!」
絶対に飲んだら、オモシロイことまちがいない!

「西久保の家」の奥様はカワイイ方である。
「今年も夏に緑のカーテンをつくる予定ですが、なかなか上手くできないものです。」
なんだか、ガーデニングにいそしむ奥様が目に浮かぶ ほのぼのとしたつぶやきである。

「ブログ見てますよ~」というつぶやきも、とてもありがたいものである。

このように昔から、日本人は年に一度、なかなか会うことのない人々に、「つぶやき」をしていた。

何度も毎日のようにつぶやくと、どうってことはないが、年に一度のつぶやきは、本当に楽しくうれしいものである。
[PR]
by asaasa-archi | 2011-01-04 23:06 | お仕事