女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

大奥 を観た。

もともと女子は「大奥」を題材にしたドラマは好きだ。
女だらけの閉ざされた暮らしのなかで、女の郷が渦巻く人間模様は、女の心の奥にある素のもの をくすぐられるからだ。

TVでは「アテンションプリーズ」などは何回も繰り返しその時代にあったキャスト、脚本で何回も放映されている。
女だらけの世界で、いじめ、ねたみ、ハムより薄い友情などをみごとに描いている。
そこには必ず、かっこよくてきびしいコーチやら教官の男性が登場する。

大奥も「将軍」という唯一の男子が登場することから、描く世界は違っても構図はまったく変わらない。

ところが、21世紀にもなると、男女逆転の「大奥」が登場した。
違った意味で女子には大人気だ。
イケメンたちが数多く出演するからだ。
そして、そこは男だけの世界なのである。

ニーノ(二ノ宮くん)と中村蒼くんのキスシーンは思わず、生唾ゴックンだったゼ!
大倉(忠義)くんと玉木宏の濡れ場も・・・フフフ
で・でも、佐々木蔵之介と玉木クンの濡れ場はちょっと、なんか・・・

いやーおばさんとしては、楽しませていただいた!
TVで連続でやっても、イケルね~

観客は99%は女子だろーねー

それにしても、玉木クンってこんなに、色っぽかったんだ~
[PR]
by asaasa-archi | 2010-10-08 21:06 | 映画・TV