女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

終の棲家(焼津の家)

「まぁ~仕上材はおまかせします。」
と言われていたが、どんな感じがいいのか、まったくつかめていなかったので、迷っていた。

おばあちゃんが今住んでいる家に行ったとき、古い箪笥があった。
古いといっても、すごく古いもので、昭和初期生まれのおばあちゃんの祖母から受け継いだものと聞いて、びっくりした。

明治時代って感じですか~

で、ひらめいた。

そうだ、ダークブラウンと白い壁にしよ~

そうすると次々とイメージが湧いてきた。

商売をしていたので、そのときの暖簾(のれん)なんかかけるとこ作っちゃおうかな~とか・・・

お~匠か?ワシは・・・

和箪笥も赴きがあるね~年代モノは・・・

そんなこんなで、本日は地鎮祭でした・・・
[PR]
by asaasa-archi | 2010-09-11 23:06 | お仕事