女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

めぐりあいたい・・・

「ひさかたのいえ」はリビングに大きな吹抜があるので、白い壁にアクセントタイルを貼ることにしている。

ポピュラーな国産メーカーでは、そういうカワイイアクセントタイルがほとんどない。
あっても、これって何十年前のデザインですか~ってな感じのダサイものしかない。

なので、こういうときにはインターネットがすごく役に立つ。
クリックひとつで仮想商店とつながれる。
こういうところには、大きなメーカーにはない個性的で斬新なデザインのものが目白押しなのである。

実は「ひさかたのいえ」のドアはネットで探し続けたかいもあり、すんごくカワイイドアがつくことになっている。
も~ここはパリ郊外のおうちですか~って感じのドアである。

アクセントタイルなんて、せいぜい数百円なので20枚買ったとしても値段はしれている。
だからそれほどの冒険でもない。
それでも、そのタイルがはるか遠くヨーロッパで作られたものだったりすれば、も~それだけで雰囲気が違う。
女の子の憧れなのである。

日常の家事や育児におわれ、髪はボサボサ、服はジャージで台所に立っていたとしても、ふと目にとまったタイルがヨーロッパで描かれたティーポットやら花瓶だったりすればもうそれだけでお姫様気分になってしまう。

ダンナと喧嘩してもぅ!と言いながら入ったトイレの手洗いの手鉢がすんごくカワイかったら、気分もなごんでしまうだろう。

幸せ感とはそういう単純なものなのである。

だから、ワタシは素敵グッズとめぐりあいたいと思いながら、クリックを続ける。
[PR]
by asaasa-archi | 2010-09-07 23:45 | お仕事