女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

袖振り合うも多生の縁

一人旅でいいことは、見知らぬ人々と話ができることである。

多分友人と、旅したらあまり他人さまとは、話がはずんだりはしないが、一人だと、ついつい人恋しくなって、話しかけたりする。

行きの飛行機で隣り合ったご夫婦

離陸してから、30分程度してから、お隣の座席の中高年のご夫婦に話しかけた。
「ソウルはよく行かれますか?」
隣のご主人がすぐに答えてくれた。
「ワタシは何回か行っているのですが、家内は始めてなんですよ!」
ワタシよりも少し年配の感じのいいご主人だった。
初めての奥様のソウル旅行をバッチリ計画したようで、チョッピリうらやまし~・・・でした。

板門店ツアーで一緒になった東京女子大の学生さん

「ワタシも一人旅です。」と彼女は言った。
「へぇ~若いのに、ソウルなんて渋い趣味だね~」
「カナダに留学していたときの友人が韓国にいるんで、遊びにきたんですよ。ついでに、板門店も見ておこうと思って・・・」
canonのデジ一でシャッターチャンスを探していたカワイイ女子大生でした。

板門店ツアーで一緒になった神戸のサラリーマン

「ボクは台湾が好きで、よく行ってますよ!ソウルは始めてなんですよ。就職すると、長い旅ができないんで・・・」
さわやかな笑顔の好青年でしたね~

景福宮を案内してくれた、ガイドのユンさん

くだらない男と結婚するよりはしないほうが、ましだと思っていますよ。」
初対面の日本人にけっこう過激な発言・・・
「韓国は持っている自動車で身分が表されますね~」
「韓国は貧富の差が大きいので、ジャージャー麺でも¥100くらいから¥1000くらいまでありますよ。」
まぁ、特別驚くほどのとこはないですね~日本もジーンズ¥1000から何万円までありますからね!

ハングルばかりを聞いていると、やっぱり日本語が話したくなる。
それでも、TVでNHKが映って、なんだかホッとした。

海外に行っていいことは二つある。
一つはその国の文化に触れることができることで、もう一つは自分が日本人だということが再認識できることである。
[PR]
by asaasa-archi | 2010-08-31 22:43 | 旅行