女性建築士のブログ 普段どおりの毎日

archiasami.exblog.jp
ブログトップ

Skip F Method House のその後

今日はS・F・M・Hにmy HPの「私たちのこだわり自慢の取材と称しておじゃました。

ここのご夫婦は長身でしかも美男美女だ。
バスケットをやっているので、まぁ当然と言えば当然なのだけれど・・・

ここの奥様はホントにサッパリとした男系の性格で、ワタシにすごく似ている。
ので、建築中から、もう「あ・うんの呼吸」的意思の疎通があったように思うのだ。

完成入居から数ヶ月経っていて、すっかりと新居にもなじんでいる様子だった。

「友達もたくさん泊まったりして、もう合宿状態なんですよ~」
「お~予想通りですね!しっかりワタシのこと宣伝お願いしますね~」

「もちろんOKですよ~でね、ここのリビングのソファが一番人気です。」
「ソファ??・・・」

「あ~寝る場所の人気ってことです!ベッドかわりにまず、ここのソファに寝ます。で、次の人は足と頭を反対にして寝ます。なにしろソファの巾が広いんでね~」
「お~合宿の話ですね」
「で、ここのソファが満員になると、次の人は和室に寝ます~」

さすが体育会系だ~

「案外2階には寝ないんですね~」
「ほ~」と言ったが、こんな合宿する人はあまりいないので、なんの参考にもならないのだが・・・

キッチンもかなり使っている様子・・・
キッチンは使っていれば、ある程度雑然とするものだ。
あまりにきれいなキッチンだと、料理をしていないとワタシはかんぐってしまう・・・
ちょこっと汚れているくらいが、イイ主婦の証拠なのである。

「なんか、家をつくって自分の居場所ができたような、」と彼女は言った。
うれしいかぎりである。

それは、彼女が主婦としての自覚の第一歩を踏み出した素直な感想だからである。
[PR]
by asaasa-archi | 2010-05-22 23:53 | お仕事